カナディアンクラブストーリー

  • カナディアンクラブの歴史
  • カナディアンクラブのできるまで
  • カナディアンクラブのこだわり
  • 世界中で愛されるカナディアンクラブ

カナディアンクラブのできるまで

Step01 原料
原料 写真

ライ麦、ライ麦芽、麦芽、トウモロコシが原料です。

Step02 仕込み〜発酵
粉砕した原料 写真

原料を粉砕し、仕込みたるに入れます。
酵母を加え、発酵樽に入れます。

Step03 蒸溜
蒸溜 写真

ライ麦、ライ麦芽、麦芽はポッドスチルで、トウモロコシはコラムスチルで蒸溜。CCはベースウイスキー蒸溜時にフーゼルオイルの多い蒸溜液を除去し、より穏やかな香りを作りだします。

Step04 プレ・ブレンディング
プレ・ブレンディング 写真

樽詰め前に、フレーバリンクウイスキーとベースウイスキーをブレンドします。熟成中に両方のウイスキーがよく馴染み、CC特有のまろやかな味わいがつくりだされます。

Step05 樽詰め
樽詰め 写真

ウイスキーを貯蔵する倉庫は、年間を通じて18〜19度に温度調整されています。そうすることで、カナダの厳しい冬でも熟成がよく進み、貯蔵年数以上の熟成感、まろやかさに。

Step06 熟成
熟成中 写真

カナディアンウイスキーの必要熟成年数は3年ですが、CCはスタンダードもので6年以上貯蔵されており、熟成感のあるまろやかな香りがうまれます。

Step07 樽出し、そして製品へ