サントリー美術館

仁阿弥道八(1783~1855)は、数多くの名工を輩出した文化・文政・天保年間の京都諸窯において、仁清や乾山の流れをくむ「和風京焼」の名手として称賛されてきました。道八はまた、「紀州偕楽園焼」や「讃窯」をはじめ、いくつもの御庭焼・御用窯に携わったともいわれています。本展では、抹茶道具・煎茶道具・懐石の器におよぶ作品の数々によって仁阿弥道八の陶業をご紹介する試みとなります。

image

天才陶工 仁阿弥道八

2014年12月20日(土)~2015年3月1日(日)

※ 作品保護のため、会期中展示替をおこないます。
※ 各作品の展示期間は出品作品リストをご覧いただくか、美術館へお問い合わせください。

仁阿弥道八(にんなみどうはち)(1783~1855)は、京都の陶工・高橋道八家の二代目にあたり、清水五条坂を拠点に活躍した京焼の名工です。茶道具から、食器、置物など彫塑的な作品にいたるまで多くの魅力的な作品を残しました。
仁阿弥道八は、関西では「仁阿弥」と呼ばれ、仁阿弥の茶道具は茶席において現在もなお人気があるといいます。しかし意外にも、仁阿弥道八の作品が展覧会でまとめて公開される機会は決して多くありませんでした。
本展では、鋭い観察力と卓越した技量を駆使して、真摯に作陶に向き合った仁阿弥道八の技とユーモア冴えわたる作品の数々を一挙にご紹介します。
また、ボストン美術館所蔵「モース・コレクション日本陶磁」からも12件の仁阿弥道八作品が里帰りする貴重な機会です。

※本サイト内の画像の無断転載・転用を禁止します。

会期

2014年12月20日(土)~2015年3月1日(日)

※ 作品保護のため、会期中展示替をおこないます。
※ 各作品の展示期間は出品作品リストをご覧いただくか、美術館へお問い合わせください。

開館時間

10:00~18:00 (金・土は10:00~20:00)

※12月22日(月)、1月11日(日)は20時まで、ただし1月2日(金)は18時までの開館
※いずれも入館は閉館の30分前まで
※shop×cafeは会期中無休

休館日

火曜日、12月29日(月)~1月1日(木・祝)

入館料
一般 当日 ¥1300 前売 ¥1100
大学・高校生 当日 ¥1000 前売 ¥800

※中学生以下無料
※障害者手帳をお持ちの方は、ご本人と介護の方1名様のみ無料
[チケット販売場所]
サントリー美術館(火曜日、展示替え期間中を除く)
チケットぴあ:Pコード 766-437(前売・当日券共通)
ローソンチケット:Lコード 32283(前売・当日券共通)
セブンイレブン:セブンコード 033-788(前売・当日券共通)
※前売期間は2014年12月19日(金)まで
※サントリー美術館受付での販売は12月7日(日)まで

割引

きもの割:きものでのご来館で100円割引
HP割:ホームページ限定割引券提示で100円割引
携帯割:携帯/スマートフォンサイトの割引券画面提示で100円割引
ATRo(あとろ)割:国立新美術館、森美術館の企画展チケット提示で100円割引
団体:20名様以上で100円割引
※ 他の割引との併用はできません

音声ガイド

¥500 (英語版もございます)

※本サイト内の記述、画像の無断転載・転用を禁止します。