バレンタインはチョコと一緒に「LATTE BASE」

牛乳と割るだけ LATTE BASE ご褒美ラテベース

BOSS
  • 期間限定
※画像はイメージです。

一流パティシエ 辻口シェフも絶賛!

辻口 博啓(ツジグチ ヒロノブ)

クープ・ド・モンドをはじめ世界大会に日本代表として出場し、数々の優勝経験を持つ。サロン・デュ・ショコラ・パリで発表されるショコラ品評会においては、 2013年~2015年の3年連続で最高評価を獲得。さらに2015年、国際的なチョコレートの大会「インターナショナルチョコレートアワード世界大会」のチョコレートバー部門で、金賞を受賞。

モンサンクレール(東京・自由が丘)をはじめ、コンセプトの異なる12ブランドを展開。素材にこだわり、スイーツで地域振興を行うほか、砂糖不使用のチョコレートなど健康に配慮したスイーツを開発する。

HOW TO LATTE BASE 基本の作り方

LATTE BASEと牛乳を混ぜるだけ!

LATTE BASE 1 (50cc) : MILK 3 (150cc)

caféのラテは“ 濃いエスプレッソ + たっぷりミルク ”

家で普通のコーヒーをミルクで割ってもお店で飲むカフェラテの味にはなりません。

このLATTE BASEは、こだわりの深煎りアラビカ豆を4倍濃縮した“エスプレッソコーヒー”なのでたっぷりのミルクと割っても、しっかりコーヒーの味わいが残り、香り高いカフェラテが簡単に作れちゃいます。

辻口シェフ考案 ARRANGE RECIPE アレンジレシピ

Maple orange mocha メープルオレンジモカ

材料:LATTE BASE(無糖) 30ml、チョコレートシロップ 、5g(小さじ1)、メープルシロップ 、5g(小さじ1)、フォームドミルク 80g、オレンジの表皮 適量

作り方:①電子レンジ対応のグラスにLATTE BASE(無糖)とチョコレートシロップ、メープルシロップを入れ、500Wの電子レンジで約30〜40秒温める。(目安:軽く沸騰するまで) ②フォームドミルクをそそぎ入れる。 ③最後に、すりおろしたオレンジの表皮を散らす。※ フォームドミルクは、以下のいずれかの方法で作って下さい。/・鍋に牛乳を入れ、温めながら泡立て器を使用し泡立てる。/・温めた牛乳を、ミルクフォーマー(泡立て器)を使用し泡立てる。

Classic chocolat クラシックショコラ

材料:クラシックショコラ材料 ※直径15cm丸型1台分:バター(無塩) 35g、スイートチョコレート 45g、生クリーム 35g、グランマルニエ 5ml(小さじ1 ※ オレンジリキュール)、卵黄 35g、卵白 55g、グラニュー糖A 20g、グラニュー糖B 35g、薄力粉 15g、ココアパウダー(無糖) 25g/ラテホイップ材料:LATTE BASE(甘さ控えめ) 小さじ1、生クリーム 100ml

作り方:クラシックショコラ:①鍋にバターとスイートチョコレートを入れ、50℃くらいの湯煎にかけて溶かす。 ②鍋に生クリームを入れ温めてから、①に入れ良く混ぜ合わせる。 ③②にグランマルニエを入れ、良く混ぜ合わせる。 ④別のボウルに卵黄とグラニュー糖Aを入れ、しっかりと混ぜ合わせる。 ⑤別のボウルに卵白を入れてから、グラニュー糖Bを2〜3回に分けて入れ、ハンドミキサーでしっかりとしたメレンゲを立てる。 ⑥③に④を入れ合わせ、⑤のメレンゲの半量を入れて混ぜ合わせる。 ⑦薄力粉、ココアパウダーをふるいにかけてから⑥に入れ、さっくりと混ぜ合わせる。 ⑧⑦に残りの半量のメレンゲを入れ、さっくりと混ぜ合わせる。 ⑨⑧を型に流し入れ、160℃のオーブンで20〜30分焼く。 ⑩焼き上がったら、型からすぐに取り出し、網の上で冷ましておく。/ラテホイップ:①ボウルに生クリームを入れ、氷水に当てながらツノが立つくらいの固さになるまで泡立てる。 ②ラテベース(甘さ控えめ)を①に加え、ゴムベラでさっくりと混ぜる。/仕上げ:①粗熱の取れたクラシックショコラをお好みのサイズに切り分ける。 ②お皿に盛り付け、ラテホイップを口金(絞り袋)で絞り、お好みのデコレーションをする。(粉砂糖をふりかけたり、フルーツをトッピングしてもOK)

LET'S TRY きれいな2層ラテの作り方

LATTE BASE ご褒美ラテベース 無糖ver

  1. 01:グラスに氷を入れ、まずはミルクを150cc注ぎます。
  2. 02:ゆっくりとラテベース50cc(1メモリ分)を注ぎましょう。 POINT:無糖は牛乳より比重が軽いので後からゆっくりと注ぎます。
  3. FIN:完成!

LATTE BASE ご褒美ラテベース 甘さ控えめver

  1. 01:グラスに氷を入れ、まずはラテベース50cc(1メモリ分)を注ぎます。 POINT:甘さ控えめは牛乳より比重が重いので先にグラスに入れましょう。
  2. 02:そしてゆっくりとミルクを150cc注ぎましょう。
  3. FIN:完成!