• 首都圏エリア >
  • 「金麦」がリニューアル新発売!首都圏の旬食材を使ったレシピと新しくなった「金麦」でおいしい食卓を♪

お知らせ

掲載日:2018/01/09|東京 神奈川 千葉 埼玉 山梨

「金麦」がリニューアル新発売!首都圏の旬食材を使ったレシピと新しくなった「金麦」でおいしい食卓を♪

皆さんにご愛飲いただいている「金麦」が、12月からリニューアル新発売!おいしさが、さらにパワーアップしましたよ。
今回は、新しい「金麦」と合わせて愉しんでいただきたいおすすめレシピをご紹介します。材料には、首都圏エリアでこれから旬を迎える食材を使います!「金麦」とともに、旬の味覚を愉しみませんか♪



■「金麦」が新しくなりました!
2007年の発売から11年目を迎える「金麦」。これから先も長くご愛飲いただきたいと、"麦へのこだわり"をさらに追求。香りのバランスを整え、今までより麦らしい香りが感じられる味わいに仕上げましたよ。
パッケージは、1本の麦を缶の下部に描き、目を引くデザインに! 店頭でみかけた際には、ぜひ手にとって見てくださいね。



■新しい「金麦」ともぴったり!首都圏の旬食材を味わうレシピをご紹介

・「たけのこと鯛のご飯」
千葉県の県の魚にも選ばれている「鯛」。千葉県小湊港の「鯛の浦」では、通常水深30~200mに生息するマダイが、水深10~20mの浅瀬に生息することで有名ですね!寒くなる、12月~3月が旬といわれています。
そんなマダイの旨みがまるごと愉しめる「たけのこと鯛のご飯」を作ってみませんか。
皮目は軽く焦げ目がつく程度に、身はさっとあぶると、香ばしくふっくらと仕上がりますよ。マダイの旨みが染みこんだご飯と、たけのこのシャキシャキとした食感をお愉しみくださいね♪


「たけのこと鯛のご飯」の詳しいレシピはこちら


・「ブロッコリーの生ハム巻きソテー」
11月~3月が旬のブロッコリーは、埼玉県が生産量全国トップクラス!栄養豊富な野菜ですが、クセが少ないので食べやすいのが特長です。
おすすめのレシピは、ブロッコリーの軸までまるごと食べられる「ブロッコリーの生ハム巻きソテー」です。ゆでた軸の部分に生ハムを巻き、フライパンで軽くソテー。仕上げにブロッコリーの花の部分と一緒に器に盛り、オリーブ油を回しかけて黒こしょうをふりかけていただきます。生ハムの塩分をいかして、シンプルに仕上げるのがポイントですよ!


「ブロッコリーの生ハム巻きソテー」の詳しいレシピはこちら


・「ほうれん草のおかか和え」
ほうれん草は、首都圏での生産量がトップクラス!生産量1位は千葉県、2位は埼玉県なんですよ。11月~2月ごろに旬を迎え、糖度や栄養分も増します。
「ほうれん草のおかか和え」は、ほうれん草の素材の甘さをそのまま愉しめますよ。
茹でたほうれん草とちくわを調味料と合えるだけのかんたんレシピですので、ぜひお試しくださいね!


「ほうれん草のおかか和え」の詳しいレシピはこちら


新しくなった「金麦」と旬の食材を使ったレシピで、おいしい食卓を愉しんでみてはいかがでしょうか♪


他にも首都圏エリアサイトでは、新年のおすすめ情報をご紹介しています。
リンク:新年特集!1年のスタートはサントリーのお酒で楽しみませんか♪


※記事下の「いいね!」ボタンから、この記事へのコメントやキャンペーンへの期待&感想などをお気軽にお寄せください♪


▼関連リンク
「金麦」のサイト

対象都道府県 東京神奈川千葉埼玉山梨

ページの先頭へ

人気の記事

「第15回・年齢差36歳!~凸凹コンビが巡る首都圏酒場応援記~」名物の「唐揚げ」を「ザ・プレミアム・モルツ」と堪能しよう♪「一角」(東京・有楽町)

「第15回・年齢差36歳!~凸凹コンビが巡る首都圏酒場応援記~」名物の「唐揚げ」を「ザ・プレミアム・モルツ」と堪能しよう♪「一角」(東京・有楽町)

「なかなか外で飲めない状況だからこそ、皆様に名店を知っていただきたい!」そんな思いからスタートした「年齢差36歳!~凸凹コンビが巡る首都圏酒場応援記~」。親子ほ…

「第14回・年齢差36歳!~凸凹コンビが巡る首都圏酒場応援記~」こだわりのアジアン料理を「頂店ハイボール」の「角ハイボール」とともに堪能しよう♪「亜細亜食堂サイゴン 上町店」(東京・世田谷)

「第14回・年齢差36歳!~凸凹コンビが巡る首都圏酒場応援記~」こだわりのアジアン料理を「頂店ハイボール」の「角ハイボール」とともに堪能しよう♪「亜細亜食堂サイゴン 上町店」(東京・世田谷)

「なかなか外で飲めない状況だからこそ、皆様に名店を知っていただきたい!」そんな思いからスタートした「年齢差36歳!~凸凹コンビが巡る首都圏酒場応援記~」。親子ほ…

あなたにおすすめの飲食店

    あなたにおすすめのレシピ