• 首都圏エリア >
  • 【「"初摘みホップ"ヌーヴォー」発売記念】意外と知らない!?「プレモル」の原料"ホップ"を醸造家が解説!

お知らせ

掲載日:2017/11/16|東京 神奈川 千葉 埼玉 山梨

【「"初摘みホップ"ヌーヴォー」発売記念】意外と知らない!?「プレモル」の原料"ホップ"を醸造家が解説!

昨年好評だった「ザ・プレミアム・モルツ"初摘みホップ"ヌーヴォー」と「同〈香る〉エール"初摘みホップ"ヌーヴォー」が、今年も数量限定で新発売されました。
ところで皆さん、"ホップ"についてどのくらい知っていますか?「そもそもどんな植物なの?」「ビールに入れるとどうなるの?」など、意外と知らないことが多いのではないでしょうか。

そこで今回は、東京・府中市にある「サントリー〈天然水のビール工場〉東京・武蔵野ブルワリー」の久保田技師長に"ホップ"について詳しく教えてもらいました♪
これを読めば、「"初摘みホップ"ヌーヴォー」がもっと楽しめること間違いなしです!



■久保田技師長をご紹介


今回、ホップについて教えてくれたのは、同工場の素材選びから製造までのつくりの工程に携わる醸造部門の責任者・久保田技師長。


では、早速ホップとは何かから聞いていきましょう!



■ホップって、どんな植物なの?
ホップはアサ科の植物です。日本では一部の地域でしか栽培されておらず、あまり見ることはありませんが、欧州や北米の産地では、ホップを栽培している風景を見ることができます。ホップは一部食事やアロマとして使われることもありますが、その多くはビールに使用されます。ビールのための植物と言えるかもしれませんね。


実はビールには、受粉前の雌花の毬花(きゅうか)のみがホップとして使われます。ですからホップ畑では受粉しないよう管理しながら、雌花の毬花だけをビールの原料として収穫しています。



■よく見る"あの花"、どこをどうやって使うの?


ホップと言えば、このような毬花を想像する方が多いと思います。ビールの醸造では、こちらの毬花をそのまま使うというわけではありません。

ビール工場では、このようにペレットに加工されたものを使用しています。生産されたホップは現地でペレットに加工された状態で日本に低温輸送されるので、工場ではあの毬花をそのまま使うことはほとんどありません。

そしてこれも初耳かもしれませんが、ペレットは毬花の外側部分は取り除き、内側に存在している「ルプリン」という部分を集められるよう成型されています。この「ルプリン」がビールの香りや苦味の源になります。工場見学ツアーでは実際に素材として使用するホップの香りを体感することができるので、オススメですよ。



■ホップの特長"香り"と"苦み"は表裏一体!


ホップは、ビールづくりでは主に"香り"と"苦み"を生み出します。こちらの煮沸釜と呼ばれる仕込装置では、麦芽と天然水で作られる麦のジュース・麦汁にホップを加え、煮沸をします。


ここで難しいのは、煮沸の時間や温度管理、ホップ添加のタイミング。煮沸してホップに熱を加えることで、ビールに適した"苦み"を抽出できますが、もうひとつの特長の"香り"は逃げ出してしまうのです。両方の特長をうまく引き出すのが、醸造家の腕の見せどころ。「ザ・プレミアム・モルツ」の製造では、当社が開発した「アロマリッチホッピング製法」を採用し、"苦み"と"香り"のそれぞれの特長を最大限に引き出すタイミングで、複数回に分けてホップを投入していきます。



■"初摘みホップ"のホップは何が違うの?


「ザ・プレミアム・モルツ"初摘みホップ"ヌーヴォー」に使われているのが、2017年に収穫されたザーツ産ファインアロマホップ。
ホップは農作物ですから、その年の気候や天候などによって特長が違ってきます。醸造家はこの時期、その年のホップにどのような特長があるのか、ワクワクしながら入荷を待っているんですよ!

サントリーでは、その年に収穫されたホップの中から「ザ・プレミアム・モルツ」にふさわしいものを厳選して使用していますが、ホップの僅かな特長の違いを見極め、つくりの細かいバランスを調整し、「ザ・プレミアム・モルツ」の理想の中味を実現する、それが我々醸造家の役割です。


初めて入荷されたその年のホップを使用した「ザ・プレミアム・モルツ"初摘みホップ"ヌーヴォー」は、そんな醸造家の技術が結集した商品でもあります。我々の自信作「ザ・プレミアム・モルツ"初摘みホップ"ヌーヴォー」を、ぜひ皆さんもお試しください!



■工場見学でつくり手のこだわりを体感してください!


工場見学では、実際にホップの香りを体感したり、迫力ある製造現場をご覧になることができます。ぜひ私たちつくり手のこだわりや情熱を感じに、工場見学にいらっしゃってくださいね!

「サントリー〈天然水のビール工場〉東京・武蔵野ブルワリー」工場見学の予約はこちら


他にも首都圏エリアサイトでは、「ボジョレー ヌーヴォー」の魅力やイベント情報などご紹介していますので、こちらの記事もお見逃しなく!


リンク:首都圏の担当者から特長や楽しみ方をご紹介♪サントリーの"ヌーヴォー"はワインだけじゃなく「プレモル」も!


▼関連リンク
「ザ・プレミアム・モルツ"初摘みホップ"ヌーヴォー」のサイト
「サントリー〈天然水のビール工場〉東京・武蔵野ブルワリー」のサイト

対象都道府県 東京神奈川千葉埼玉山梨
タグ 〈天然水のビール工場〉東京・武蔵野ブルワリー

ページの先頭へ

人気の記事

「第15回・年齢差36歳!~凸凹コンビが巡る首都圏酒場応援記~」名物の「唐揚げ」を「ザ・プレミアム・モルツ」と堪能しよう♪「一角」(東京・有楽町)

「第15回・年齢差36歳!~凸凹コンビが巡る首都圏酒場応援記~」名物の「唐揚げ」を「ザ・プレミアム・モルツ」と堪能しよう♪「一角」(東京・有楽町)

「なかなか外で飲めない状況だからこそ、皆様に名店を知っていただきたい!」そんな思いからスタートした「年齢差36歳!~凸凹コンビが巡る首都圏酒場応援記~」。親子ほ…

「第14回・年齢差36歳!~凸凹コンビが巡る首都圏酒場応援記~」こだわりのアジアン料理を「頂店ハイボール」の「角ハイボール」とともに堪能しよう♪「亜細亜食堂サイゴン 上町店」(東京・世田谷)

「第14回・年齢差36歳!~凸凹コンビが巡る首都圏酒場応援記~」こだわりのアジアン料理を「頂店ハイボール」の「角ハイボール」とともに堪能しよう♪「亜細亜食堂サイゴン 上町店」(東京・世田谷)

「なかなか外で飲めない状況だからこそ、皆様に名店を知っていただきたい!」そんな思いからスタートした「年齢差36歳!~凸凹コンビが巡る首都圏酒場応援記~」。親子ほ…

あなたにおすすめの飲食店

    あなたにおすすめのレシピ