サントリー美術館

水は生命の源であるが故に古来信仰の対象となり、切実な祈りが捧げられてきました。 また、清らかで神秘的な水は、お水取りなどの神事・仏事を生み出し、我々の知る龍宮伝説や龍神信仰とも深く関わってきます。 本展は、古代から中世における水にまつわる神仏―龍神、弁才天、住吉神など水の神々―を中心に、水の信仰に根ざした造形史を展観するものです。若水汲みの新春に清らかな水が生んだ聖なる造形をお楽しみください。

image

水 神秘のかたち

2015年12月16日(水)~2016年2月7日(日)

※作品保護のため会期中、展示替を行ないます。

水は、あらゆる生命の源であるがゆえに世界中でさまざまな信仰を生み、祈りの対象ともなりました。特に四方を海に囲まれ、かつ水源が豊かな日本においては、自然崇拝と相まって、水のもつ精神性が発展したようで、日本語に信仰背景があることを連想させる水の慣用句が多いことや、水による潤いが精神にも及ぶ発想があることに、一端が示されるでしょう。
さらに、祭器である銅鐸に流水文が表されることから、すでに弥生時代より信仰があったことがうかがえ、それが今でも続くことは、湖や滝がご神体として祀られることに見ることができます。また、龍宮城など、水にまつわる昔話が多くあることは、多岐にわたる信仰を映し出すでしょう。とりわけ、今でも日本各地に残る龍神信仰は、雨乞いと深くかかわるものであり、五穀豊穣ひいては鎮護国家に直結することから、時代を通じて信仰され、水の信仰の中核といえるものです。
本展は、水にかかわる神仏を中心に、その説話や儀礼、水に囲まれた理想郷や水の聖地など、水を源とする信仰に根ざした造形物を、彫刻、絵画、工芸にわたって展観することで、日本人が育んできた豊かな水の精神性を浮び上がらせようとするものです。特に篤い信仰を集めた龍神は、国宝「善女龍王像(ぜんにょりゅうおうぞう)」など優れた造形性を有するものが伝わり、龍神の持つ神秘の玉―「宝珠(ほうじゅ)」に関する作例とともに、本展の見どころの一つとなります。若水を汲む新春に、清らかな水が生んだ神秘のかたちをお楽しみください。

会期

2015年12月16日(水)~2016年2月7日(日)

※作品保護のため会期中、展示替を行ないます。

開館時間

10:00~18:00 (金・土は10:00~20:00)

※12月22日(火)、2016年1月10日(日)は20時まで開館
※2016年1月2日(土)は18時までの開館
※いずれも入館は閉館の30分前まで
※shop×cafeは会期中無休

休館日

火曜日、12月30(水)~2016年1月1日(金・祝)

入館料
一般 当日 ¥1300 前売 ¥1100
大学・高校生 当日 ¥1000 前売 ¥800

※中学生以下無料
※障害者手帳をお持ちの方は、ご本人と介護の方1名様のみ無料
[チケット販売場所]
サントリー美術館(火曜日、展示替え期間中を除く)
チケットぴあ:Pコード 767-049(前売・当日券共通)
ローソンチケット:Lコード 38049(前売・当日券共通)
セブンイレブン:040-944(前売・当日券共通)
イープラスにて取扱い
※前売券は2015年10月10日(土)から12月15日(火)まで販売
※サントリー美術館受付での前売券販売は10月10日(土)から11月29日(日)までの開館日に限る

割引

・きものでのご来館で100円割引
・ホームページ限定割引券提示で100円割引
・携帯/スマートフォンサイトの割引券画面提示で100円割引
・国立新美術館、森美術館の企画展チケット提示で100円割引
・20名様以上で100円割引
※他の割引との併用はできません

音声ガイド

¥500 (英語版もございます)

※本サイト内の記述、画像の無断転載・転用を禁止します。