チーズとワイン

毎月連載

チャレンジ!気軽にマリアージュ

カジュアルなワインとカジュアルなチーズの相性を、
担当:柳原が独断で評価します!!

第26回

2017年02月

ニチレイフーズ
蔵王えびグラタン

チーズの味わい

酪農センターから直送されたミルクたっぷりのホワイトソースとマカロニ、小海老の上に4種のチーズ(ゴーダ、パルメザン、モッツァレラ、チェダー)とパン粉がかかったグラタンです。
塩分控えめでミルクの甘みとコクが前面に出た、包み込むようなやさしい味わいで、寒い季節には本当にあたたまります。えびの存在感も結構あって、食べ応えがあります。
ワインとのマリアージュを考えてみると、ミルク、チーズ、小麦という、ワインと喧嘩しない事が多いものばかりが材料ですので、ワインも幅広いタイプの味わいを試してみました。

ニチレイフーズ<br>蔵王えびグラタン

  • 独断!マリアージュおすすめ度
    3
    オリジナル バルトン&ゲスティエソーヴィニヨン・ブラン オーガニック 2014
    味わい
    アロマ
    • グレープフルーツ
    • ミックスハーブ
    • 青リンゴ

    グラタンのまろやかさを強く感じるマリアージュ。

    バルトン&ゲスティエはボルドー地方最古のワイン商の一つ。安定したつくりに定評のある生産者です。こちらはロワール地方の有機栽培のソーヴィニヨン・ブラン種を使ったオーガニックワインで、甘い柑橘やさわやかなハーブを連想させる香りが特長です。
    グラタンと合わせてみると、このワインの特長である爽やな柑橘系の味わいよりも、熟した甘いりんご系の果実味が前に出てくる感じになりました。酸味もまろやかに感じられ、柑橘のホロ苦さもホワイトソースの甘さに包み込まれます。爽やかさよりもコクを強く感じる相性となりました。どちらかと言うと、ホワイトソースのまろやかさを強く感じるマリアージュと言えます。

  • 独断!マリアージュおすすめ度
    4.5
    ダークホース シャルドネ 2015
    味わい
    アロマ
    • 洋梨
    • マンゴー
    • ココナッツ

    コクがコクを呼ぶ、厚みのあるマリアージュ。

    ダークホースは、アメリカで発売後、僅か一年で100万ケース(9L換算)を販売したブランドで、アメリカのワインブランド売上伸張率No.1※に輝いた、大注目の新商品。このシャルドネは、豊かな果実味やコクを加えるヴィオニエとゲヴュルツトラミネールが隠し味としてブレンドされた、もっちりボディの濃い旨辛口白ワインです。
    グラタンと合わせてみると、ワインとのテクスチュアがピッタリで、ワインとグラタンともに、トロリとした質感がより強調される結果になりました。
    クリーミーさが共通で、お互いの味わいが溶け合って一体化していくような印象です。お互いのコクがコクを呼ぶような、厚みのあるマリアージュとなりました。

    ※IRI Total US MULO, 16 weeks ending Jan 10, 2016 IMPACT Data bank US WINE MARKET 2015

  • 独断!マリアージュおすすめ度
    2_5
    メゾン カステル メルロ 2015
    味わい
    アロマ
    • プラム
    • さくらんぼ
    • クローブ

    ワインの味わいがグラタンに包み込まれるマリアージュ。

    ワイン販売数量フランスNo.1※のカステル社が自社の名前をつけてリリースする、フランス産の単一セパージュ(品種)シリーズです。こちらは南仏ラングドック産のメルロを使った1本。
    グラタンと合わせてみると、ワインの果実味がピュアに感じられるように思いました。ワインのタンニンはよりまろやかに、酸味も丸く丸く感じられます。グラタンのホワイトソースが、ワインの味わいを包み込むようで、まろやかさを強く感じるマリアージュとなりました。ワインの味わいとグラタンの味わいの強さが大体同じくらいで、違和感なく合わせられる組み合わせです。ただ、ホワイトソースとの相性は決して悪くないのですが、えびとメルロの相性がいま一つのようで、えびが入るとワインの味わいが粗く感じられてしまうところがあるのが少し残念でした。

    ※IMPACT DATABANK 2015, World’s Top 10 Wine Marketers (世界での販売数量データ)

  • 独断!マリアージュおすすめ度
    3_5
    ダークホース ビッグ レッド ブレンド 2015
    味わい
    アロマ
    • ブラックチェリージャム
    • カシスリキュール
    • ミックススパイス

    ワインの味が強くなる引き立て系マリアージュ。

    こちらのビッグレッドブレンドはカベルネ・ソーヴィニヨン、ジンファンデル、マルベック、テンプラニーリョ、シラーなどの濃厚系の黒ぶどう品種8種(ぶどう品種の構成はロットによって変わるそうです)のブレンド!しかも、カリフォルニアだけでなく、チリやアルゼンチン、オーストラリア、スペインなど、世界各国のぶどうをブレンドして強さを求めた、産地を超越した規格外の赤ワインです。
    グラタンと合わせてみると、他のワインとは全く違う合い方をしました。他のワインはホワイトソースにワイン全体が包み込まれる感じで、ワインが丸い味わいになる印象が強かったのですが、このワインの場合はワインの力強さを強調するような味の出方になりました。ワインの味わいが集中してメリハリのある感じになります。逆にグラタンはワインの引き立て役のような感じで、あまり前面には出てきませんが、全体の味わいの厚みとコクを増してくれるので、マリアージュとしての満足度は高い組み合わせです。

チャレンジまとめ

 2ヶ月連続の冷凍食品です。今回はグラタンを取り上げてみました。たっぷりのミルクでつくられたホワイトソースと、チーズとマカロニのハーモニーからうまれる、まろやかでコクのある甘さは、老若男女問わずに好まれる人気の味わいです。
ワインと合わせてみると、とろけるチーズとこっくりホワイトソースのクリーミーな質感や乳製品の優しいコクが全体を丸く包み込んでくれるようで、基本的に相手がどんなワインでもマリアージュを良い方向に持っていく懐の深さを感じさせてくれました。
 中でもダークホースのシャルドネは、まったりコックリの柔らかなテクスチュア、まろやかな酸味と熟した果実のコクと言ったワインの基本的な味わいの構造がグラタンの味わいと良く似ている事で、ワインとグラタンが一体化するような、素敵なマリアージュを見せてくれました。同系統のもの同士のマリアージュは最も成功しやすいのですが、それを改めて確認した感じです。
 こちらのグラタン、産地やぶどう品種を問わず、樽熟成した白ワインとの相性は抜群と言ってよいと思います。赤ワインも黒胡椒などのスパイスを振ってあげたりすることで、さらに相性を良くすることが出来ます。



■ 関連サイト
ニチレイフーズ 蔵王えびグラタン(外部サイトへリンクします)

柳原 亮 (やなぎはら りょう)

ワインにのめり込んだのは、お酒とは関係のない業務のサントリーフーズ勤務時代。2013年のワインアドバイザー選手権では準優勝だったが、次回大会での優勝を目指して、日々ワインテイスティング、チーズ研究、食材研究に余念がない。お小遣いの総てをワインに投じる徹底したワイン愛好家。

(一社)日本ソムリエ協会認定シニアワインアドバイザー NPO法人チーズプロフェッショナル協会認定チーズプロフェッショナル 第9回(2013年)全国ワインアドバイザー選手権大会準優勝

チーズとワイン トップへ戻る

メールマガジン

新商品やお得なキャンペーンや、お手軽にワインを楽しめるレシピ情報を、毎月1回お届けします!メールマガジン登録

インフォメーション

  • 登美の丘ワイナリー見学へ行こう!

ワインを探す

色・タイプ

ボディー・味わい
国

ワイン検索 今話題の商品

スパークリングワイン

シャンパン