• 血圧のしくみ
  • 高血圧と生活習慣
  • 合併症の恐怖
  • メタボリック
  • 血圧の測り方
  • 血圧チェック

血圧のしくみと高血圧

そもそも血圧とは何?

心臓から送り出された血液が動脈の内壁を押す力─それが血圧です。
血圧を測定すると、上下2つの値が示されます。
上の値は心臓がポンプのように収縮して血液を押し出した瞬間に、血管に最も強い圧力がかかる時の値で、これを「収縮期血圧」(最高血圧)と呼びます。下の値は、そのあと心臓が膨張して圧力が最も低下したときの値で「拡張期血圧」(最低血圧)と呼びます。
この2つの血圧のうち、どちらが高くても注意が必要です。

診察室血圧に基づく血圧の分類

130超えちゃったら要注意!?

では、血圧がどのくらいだったら注意が必要なのでしょうか?

日本高血圧学会による「高血圧治療ガイドライン2014」では、正常高値血圧(収縮期血圧130mmHg以上140mmHg未満でかつ拡張期血圧90mmHg未満、または収縮期血圧が140mmHg未満でかつ拡張期血圧が85mmHg以上90mmHg未満)に該当する方は、血圧高めと判定しています。

130を超えたら血圧が高めということですね。
※血圧高めとは、正常高値血圧( 収縮性血圧においては130 〜139 mmHg)に該当する方になります。

高血圧の危険因子

どうして高血圧になるの?

高血圧には、生活習慣の問題や遺伝的なことなど、いろいろな原因が考えられます。

そして血圧を上げてしまう直接の危険因子としては、塩分の摂り過ぎやストレス、肥満、老化、過労、運動不足などがあります。

塩分を抑えた食事や適度な運動などで生活習慣を改善していくことが、大事な血圧対策のひとつとしてあげられる理由でもあります。

塩分と食事についてもっと詳しく! 適度な運動についてもっと詳しく!

高血圧=サイレントキラーの恐怖とは?

高血圧はほとんど自覚症状がないため、ついつい放っておきがちなもの。しかし血圧が高い状態が続くと、動脈が刺激されて厚く硬くなる、動脈硬化が進んでしまいます。

さらに動脈硬化が進むと、狭心症や心筋梗塞、脳梗塞といった命に関わる病気の発症を引き起こす要因にもなるのです。

このように高血圧は知らない間に忍び寄ってきて命を脅かすことから「サイレント キラー」とも呼ばれています。

合併症の種類と症状をもっと詳しく!
高血圧 動脈硬化 脳卒中・心臓病

おすすめコンテンツ

  • 生活習慣病になる前に胡麻麦茶で血圧対策を!
  • サントリー飲料通販gabgabショップ
  • フラバン茶
  • サントリー黒烏龍茶
  • サントリーセサミン