ニュースリリース

ニュースリリース

  • (2017/7/28)

フランス生まれの果汁入り炭酸飲料「オランジーナ」TV-CM
木村文乃さん、佐藤二朗さん、小峠英二さんら
豪華キャストで送る「オランジーナ先生」シリーズ最新作
バカンス先のマルシェで仲良しメンバーが鉢合わせ!
お揃いのトートバッグで思わぬひと悶着!?
「おそろ」篇 7月31日(月)から全国オンエア開始

オランジーナ 新TV-CM「おそろ」篇より

 サントリー食品インターナショナル(株)は、フランス生まれの果汁入り炭酸飲料「オランジーナ」の新作TV-CMとして、木村文乃さん、佐藤二朗さん、小峠英二さん、フランス人若手女優Salome DE MAAT(サロメ デ マート)さんが出演する「おそろ」篇(15秒・30秒)を、7月31日(月)から全国でオンエアします。

■TV-CMについて
 美しい海と自然に囲まれた、のどかな街を舞台に、フランス人若手女優サロメ・デ・マートさん演じる新米教師「オランジーナ先生」と、木村文乃さん(英語教師)、佐藤二朗さん(体育教師)、派出所の警察官役の小峠英二さんら、個性豊かな同僚教師や地元の人々との交流を描いたCM「オランジーナ」シリーズ。いつも明るく前向きなオランジーナ先生を中心に、共演者たちとのユーモア溢れるやり取りが展開されるストーリーは、昨春の放映以来、大変多くの皆様からご好評をいただいています。

 最新作では、リゾート地のマルシェを舞台に、買い物中に偶然鉢合わせしたオランジーナ先生や木村先生など全員が、「オランジーナ」のキャンペーンで当たるエールフランス航空公認「マルシェトート」を手にしていたことから起こる、ちょっとしたハプニングが描かれます。

 色とりどりの食料品や衣類、雑貨などがずらりと並ぶお店を、お揃いのマルシェトート片手に散策していたオランジーナ先生と木村先生。途中でバッタリ遭遇した佐藤先生も、同じマルシェトートを携帯していることに気付いた二人、そして小峠さんが、とっさにとった意外な(?)行動とは果たして……。リゾート感溢れる世界観とストーリー、仲良しメンバーのほほ笑ましい掛け合いストーリーを通じて、夏のバカンス気分を盛り上げる果汁入り炭酸飲料「オランジーナ」の魅力を印象的に訴求していきます。

■CMストーリー
「おそろ」篇(30秒)
 リゾート地のマルシェでオランジーナ先生がそぞろ歩きしていると、別の店で買い物していた木村先生と遭遇。「私たちは、バカンスを愛している」というナレーションをバックに、木村先生に手を振ると、マルシェトートを見た彼女から、「あ!おそろ!」と指摘されます。「おそろ」の意味が分からず、「オソロ?」と首をかしげると、お互いのマルシェトートを指差して、「おそろ!おそろ!」と説明してくれる木村先生。オランジーナ先生も「オソロ!オソロ!」とまねして笑みを浮かべます。買ったものを見せながら、仲良く歩く二人。大きなガチョウの卵の目玉焼きに驚いたり、個性的な店員と写真を撮ったりして、楽しい時間を過ごしています。すると、視線の先に佐藤先生の姿が見えて、思わずのけぞる木村先生。彼女たちも同じマルシェトートを持っていることに気付いた佐藤先生は、「あ!おそろ!おそろ!」と自分のものを指差しながら、うれしそうに近付いて来ます。その直前、サッと自分のマルシェトートを後ろに隠した木村先生とオランジーナ先生。あまりにも不自然な行為に、「何で隠す?何で隠す?」と詰め寄る佐藤先生。それでも二人は「何でもない 何でもない」「ナンデモナイ ナンデモナイ」とあくまで白を切ります。と、そこへ、今度は小峠さんが登場。やはり3人と同じマルシェトートを持っていますが、佐藤先生が同じものを持っていることに気付くと、すぐさま隠します。「何で君まで?何で君まで?」と詰め寄る佐藤先生に、小峠さんは突然フランス語で「Je ne parle pas Japonais(日本語 分かりません)」と返して、何とかごまかそうとします。

■撮影エピソード
◇珍しい食材の数々に興味津々!マルシェ散策を満喫する木村さん
 当日はオランジーナの故郷・フランスのトリコロールカラーをはじめとする彩り豊かな屋根と、周囲の清々しい木々の緑が、まばゆい日差しに映える絶好のロケ日和となりました。広大な芝生のスペースに、季節の果物や野菜、ドライフルーツ、ジャム、雑貨など、さまざまなテントの屋台が軒を連ねていて、お料理好きの木村さんは、日本のスーパーなどではなかなか見られない食材の数々に興味津々。一緒にいたサロメさんに「これ見て!」と呼びかけたり、「これは何ていう名前の野菜ですか?」とスタッフに尋ねたりして、マルシェの散策を楽しんでいました。

◇記念写真でとびっきりの“変顔”をパシャリ!
 木村さんのスマホで屋台の店員と3人で写真を撮るシーンでは、お芝居のバリエーションを求める監督のリクエストに応えて、貴重な“変顔”を披露したサロメさん。「アハハ、面白い!いい感じだよ!」と木村さんから写真を見せられると、自らの顔が写った画面を指差して大爆笑する場面がありました。また、ダチョウの卵で目玉焼きを作るシーンでは、直径20センチはあろうかという巨大な卵を割って、大ぶりのフライパンに流し入れる様子を、木村さんと一緒に特等席の真ん前で観賞。卵が焼けるジューッという大きな音に思わずのけぞったり、お皿に盛り付けられた目玉焼きに「すごーい!」と手を叩いて喜んだり、表情豊かなリアクションで現場を明るく盛り上げていました。

◇キャスト同士のユニークな掛け合いにスタッフ一同大爆笑
 第1弾の初共演以来、すっかり仲良しで、作品を重ねるごとにチームワークが冴えわたるキャストの皆さん。現場では漫才コンビのような小峠さんと佐藤さんのやり取りに、女性陣が笑い転げるおなじみの光景が今回も繰り広げられました。そのひとつが、みんなで料理の話をしていた最中、木村さんから「作ります?」と聞かれた小峠さんが、なぜか言葉に詰まったシーン。どうやら小峠さんは、木村さんが手料理を振る舞いましょうか、と提案したものだと勘違いしたらしく、木村さんから「あのー、私じゃなくて、小峠さん自身が作りますか、という質問ですよ」と突っ込まれる場面がありました。これにはさすがの小峠さんも照れ笑いを浮かべていましたが、佐藤さんから追い打ちを掛けるかのように「恥ずかしい」というコメントが。現場は一気に大爆笑に包まれました。

◇サロメさんが溺愛する相棒の写真をみんなにお披露目
 休憩中、最近飼い始めた子猫の写真を周りのスタッフに見せていたサロメさん。来日の際に度々ペットショップを訪れるほど動物好きらしく、子猫の写真を見ながら「なんてかわいいの」と独り言を呟きながら、ため息をつく場面も。ちなみに、フランスの自宅では犬も飼っているそうで、SNSにも頻繁に登場するほか、共演した木村さんとSNS上でも交流があるとのことでした。

■出演者プロフィール
◇木村 文乃(きむら ふみの)
1987年10月19日 東京都出身

◇佐藤 二朗(さとう じろう)
1969年5月7日 愛知県出身

◇小峠 英二(ことうげ えいじ)
1976年6月6日 福岡県出身

◇Salome DE MAAT(サロメ デ マート)
1991年11月26日 フランス出身

■CM概要
タイトル  : オランジーナ新TV-CM 「おそろ」篇(15秒・30秒)
放映開始日 : 2017年7月31日(月)
放送地域  : 全国

■オランジーナ ブランドサイト
URL  : http://orangina.jp/


以上