vol.257

2016年05月

白身魚のパン粉揚げ タマリンドソース

甘酸っぱいソースとほのかに甘いロゼスパークリングの絶品マリアージュ!

白身魚のパン粉揚げ タマリンドソース

写真:中本 浩平

材料(2人分)

  • <白身魚のパン粉揚げ>
  • 白身魚の切り身(鱈など) 160gくらい
  • 小麦粉 適宜
  • 卵 1個
  • パン粉 適宜
  • 揚げ油 適宜
  • オクラ 4,5本
  •  
  • <タマリンドソース>
  • にんにく 1片
  • 唐辛子 1本
  • ナンプラー 大さじ2
  • 砂糖 大さじ1
  • ココナッツシュガー 大さじ2
  • タマリンドペースト 大さじ1
  • サラダ油 大さじ1

  1. 1

    まずソースを作る。にんにくはみじん切り、唐辛子は小口切りにする。小さなフライパンを弱火にかけ、サラダ油大さじ1とにんにく、唐辛子を入れ炒める。香りが出てきたら、ナンプラー、砂糖、ココナッツシュガー、タマリンドペーストを加え、砂糖が溶けたら火を止める。

  2. 2

    白身魚は一口大に切って、小麦粉、卵、パン粉の順につけ、180℃くらいの油で色よく揚げる。付け合せのオクラを塩茹でして、白身魚とソースと盛り付ける。

レシピ:鈴木 都
タイ・バンコクに5年間在住。タイ王室専属の料理研究家Wandee氏に師事。
タイ文部省認定 Wandee Culinary School Certificate 取得。
宮廷料理・家庭料理・お菓子など幅広いジャンルのタイ料理を教えるタイ料理教室「カフィアライム」を主宰。

この料理に合うワイン

今回のレシピは、白身魚のパン粉揚げ タマリンドソース、タイ料理です。日本ではあまり耳慣れないタマリンドですが、タイでは欠かすことのできない食材です。マメ科、タマリンド属の常緑樹で、樹高は25mを超える樹もあります。食べる部分は実です。サヤに種と果肉の食べる部分が入っています。種は柿の種くらいの大きさで、もう少しごつごつしています。サヤは乾燥すると、もろい卵の殻のような感じで簡単に剥けます。種類によって入る種の数が変わるようで、4粒程度入っているものは巨大な枝豆かソラマメ、はたまた黄褐色のミシュラン坊やといった風情です。10粒くらい入っていてトグロを巻いているものもあります。タイではマカームと呼ばれています。 続きを見る