トクホのススメ

最近「トクホ」って言葉、よく耳にしませんか?健康を維持するにはどうしたらいいかなぁ…健康診断の結果が気になるなぁ…と思っている方に特にオススメな健康生活をサポートしてくれる食品のことなんです。みんなのギモンに答えます。

 

トクホって何? トクホは「特定保健用食品」の略で、健康の維持増進に役立つ旨の表示を消費者庁が許可した食品です。

トクホと聞くと「なんとなくカラダに良さそう」くらいのイメージはあるかも知れないけど具体的に
「何がどう効くの?」はわからないという人も多いのでは?そこで、ちょっと詳しく説明しちゃいますね。

食品の機能を大きく3つに分けるとこうなります。1.生命維持のための栄養 2.食事をおいしく楽しむための味覚 3.健康を維持するための体調調節ここに注目! トクホ」は体調調節に関わる機能を助けてくれるもの

「トクホ」は体調調節に関わる機能を助けてくれるもので、 不適切な生活習慣によって生じる不調を整えてくれます。「脂肪の吸収を抑える」、「血圧が高めの方に」、「糖の吸収をおだやかにする」などなど。 このような健康に対してどのような機能をもっているか、つまり「何に効くか」を商品のパッケージに表示しているのがトクホの特長です。もちろん、その効果は科学的な試験と実証によって、効果があると証明されたものです。 (証明しない限り、消費者庁からの表示許可は下りません。)
バランスよく食事を摂るのが一番ですが、健康が気になる人や、健康診断の結果が気になる...という人には「トクホ」を普段の食生活に取り入れ、続けていくことでカラダの調子を整える助けになるといえるでしょう。

 

トクホっていろいろあるみたいだけど、全部同じ効果なの?トクホには、商品によって効果や機能が異なります。

「トクホ」は【特定保健用食品】の略であることからもわかるように、「特定の保健」に効果があるものです。
「血圧が高め」「体脂肪が多い」といったカラダのアンバランスさをそれぞれを調整してくれる機能があります。
つまり、その人なりの健康への気になるポイントによって選ぶべきトクホは変わってくるのです。

あなたに一番合うトクホはどれ?

体に脂肪がつく前に 黒烏龍茶 | ペプシスペシャル | ボスグリーン

ウーロン茶重合ポリフェノールにより脂肪の吸収を抑えます。

黒烏龍茶を食事と一緒に飲むと、中性脂肪の上昇を約20%抑えました。

被験者:中性脂肪値100-250mg/dlの成人男女20名/高脂肪食とともに黒烏龍茶を飲用し、飲用直前および飲用後の血清脂肪濃度の推移を測定
※出典:薬理と治療 32(6) 335-342(2004)

許可表示:食事から摂取した脂肪の吸収を抑えて排出を増加させるので、食後の血中中性脂肪の上昇を抑えるとともに、体に脂肪がつきにくいのが特徴です。脂肪の多い食事を摂りがちな方、血中中性脂肪が高めの方、体脂肪が気になる方の食生活改善に役立ちます。
1日摂取目安量:脂肪の多い食事を摂りがちな方、血中中性脂肪が高めの方は、お食事の際に1回350mlを目安にお飲みください。体脂肪が気になる方は、お食事の際に1日2回(1回350ml)を目安にお飲みください。

黒烏龍茶

難消化性デキストリンにより脂肪の吸収を抑えます。食事の脂肪対策

難消化性デキストリンの働き

胆汁酸ミセル※が安定して、体内への脂肪の吸収が抑えられる。
※脂肪の集合体

許可表示:本品は、難消化性デキストリン(食物繊維)の働きにより、食事から摂取した脂肪の吸収を抑えて排出を増加させ、食後の血中中性脂肪の上昇をおだやかにするので、脂肪の多い食事を摂りがちな方、血中中性脂肪が気になる方の食生活の改善に役立ちます。
1日摂取目安量:お食事の際に1本(490ml)、1日1回を目安にお飲みください。

ペプシスペシャル

コーヒー豆マンノオリゴ糖を配合した体脂肪が気になる方向けのボスです。体の脂肪対策

1日1本継続飲用した結果、体脂肪の低減が認められました。※2

※1. 被験者は日本肥満学会基準による肥満1度以上(BMI 25kg/㎡ 以上)に属する成人男女46名。
※2. コーヒー豆マンノオリゴ糖(マンノビオースとして)を3.0g含むコーヒー飲料を1日1本16週間飲用。腹部全脂肪面積は、腹部CT画像より解析。
***…p<0.001 0週と比較して有意差あり
♯♯♯…p<0.001 対象飲料群と比較して有意差あり
※3.薬理と治療 vol.36 no.6 541-548(2008)より作図。

許可表示:本品は、脂肪の吸収を抑えるコーヒー豆マンノオリゴ糖を配合しているので、体脂肪が気になる方に適しています。
1日摂取目安量:お食事の際に1本(185g)、1日1回を目安にお飲みください。

ボスグリーン

体についた脂肪に 伊右衛門特茶

ケルセチン配糖体により、脂肪分解酵素を活性化させます。 体の脂肪対策

史上初!脂肪の「分解」に着目したトクホ。

許可表示:本品は、脂肪分解酵素を活性化させるケルセチン配糖体の働きにより、体脂肪を減らすのを助けるので、体脂肪が気になる方に適しています。
1日摂取目安量:1日500mlを目安にお飲み下さい。

伊右衛門 特茶

血圧が130以上の方に 胡麻麦茶

胡麻ペプチドにより、血管を収縮する物質を生成する酵素の働きを阻害します。血圧高め対策

血圧が高めの方は、毎日飲み続けることで血圧の低下が認められました

1日1本、12週間摂取した試験での血圧推移
被験者:正常高値血圧者、またはI度高血圧者の方72名
[出典:健康・栄養食品研究 Vol.7 No.1(2004)]

許可表示:本品はゴマペプチドを含んでおり、血圧が高めの方に適した飲料です。
1日摂取目安量:1日1本(350ml)を目安にお飲みください。

胡麻麦茶

 

じゃあ、トクホは全部同じ飲み方でいいの? トクホには、それぞれにあった効果的な飲み方があります。

トクホは、その効果や機能によって「ここで飲むと効果的!」というタイミングがあります。
だから、食事と一緒に飲んだ方がいいトクホを休憩中に飲む…なんていうのはもったいないことこの上なし。
「食事中」と「いつでもOK」なものに分けておきましたから参考にしてくださいね。

食事と一緒に飲む!食事と一緒に飲むことで脂肪の吸収を抑えます。

  • 何にでも合うから一緒に飲みやすい!
  • コーヒーが欠かせない人には、朝食時にも
  • 脂肪の多い肉料理といっしょに!
  • ブランドサイトへ
  • ブランドサイトへ
  • ブランドサイトへ

いつでもOK!食事と関係なく、いつでもどうぞ。

  • お茶するときはこれをどうぞ!
  • いつでも常備しておきましょう!
  • ブランドサイトへ
  • ブランドサイトへ
 

どうしてサントリーでは、色々なトクホ商品があるの? 早くから食品に含まれる成分を科学的に研究していたからです。

サントリーでは、ウイスキーや赤ワイン、ビール、清涼飲料水の開発をする上で早くから「ポリフェノール」の有効活用に着目していました。自然界では植物に多く含まれ、色素成分として作用するほか、抗酸化作用もある物質です。

このポリフェノールは、サントリーのさまざまな商品と関連を持っています。まずはウイスキーや赤ワインの「色」、そして微妙な渋みをもたらす「味」。また、食品加工でも酸化の制御にも重要な役割を持っているのです。そして、研究が進むうち健康にも寄与することがわかってきました。

1921年(大正10年)に社長直属の製品試験所を設けたことから始まるサントリーの研究・開発は、1946年(昭和21年)に(財)食品化学研究所を設立したことで、さまざまな基盤技術を開花させていきます。現在のトクホ商品の多様さは、このようなサントリーの基盤技術、研究からもたらされたものなのです。トクホ商品に使われている「ウーロン茶重合ポリフェノール」「ケルセチン配糖体」「胡麻ペプチド」といった有効成分は、この研究から生まれました。また一方で、サントリーでは開発の際に、おいしく飲めることを特に考えています。「健康」と「おいしさ」の両立、それが、私たちが求める理想の答えなのです。

 

日本人間ドック健診協会推薦 サントリーのトクホは、日本人間ドック健診協会推薦

サントリーのトクホは第三者機関によっても認められています。「日本人間ドック健診協会」は、健診施設の発展と人間ドック健診の受診を広めるための団体。健康増進を社会に広める目的で設立され、健康支援などに関する研究にも関わっています。

日本人間ドック健診協会には推薦制度があり、生活習慣病の一次予防に効果的と判断された食品や機器、健康サービスを推薦しています。

サントリーのトクホは、血圧や体脂肪の低減に効果があると認められ、この日本人間ドック健診協会の推薦制度によりお墨付きをいただいた、というわけです。

 

サントリートクホ商品サイト一覧

体に脂肪がつく前に

  • 黒烏龍茶
  • ペプシスペシャル
  • ボスグリーン
  • ブランドサイトへ
  • ブランドサイトへ
  • ブランドサイトへ

体についた脂肪に

  • 伊右衛門 特茶
  • ブランドサイトへ

血圧が130以上の方に

  • 胡麻麦茶
  • ブランドサイトへ