• アルバータ

70年にわたる
カナディアンライウイスキーの名門、
アルバータ蒸溜所

世界的なマウンテンリゾート、
カルガリーの自然が育む

アルバータ蒸溜所は北米で最大規模のライウイスキー蒸溜所である。第2次世界大戦終結の翌年、1946年に創業。70年にわたりライウイスキー製造一筋に歩んできた。それは古典ともいえるライウイスキーの現代的洗練の創造の歩みでもあった。
現在、カナダでも希少なライ麦100%ウイスキー(*)「アルバータ プレミアム」は、“カナダの至宝”とまで称賛されるほど世界的にも評価が高い。また自社ブランド製造にとどまらず、多くのメーカーに原酒を供給していることでも、北米においてライウイスキー製造の権威として一目置かれている。
蒸溜所はカナダの西部に位置し、アメリカのモンタナ州と国境を接するアルバータ州のカルガリー近郊にある。カナディアンロッキー山麓東側の高原台地で、標高1,048メートルの高所。周辺は北米大陸中央を南北に伸びるプレーリー(温帯草原地帯)と呼ばれる平原が広がっている。
アルバータ州はカナダのひとつの州とはいえ、面積は日本の国土の約1.75倍と広大だ。州都はエドモントンだが、州内最大都市でカナダを代表する商業都市でもあるカルガリーは自然が豊かで風光明媚な地。カナディアンロッキーをベースにしたマウンテンリゾートに代表される観光地として世界的に名高い。そしてウイスキーづくりに適した地でもある。

  • * 原料の穀類にライ麦を100%使用したウイスキー
  • 写真提供/カナダ・アルバータ州政府

清冽なグレイシャル・ウォーターと
高品質のライ麦

まず蒸溜所の職人たちがグレイシャル・ウォーター(glacial water/氷河の水)と呼ぶ、ロッキー山脈の氷河から溶け出した清冽なまでもの水がある。
そしてプレーリーは農業を栄えさせ、とくにアルバータ産ライ麦は世界でも高品質と謳われる。
ライ麦生産量でいえばドイツ、ロシア、ポーランドが圧倒的だが、日本の多くのパン職人たちがアルバータ産ライ麦を使用していることでも品質の高さを物語っている。

カルガリー男4人の
創業時の情熱を継承

蒸溜所を創設したのは、石油・天然ガス事業で成功した実業家、新聞社社主、そしてビール会社を興したドイツ系移民の子孫で自ら蒸溜所を経営していたふたりの兄弟という4人のカルガリー男たちだった。彼らは愛する故郷が誇る自然風土の恵みから、故郷が誇れるウイスキーをつくろうとしたのだった。創業以来、地元ライ麦生産者とアルバータ蒸溜所は強い絆で結ばれてきた。でんぷん含有量や窒素濃度などを吟味し、厳選された高品質のライ麦のみが蒸溜所へ運ばれる。自分たちの土地の良質な原料を用いて地元色に染まったウイスキーを生み出そうとした4人の創業者の情熱は、70年を経たいまも大切に受け継がれている。
カナディアンロッキーの山々を仰ぐ高原の爽やかな風がそよぐ中、「アルバータ」ウイスキーは静かにじっくりと熟成していく。

カナディアンウイスキーと
アルバータウイスキーの特性

ページトップ