MENU
一覧へ戻る

ニュース

愉しみ方 2017年2月16日

「日比谷BAR WHISKY-S」直伝、冬の山崎の愉しみ方。

冬においしい「山崎」“濃いめ”ホットウイスキーを
香り豊かなおつまみとともに

春の気配をすぐ近くに感じながら、まだまだ厳しい寒さが続いています。体が芯から冷える日は、温かい飲みものが欲しくなるもの。
湯気とともに芳しい香りが立ちのぼるホットウイスキーで、シングルモルトウイスキー山崎を愉しんでみてはいかがでしょうか。

温度が上がることで伸びやかに続く芳醇な味わいと甘み

ご自宅でも手軽にお愉しみいただけるホットウイスキーのつくり方を指南してくれたのは、「日比谷BAR WHISKY-S」の店長・小浜彰人さん。「銀座で山崎蒸溜所を体験していただく」をコンセプトに、山崎蒸溜所と「日比谷BAR」とのコラボレーションにより生まれたこのバーは、樽材でつくった扉や鏡板のディスプレーなどが印象的なしつらえで、蒸溜所にいるかのような気分でウイスキーと食事をお愉しみいただけると評判です。

「飲み方次第でいく通りもの味わいが生まれるのがウイスキーの大きな魅力ですから、当店では、さまざまな飲み方をメニューでもご紹介しています。毎年、今の時期になるとご好評いただくのが、「山崎」のホットウイスキーです。

「山崎」は香りがしっかりしていて、味わいにもボリュームがあるので、ホットウイスキーにしても味わいが薄まることがありません。温度が上がることで、湯気とともに立ち上る香りはより芳しく、豊潤な味わいや甘みも余韻まで伸びやかに続きます」

「山崎」“濃いめ”ホットウイスキー
「山崎」“濃いめ”ホットウイスキー

豊かな香りを堪能しながら、少しずつ味わう「山崎」のホットウイスキーは、冷えた体に染み入るような味わい。やや濃いめにつくることで、その魅力をより味わえる仕上がりになるといいます。

「ホット用のグラスを用意し、あらかじめお湯で温めておきます。そのお湯を流したら、まず初めにお湯を注ぎ、後から「山崎」を静かに注ぎます。比べて試してみるとよくわかるのですが、先にウイスキーを入れてお湯を注ぐより、温かさも香りも長く続きます。

ホットウイスキーは一般的に、1:3でつくることが多いですが、1:2または1:2.5程度の濃いめでつくると、「山崎」ならではの香気、甘さがいっそう際立ちます。グラスに注ぐ順番と、濃さ。この2点を意識しておつくりいただくことで、ホットウイスキーはぐっと深い味わいになります」

「山崎」“濃いめ”ホットウイスキーのつくり方

温めておいたグラスに、まずお湯を注ぐ。 1
温めておいたグラスに、まずお湯を注ぐ。
そこに「山崎」を静かに注ぐ。割合は1:2または1:2.5が“濃いめ”の目安。 2
そこに「山崎」を静かに注ぐ。割合は1:2または1:2.5が“濃いめ”の目安。
軽くステアし、完成。 3
軽くステアし、完成。
少量のハチミツや砂糖で甘みを補ってもいい。「山崎」から感じられる赤ワイン熟成樽由来の香りは、ハチミツとも好相性。 4
少量のハチミツや砂糖で甘みを補ってもいい。
「山崎」から感じられる赤ワイン熟成樽由来の香りは、ハチミツとも好相性。

「山崎」“濃いめ”ホットウイスキーとゆっくり味わいたい燻り惣菜

(左)あぶり焼きベーコン(右)燻りいちじく
(左)あぶり焼きベーコン(右)燻りいちじく

看板料理は自家製の「燻り惣菜」をはじめ、ウイスキーに合う料理もそろう「日比谷BAR WHISKY-S」。定番のほかに、旬の素材でつくる料理も季節ごとに登場します。「山崎」“濃いめ”ホットウイスキーに合わせて小浜さんがおすすめするのは「燻りいちじくとあぶり焼きベーコン」の1皿です。

「ドライフルーツは「山崎」に合うおつまみの定番ですが、甘みの強いドライいちじくを燻すことで、風味が凝縮し、「山崎」が持つ甘みにいっそう寄り添う味になります。当店では燻製にナラ材のほかに、酸味を出す桜材、甘みや艶を出すりんご材と3種類の木を使っているので、味わいに重層感が生まれ、「山崎」の複雑さともよりよく相乗するはずです。

しっかりと豊かな香りと芳醇な味わいがある「山崎」は、力強い味の肉料理とも相性がいいので、あぶり焼きベーコンも併せてお愉しみいただきたいですね。噛むほどにあふれる脂の甘みが、「山崎」の甘みとよく合います」

日比谷BAR WHISKY-S
日比谷BAR WHISKY-S

「どんな飲み方でも、そのものの味が薄れることがないのが「山崎」の大きな魅力。
いつもの飲み方より、さらにゆっくりとお愉しみいただくホットウイスキーで、「山崎」の新たな味わいの一面を発見していただけるかもしれません」と話す小浜さん。春の足音が聞こえる前に、“濃いめ”ホットウイスキーで「山崎」をじっくりと味わってみてはいかがでしょうか。

日比谷BAR WHISKY-S

山崎の特別なイベントや会員限定のプレゼント情報等を
メールマガジンでお届けします。

無料メールマガジン登録はこちら

ニュース一覧へ戻る

おすすめコンテンツ

  • ブランドストーリー

    名水。熟成。匠の技。
    山崎の、物語。

  • 山崎蒸溜所

    京都の南西・天王山の麓にたたずむ、
    最古のモルトウイスキー蒸溜所のご案内。

  • ラインナップ

    山崎蒸溜所で生まれるモルト原酒だけでつくられる、
    シングルモルトウイスキー山崎。

山崎倶楽部のご紹介

山崎倶楽部のご紹介1 山崎倶楽部のご紹介2

シングルモルトウイスキー山崎をよりいっそう愉しんでいただくためのファンクラブです。
会員限定のプレゼントやイベントのお知らせ、つくり手インタビューや山崎蒸溜所からの季節の便りなどをお届けします。

無料メールマガジン登録はこちら