WHiSKY on the Web ウイスキーミュージアムウイスキーを楽しむ土屋守が案内するウイスキーと食の世界 > スコットランドの伝統料理

スコットランドの伝統料理

写真

 美しい自然に恵まれたスコットランドは新鮮な食材の宝庫でもある。河川や湖にはサーモンやシートラウト、ブラウン鱒が群れをなし、ヒースの原野には雷鳥をはじめとする各種の猟鳥、レッドディアーと呼ばれる大型の鹿が生息する。冷涼な気候風土で育った野菜は瑞々しく、ハーブやベリー類、キノコも豊富である。大地に深く切れ込んだ入江が複雑な海岸線を形成し、そこではオイスターやムール貝、ロブスターやカニなどの海の幸がたくさん水揚げされる。もちろんタラやニシンといった魚も豊富である。
 厳しくも美しい自然の中で人々は大地の恵みに感謝しつつ、質素で飾らない生活を営んできた。スコットランド料理はヨーロッパのそれに比べて決して豪華な料理というわけではないが、素材の味が生き、何よりも人々の温もりが感じられる料理である。スコッチもまた、そんなスコットランドの自然が生んだ酒であり料理とは切っても切れない関係にある。スコッチを使った料理もたくさんあり、ハギスという伝統料理にスコッチは欠かせない。日本ではなかなか手に入らない食材も多いが、幸いスコットランド産サーモンは近年輸入が増えている。もちろん日本の新鮮な魚介類を使ってスコットランド料理が作れないわけではない。今回は代表的な5つの料理をご紹介した。スコッチに合う究極の料理。伝統の食の世界を通してスコッチウイスキーの世界もまた広がるだろう。

ポッテドサーモン  コカリーキ  ハギス  ゲームパイ  雉のロースト

プロフィール写真
西川 清博(にしかわ きよひろ)プロフィール

1950年 兵庫県生まれ
現在、辻グループ校 エコール・キュリネール国立辻フランス専門カレッジ 主任教授

大阪あべの辻調理師専門学校を卒業後、レストラン勤務を経て母校に戻り、現在フランス料理主任教授。その間、1982年から83年にかけてイギリス・ロンドンにある三ツ星レストラン(当時)「ガヴローシュ」で修業を積んでいる。
また、TBS系「料理天国」やCS放送・スカイA「料理大学」、よみうりテレビ系「どっちの料理ショー」など、テレビ出演も多数。現在は、辻グループ校の東京校「エコール・キュリネール国立」でフランス料理主任教授を勤める。

[土屋守が案内するウイスキーと食の世界 TOP]


サイトマップ