• 北海道エリア >
  • 【「成吉思汗たれ」×「エルグリル」特別企画】ジンギスカンの歴史をシリーズでご紹介♪第4回「全国区となったジンギスカン」

お知らせ

掲載日:2016/04/18

【「成吉思汗たれ」×「エルグリル」特別企画】ジンギスカンの歴史をシリーズでご紹介♪第4回「全国区となったジンギスカン」

【「成吉思汗たれ」×「エルグリル」特別企画】ジンギスカンの歴史をシリーズでご紹介♪第4回「全国区となったジンギスカン」ベル食品・公認ワインの「エル グリル」が、北海道のジンギスカンの歴史とベル食品の歩みをシリーズで紹介する特別企画。第3回目では、「成吉思汗たれ」がヒットし、ジンギスカンが北海道の食文化へ発展した頃をご紹介しました。


リンク:第3回「道産子に欠かせない食文化へ」


ジンギスカンとベル食品の歴史を辿る連載。最終回の第4回は、北海道の食文化として定着したジンギスカンが全国的な広がりを見せるようになった現在までをご紹介します。



ジンギスカンの「鍋」
【「成吉思汗たれ」×「エルグリル」特別企画】ジンギスカンの歴史をシリーズでご紹介♪第4回「全国区となったジンギスカン」ジンギスカンの調理に欠かせないのが、中央の盛り上がった鋳物製の専用鍋。もともとは網や鉄板で焼いていたジンギスカンですが、第二次大戦後からこの専用鍋が使われるようになったと言われています。


厚い鋳物製の鍋は、保温力があり、たくさんの肉を置いても一気に冷めず、屋外料理として大勢で食べることが多いジンギスカンにぴったり。また、盛り上がった中央部分に肉を置くことで、余分な脂が流れて香ばしく焼くことができたり、野菜を鍋の端で焼くことで、肉に野菜から出る水分が届かないなど、実によく考えられた形をしているんですよ。とてもよくできた鍋ですが、この鍋の考案者は諸説あって特定はできないようです。



たれ付け派?味付け派?
ジンギスカンを焼いてからたれに付けて食べるタイプと、たれに肉を漬け込むタイプに分かれますが、皆さんはどちらのタイプですか?


各家庭、育った地域などによって違うので、はっきりとした地域区分は難しいものの、札幌や函館、釧路などでは前者が好まれ、旭川や滝川、帯広などは後者が多いのだとか。一方で、「松尾ジンギスカン」をはじめとした有名店では肉をたれに漬け込むことが多いのですが、昨今の「生ラム」ブームの影響で、焼いてからたれに付けて食べるタイプのジンギスカン専門店も増えてきています。



ヘルシーなジンギスカンに注目
【「成吉思汗たれ」×「エルグリル」特別企画】ジンギスカンの歴史をシリーズでご紹介♪第4回「全国区となったジンギスカン」2004年(平成16年)頃から、全国的なジンギスカンブームが訪れます。
きっかけは、アメリカで起きたBSE問題。アメリカ産牛肉が輸入禁止となり、家庭ではもちろん、焼肉や牛丼などの外食産業にも大きな影響を及ぼす中、羊肉に注目が集まることになりました。
当時、チルドなど輸送技術の発達で新鮮な羊肉、特に「生ラム」などのくせの少ないものが手に入りやすくなっていました。さらに、羊肉は低コレステロールで、コレステロール値を下げる不飽和脂肪酸が多く、アミノ酸の一種のカルニチンやビタミンB群、鉄分などの豊富な栄養成分が含まれていることが注目され、全国でジンギスカンブームが巻き起こります。


2005年(平成17年)末には東京都内だけでも200店以上のジンギスカン専門店が登場し、全盛を極めます。1年ほどでブームは終息し、ジンギスカン店の数は半分以下にはなりましたが、ブーム前に比べればその数は増えています。
ブームをきっかけに、新鮮な羊肉が流通。ジンギスカン独特の「臭み」に対して苦手意識を持つ人が少なくなり、都内のスーパーマーケットにも「ラム」が置かれるようになるなど、ジンギスカンは日本全国で食べられるようになっていきました。


逆に、住宅環境の変化もあり、北海道の家庭では、ジンギスカンを食べることが少なくなってきています。相変わらず屋外での人気はあるものの、"一家に一つ"あったジンギスカン鍋も、今では少なくなっているようです。
それでも、道産子にとってジンギスカンは、流行に左右されない、郷土料理であることは変わりありません。


4回にわたり、ジンギスカンの歴史をご紹介してきたシリーズ。皆さん、お楽しみいただけましたか?先人の試行錯誤の上、世代を超えて愛される郷土料理となったジンギスカンは、北海道の誇れる食文化のひとつだと改めて実感しました。そして、そこにベル食品の「成吉思汗たれ」が大きく関わっていたんですね。


そんな「成吉思汗たれ」で有名なベル食品の公認ワインが「エル グリル」。
【「成吉思汗たれ」×「エルグリル」特別企画】ジンギスカンの歴史をシリーズでご紹介♪第4回「全国区となったジンギスカン」"グリル料理に合うワイン"として発売された「エル グリル」は、ジンギスカンにもぴったり! ぜひ、ジンギスカンと合せて楽しんでくださいね。
また、ベル食品では嬉しいキャンペーンも開催中です。ふるってご応募ください♪

キャンペーン詳細はこちら
【「成吉思汗たれ」×「エルグリル」特別企画】ジンギスカンの歴史をシリーズでご紹介♪第4回「全国区となったジンギスカン」


お花見などのイベントでジンギスカンを楽しむ機会が増えるこれからの季節。ぜひ、ベル食品の「成吉思汗たれ」と「エル グリル」をセットでご用意くださいね♪


この記事の感想やコメントは、記事下の「いいね!」ボタンからお寄せくださいね。


連載記事はこちら
【「成吉思汗たれ」×「エル グリル」特別企画】ジンギスカンの歴史をシリーズでご紹介♪
第1回「ジンギスカンの始まり」
第2回「成吉思汗たれの発売」
第3回「道産子に欠かせない食文化へ」



関連リンク
「エル グリル」のサイト

コメント

サイトに関するご意見・ご感想はこちら

ページの先頭へ

人気の記事

【岩見沢市】「九州料理 京野菜 EzoyA三条別邸」で「EZOYA BEER GARDEN」が開催中!ジンギスカンと「プレモル」で乾杯しよう♪

【岩見沢市】「九州料理 京野菜 EzoyA三条別邸」で「EZOYA BEER GARDEN」が開催中!ジンギスカンと「プレモル」で乾杯しよう♪

ジンギスカンや海鮮焼きが楽しめるビアガーデンが「九州料理 京野菜 EzoyA三条別邸」の屋上テラスで期間限定開催中です。「EZOYA BEER GARDEN」で…

【すすきの】オリジナリティあふれる旨い酒の肴が楽しめる居酒屋「茶酒屋つみ木」

【すすきの】オリジナリティあふれる旨い酒の肴が楽しめる居酒屋「茶酒屋つみ木」

今回は、狸小路近くの人気店「茶酒屋Nendo」の姉妹店として、6月25日にすすきのにオープンしたばかりの「茶酒屋つみ木」をご紹介します。茶葉をアクセントに使った…

あなたにおすすめの飲食店

    あなたにおすすめのレシピ

      関連情報
      おすすめのレシピ
      サントリー総合メールマガジン
      無料 おトク 登録はこちら
      サントリーEニュース
      キャンペーン、新商品情報などおトクな情報が満載!北海道エリアの最新情報もお届けします。
      サントリー公式アカウント
      • facebook
      • twitter
      • Instagram
      • LINE

      RSSフィード

      記事を新しいウィンドウで開く
      スイッチ