ウイスキーの聖地、アイラ島にある王室御用達のモルト蒸溜所。

静かで美しい入り江から
世界のスモーキーは生まれる。

アイラ島はスコットランドの西岸沖、インナーヘブリディーズ諸島の南端に位置する。淡路島よりやや大きく、そこに8つの蒸溜所とひとつの製麦工場がある世界でも珍しいウイスキー島だ。ウイスキーの聖地とまで表現されたりもする。
ラフロイグ蒸溜所は島の南部に位置する。「ラフロイグ」とは“広い入り江の美しい窪地”を言うゲール語だが、その風光明媚さはスコットランドの蒸溜所の中でも1、2を争う。
創業は1815年。19世紀後半からブレンデッドウイスキーに多大な貢献してきた。力強い酒質は伸びがよく、フレーバーの特色を生むために、あるいは隠し味として、スコッチのブレンダーたちにとって重要なモルトウイスキーでありつづけている。
さらには20世紀初頭のアメリカ禁酒法時代には薬用酒として輸出されていた。アメリカ当局が、薬品のような香りの「ラフロイグ」は薬用効果があると認めたからである。
こうした香味特性と歴史的エピソードが、長らく“好きになるか、嫌いになるか”のイメージを与えつづけたともいえよう。

シングルモルトウイスキー初の
英国王室御用達を戴く。

英国のロイヤルワラント(王室御用達)は現在、エリザベスⅡ世女王、エジンバラ公、プリンス・オブ・ウェールズであるチャールズ皇太子の3方が決定できる。
「ラフロイグ」はチャールズ皇太子から品質の高さと香味の豊かさが認められ、1994年、シングルモルトウイスキーとして初の王室御用達許可証を下賜された。蒸溜所の建物の白い外壁にはダチョウの羽を3本あしらった別名“平和の楯”と呼ばれるプリンス・オブ・ウェールズの紋章が飾られている。
皇太子は自ら買い付けに蒸溜所へいらっしゃることもあり、年によってはボトルで1,000本もオーダーされる。また新製品誕生時には必ずチャールズ皇太子にご試飲いただくことが慣例となっている。

誰もが蒸溜所所有地の
所有者になれる。

フレンズ・オブ・ラフロイグ(FOL)クラブは1994年に設立。ラフロイグ愛飲者のための会員組織で、メンバーはラフロイグ所有の土地、一区画を生涯所有できる制度がある。
1平方フィートのささやかな分配だが、品質を守りつづけるために貴重な水脈のある一帯の環境維持につながり、ある意味、神聖な場所のオーナーのひとりになるということだ。
入会するには「ラフロイグ セレクト」「10年」「クオーターカスク」のいずれかを購入し、FOL登録ページにアクセスする。ボトルもしくは化粧箱の裏面にあるバーコードの数字を登録し、必要情報を入力すればよい。
メンバーは自分の所有地を訪ねることもでき、またメンバーサイトで所有地を確認することもできる。

FOLの詳細は
『フレンズ・オブ・ラフロイグ』へ

ページトップ

[ラフロイグ]はスモーキ―4シリーズの製品です。