English

サントリーホール ENJOY! MUSICプログラム

サントリーホールは、1986年の開館以来、
音楽の持つ深い喜びを分かち合える場となることに努めてきました。
未来を担うこどもたちや若いプロフェッショナルな音楽家たちに向けたプログラムに加え、
すべての人に身近なホールとなるための様々な取り組みを行っています。

ひろがれ! 音楽の恵み。 LET'S ENJYO! MUSIC ひろがれ! 音楽の恵み。 LET'S ENJYO! MUSIC ひろがれ! 音楽の恵み。 LET'S ENJYO! MUSIC ひろがれ! 音楽の恵み。 LET'S ENJYO! MUSIC

サントリーホール アカデミー

プロフェッショナルとして歩みはじめた若手音楽家を対象とした、オペラと室内楽の二部門からなるアカデミーを開講しています。世界の第一線で活躍するアーティストに学ぶのみならず、定期的に開かれる勉強会に参加して研鑽を積み、ブルーローズ(小ホール)公演で成果を発表します。


港区&サントリーホール Enjoy! Music プロジェクト

港区とサントリーホールは、2014年から、港区立小学校の4年生を対象に、音楽を中心とした継続的な芸術体験プログラムを実施しています。
国際的に活躍する指揮者・大野和士が企画に関わり、学校での事前授業と、サントリーホールでのコンサート鑑賞を行います。毎年テーマを定め、初年度の「音楽と身体表現」では、大野指揮フランス国立リヨン歌劇管弦楽団がダンスを交えたコンサートを開催、翌15年には、大野指揮東京都交響楽団が、「音楽と絵画」をテーマに、オリジナルのライヴ・アニメーションとのコラボレーションを行いました。

カーネギーホール(米国)とエデュケーションプログラムで国際交流の提携

カーネギーホールは、世界屈指の規模と先進性をもち、音楽教育プログラムに年間10万人が参加しています。提携により、サントリーホールで2008年から3歳~6歳までの未就学児童を対象とする「カーネギーキッズ」、2009年には音楽大学生を対象とする「プロフェッショナル・トレーニング・ワークショップ」を開催しました。

カーネギーホール提携記念プレートの前で

(左)カーネギーホール総支配人
   クライブ・ギリンソン
(右)サントリーホール館長 堤剛

サントリーアートキッズクラブ

サントリーアートキッズクラブ

サントリーアートキッズクラブは、2014年にスタート。音楽や美術がもっとおもしろくなるコラム「アートのまめちしき」「アートのおしごと」や、サントリーホールとサントリー美術館のキッズ向けイベント情報などをお届けしています。

ENJOY!MUSIC プログラムのロゴマーク 若葉のイメージに将来豊かに音楽文化が花開くことへの期待を込めました

サントリーホールディングス株式会社は公益財団法人サントリー芸術財団のすべての活動を応援しています。