最新情報とトピックス 自園産ぶどう100%登美の丘ワイナリーシリーズ 厳選国産ぶどう100%ジャパンプレミアムシリーズ サントリー日本ワイン 商品一覧 受賞歴 ワイナリーとワインメーカーたち 日本ワインとは 日本ワイン体験記 サントリー×料理通信 登美の丘ワイナリー見学
日本ワイン サントリートップ > 日本ワインとは >

日本ワインと国産ワインの違い

日本ワインと国産ワインの違い

「日本ワイン」と「国産ワイン」。
一見違いがなさそうに思えるこの二つのワインには、実は違いがあるのをご存知ですか?
結論から言うと、国産ブドウ100%を使用して国内製造されたワインを「日本ワイン」、海外から輸入したブドウや濃縮果汁を使用して国内で製造されたワインを「国産ワイン」と呼んでいます。

今まで"どちらも国産ブドウを使用している"と、勘違いしていた人もいるのではないでしょうか?
この二つのワインの明確な区別ができたのは最近のことです。

世界には、「ワイン法」という、ワインを明確に区別するルールがありますが、日本にはそれがありません。
以前の日本には、「日本ワイン」を定義する明確なルールがなく、「国産ワイン」として販売されるワインについての、業界の自主基準を使用していました。
そのため、「日本ワイン」として販売されている商品の中にも、海外から輸入したブドウや濃縮果汁を含んでいるものがありました。

このままでは、消費者が二つのワインを見分けづらい、ということで、二つワインに明確な基準を設けることになりました。
国税庁がこの表示ルールを策定したのが、2015年10月。
この法律が完全に施行されるのは、そこから3年後の2018年10月からです。

実は、「日本ワイン」という言葉ができたのも、最近のことです。
2003年、現日本ワインを愛する会長の山本博が「日本のワイン(早川書房、山本博著)」の出版記念パーティーの会場で、「日本ワイン」という言葉を発表したのが最初だと言われています。
山本氏の中にも、日本産ブドウで造られたワインと海外産ブドウで造られたワインを区別すべきだ、という考えがあったようです。

また、この表示ルールを策定した背景には、「日本ワイン」のブランド力向上という目的もあったようです。
というのも以前は、「日本の気候風土は、ワイン造りに適していない」という考えがあり、大手メーカーも「日本ワイン」の製造に、そこまで積極的ではありませんでした。
実際、「日本ワインは輸入ワインに比べて、風味が劣る」という声もあったようです。
しかし、2010年にサントリーワインインターナショナルが「日本ワインは日本のブドウで造ったワインとする」と表明したのをきっかけに、「日本ワイン」というものが徐々に認識されるようになりました。

また、それに伴って、日本のブドウの栽培技術やワインの醸造技術は以前に比べて格段に向上しました。
近年では、国際的なコンクールで賞を獲るような高品質なワインが日本でも数多く生み出せるようになっています。
日本でも美味しいワインが造れることがわかり、「日本ワインについて、もっとしっかり定義しよう」という流れになったということです。

それは、国が日本ワインの可能性を認めたということにもなります。
ただ、日本ワインがブームになったと言っても、まだまだ「国産ワイン」や「輸入ワイン」と比べると圧倒的に消費量が少なく、希少価値が高いのが現状です。
また、「日本ワイン」を定義するのと同時に、産地名、ブドウ品種、収穫年に関してもルールが設けられました。
産地に関しては、地域で育てたブドウを85%以上使用した場合に限り産地名をラベル表示できるようになりました。

ワインは、その土地の気候風土を表すと言われています。産地が変われば、風味も変わってきます。消費者が間違った風味を感じるようでは、ワインの魅力が台無しです。
ルールを決めることは、ワインの魅力を最大限伝えるこということに繋がっています。
「日本ワイン」は日本の穏やかな気候を反映した穏やかな味わいがすると言われています。
和食にもよく合う繊細な味わいは、国産のブドウを使用しているからこそ出せるものです。

国で、「日本ワイン」がしっかり定義された今、消費者側もしっかりと「日本ワイン」について理解していきたいところです。