English
サントリーホール オルガン プロムナード コンサート
日時
2016年12月15日(木) 12:15~12:45(12:00開場)
他の公演はこちら
2017年1月19日(木) 12:15~12:45(12:00開場)
サントリーホール オルガン プロムナード コンサート
出演
オルガン:川越聡子
トランペット:高見信行
入場
無料
日時
曲目
  • J. S. バッハ: カンタータ第147番から 第10曲「主よ、人の望みの喜びよ」(廣野嗣雄 編曲)
  • ロータ: 映画『道』から ジェルソミーナのテーマ(広田圭美 編曲)★
  • エベン: 『窓~シャガールのステンドグラスによる』から第4曲「黄金の窓」★
  • J. S. バッハ: 前奏曲とフーガ ハ長調 BWV 547
  • アダン: クリスマスの賛歌(オー・ホーリー・ナイト)★
  • ★トランペット&オルガン
出演
オルガン:川越聡子
トランペット:高見信行
入場
無料
会場
大ホール
主催
サントリーホール
後援
港区
後援
平成28年度劇場・音楽堂等活性化事業
お問い合わせ
サントリーホール 0570-55-0017
シリーズ公演
2017年1月19日(木) 12:15~12:45(12:00開場)
サントリーホール オルガン プロムナード コンサート
オルガン:川越聡子

東京芸術大学音楽学部オルガン科卒業、同大学院音楽研究科修了。フランス国立トゥールーズ高等芸術院修了。オルガンを小林英之、廣野嗣雄、早島万紀子、ミシェル・ブヴァール、ヤン・ヴィレム・ヤンセンに師事。第2回アンドレア・アンティーコ・ダ・モントーナ国際オルガンコンクール第2位入賞。所沢市民文化センターミューズの初代ホール・オルガニストを4年間務め、現在は東京芸術劇場副オルガニストとして、全国で幅広い演奏活動を行うほか、これまでにフランス、オーストリア、ベルギー、スペインに招聘され、2016年8月スペインでの演奏会の様子は、現地のテレビ局で放送された。洗足学園音楽大学、東海大学非常勤講師。
トランペット:高見信行

2009年、東京芸術大学音楽学部を経て、ベルリン、ハンス・アイスラー音楽大学、およびロストック音楽大学大学院を最優秀にて修了。ドイツ国家演奏家資格(マイスター)取得。第75回日本音楽コンクールトランペット部門にて第1位受賞。第19回日本管打楽器コンクールトランペット部門第2位受賞。第9回福武文化財団文化奨励賞受賞。ソリストとして東京フィル、神奈川フィル、岡山フィルなど国内外の様々なオーケストラと共演。今までに、ライプツィヒ放送交響楽団、ライプツィヒ歌劇場管弦楽団首席奏者、シュトゥットガルト・バッハ・コレギウムにてトランペット奏者として在籍。2013年秋より本拠地を日本に移し活動を開始。現在、横浜シンフォニエッタ、岡山フィルハーモニー管弦楽団各団員、財団法人地域創造登録アーティスト、洗足学園大学非常勤講師。2015年2月東京と岡山にて「B→ C 高見信行トランペットリサイタル」を開催し、好評を博す。
~出演者メッセージ~
   今月のプロムナード コンサートは、クリスマスということで特別に、トランペットと共にお届けいたします。サントリーホールのオルガンには、「水平トランペット」という正面に突き出したパイプもあり、トランペットとの音色の相性は抜群です。
   バッハの『主よ、人の望みの喜びよ』は、キリストを身ごもったマリアの祝日用に書かれたカンタータの1曲です。「ジェルソミーナのテーマ」は、トランペットのメランコリックで甘い響きが美しい作品。シャガールのステンドグラスから着想を得た、チェコの現代作曲家ペトル・エベンの『黄金の窓』は、チャイコフスキーの『祝典序曲1812年』と同じ旋律(東方正教会聖歌「神よ、汝の民を救い」)が繰り返し現れます。そして後半は、クリスマス用に書かれたとされるバッハの『前奏曲とフーガ ハ長調』と、アダンの『クリスマスの賛歌(オー・ホーリー・ナイト)』の2曲で、皆さまと共にクリスマスをお祝いしたいと思います。
(川越聡子)
 
 
サントリーホールディングス株式会社は公益財団法人サントリー芸術財団のすべての活動を応援しています。