• 胡麻麦茶とは
  • 胡麻ペプチドの力
  • 味へのこだわり
  • ちょっといい話

胡麻ペプチドの力

酵素のはたらきを阻害して血圧に効果

サントリーは、長年にわたる胡麻の研究により、胡麻から生まれた「胡麻ペプチド(LVY)」が血圧に効果があることを発見しました。

血圧の上昇は、「塩分の摂り過ぎ」「運動不足」「ストレス」「肥満」「寝不足」などの要因により、体内で活性化したアンジオテンシン変換酵素が血管収縮物質(アンジオテンシンII)を過剰に生成し、血管が収縮することで引き起こされます。

胡麻ペプチドは、胡麻由来のタンパク質を酵素で分解することで得られるタンパク分解物です。胡麻ペプチドには、この血管収縮物質を生成する酵素のはたらきを阻害し、血圧に作用する効果のあることがわかったのです。

胡麻ペプチドの発見

1980年代後半、サントリーは「夢のあぶらプロジェクト」でヒトの役に立つ微生物の研究を始めました。この過程で使用された胡麻油から、胡麻に隠されたチカラを発見。「セサミン」に代表される胡麻の健康成分についての研究がスタートし、その中で新たに着目したのが胡麻から生まれた胡麻ペプチドでした。

こうした長きにわたる研究の成果が、胡麻麦茶となって結実したのです。

特保の取得

この胡麻から生まれた「胡麻ペプチド」の、高めの方の血圧に対する効果が認められ、特定保健用食品として許可を受けました。

おすすめコンテンツ

  • 美味しいトクホ・胡麻麦茶で血圧対策をはじめませんか?
  • 会員には胡麻麦茶に関する血圧情報をメールマガジンでお届け!
  • サントリー飲料通販gabgabショップ
  • フラバン茶
  • サントリー黒烏龍茶
  • サントリーセサミン
  • 健康NEWS