GREEN DA・KA・RA

  • グリーンダ・カ・ラ
  • やさしい麦茶
  • すっきりしたトマト
  • TVCM & グラフィック

TOPICS 熱中症と水分補給TOPICS 熱中症と水分補給

熱中症対策!熱中症対策!

日常生活の中での水分補給日常生活の中での水分補給

水は、人間のからだを構成する上で、とても重要な役割を担っています。水分を摂るのとほぼ同量の水分を排泄して、体内のバランスを保っていますが、体重のわずか1%程度の脱水が起きただけでのどの渇きを感じ、4~5%失うと吐き気や頭痛などの症状が出てくるといわれています。ですから、水分補給は、のどの渇きを感じる前に行うことがポイントです。
たとえば、朝起きたとき、お風呂あがりなど1日の中で時間を決めて、コップ1~2杯(200~400ml)の水分を摂ると、無理なく1リットル以上の水分を補給することができます。でも、1度に大量の水を飲んだり、冷やし過ぎた水を一気に飲んだりするのは胃腸に負担がかかるので要注意です。夏の暑い時期は、洋服が汗でぬれるくらいになったら多めに水分を補給しましょう。
水分・ミネラル補給のためにミネラル量や浸透圧が調整された飲料を飲むことで、汗をかいて出ていった水分だけでなく、一緒に排出されてしまったナトリウムやその他ミネラルも補うことができます。

1日の水分補給量・排出量*成人男子

熱中症って何?熱中症って何?

気温や湿度がどんどん上がってしまうような状況下では、人間がもっている「からだが熱くなりすぎないようにする」という体温調節の機能が崩れ、体調が悪くなったりします。これを熱中症といいます。
人間は、汗をかいて体温調整をしていますので、汗をかくことは必要なことですが、同時に、からだの中でも大切な役割をしている水分やミネラルが出ていってしまうことにもなります。ですから、のどの渇きを感じる前に、こまめな水分補給を心がけましょう。

要注意!もしかしたら熱中症?

お子様のいらっしゃる保護者の方へお子様のいらっしゃる保護者の方へ

夏の平均気温の上昇に比例して、熱中症にかかるお子様が増えています。外で遊ぶときはもちろん、体育館や家の中でもかかる場合があります。水分補給をはじめとする予防法を実行することを常に心がけてください。万一お子様が頭が痛い、めまいがする、吐き気がするなどの自覚症状を訴えたり、頭やからだが熱い、手足が痙攣するなどの症状が現れた場合は、即座に医師の診断を受け、適切な処置をすることが大切です。
参考文献:早川光著「ミネラルウォーターガイドブック・最新版」新潮社
水と健康医学研究会監修「水と健康ハンドブック」日本医事新報社
監修:羽鳥 裕(はとり・ゆたか)奈川県医師会理事 神奈川県内科医学会副会長
神奈川県体育協会スポーツ医学委員会委員

外で活動するときは…