vol.262

2016年08月

セビーチェ

ペルーの国民食「セビーチェ」には、柑橘のような酸味が爽やかな微発泡白ワインで!

セビーチェ

写真:中本 浩平

材料(2人分)

  • ひらめ(刺身用)鯛などの白身魚 200g
  • ライムしぼり汁 2個分
  • 塩 小さじ1~1・1/2
  • 赤唐辛子(小口切り) 2本分
  • にんにくすりおろし 小さじ1/2
  • セロリの茎部分 10cm
  • 紫玉ねぎ 1/2個
  • 香菜 2束

  1. 1

    ひらめは1.5cm角に切ってボウルに入れ、ライムしぼり汁、塩、赤唐辛子、にんにくを加え、魚が白っぽくなるまでよく混ぜ合わせ、冷蔵庫で冷やしておく。

  2. 2

    セロリは薄い小口切り、紫玉ねぎは薄切りにし、水に10分ほどさらす。香菜は1cm長さに切る。

  3. 3

    (1)と(2)をさっと合わせる。
    (お好みで茹でたさつまいもやとうもろこしを添えても良い。)

レシピ:鈴木 薫
著書には『野菜でつまみ』(学研パブリッシング)などがある。
http://suzukikaoru.main.jp/

この料理に合うワイン

今回のレシピは、セビーチェです。セビーチェはペルーの国民食で、ラテンアメリカ各国、特に太平洋岸のチリやメキシコで良く見かける料理です。簡単に言うと魚介類のマリネなんですが、単なるマリネにはない美味しさがあります。ペルーには、セビーチェの専門店であるセビチェリアが沢山あります。インターネット上にはセビーチェ専用のホームページまで有り、その名もセビーチェペルー(cebicheperu)です。セビーチェの日(Dia Nacional del Cebiche)も制定されており、6月28日です。この日は聖人ペテロの日のイブにあたります。 続きを見る