サントリー美術館

高野山は、弘法大師空海により真言密教の根本道場の地として開かれ、平成27年(2015)に1200年の節目を迎えます。その間、日本仏教の聖地の一つとして地位を保ち続け、山上にわが国屈指の仏教芸術の宝庫を形成しました。本展は、高野山開創1200年の記念として、「山の正倉院」とも例えられるその名宝を展観するものです。開創にまつわる御品から、真言密教の教理に基づく仏教絵画、八大童子をはじめとする慶派による仏像など、空海の精神と壮大な歴史に育まれた日本の文化の精髄を是非ご堪能ください。

image

高野山開創1200年記念
高野山の名宝

2014年10月11日(土)~12月7日(日)

※作品保護のため会期中、展示替をおこないます。
※各作品の展示期間は出品作品リストをご覧いただくか、美術館へお問い合わせください。

唐で密教を学んだ弘法大師空海は、密教修行の根本道場とすべく、弘仁7年(816)勅許(ちょっきょ)を得て高野山を開きました。以来今日まで、高野山は日本仏教の聖地の一つとして、さらには空海を慕う人々の憧れの地として、時代と宗派を超えた信仰を集めてきました。それを証明するように、山上には「山の正倉院」とも例えられるほどの文化財の宝庫となり、なかでも核となる仏教芸術はわが国最大規模を誇ります。
本展は、高野山が平成27年(2015)に開創1200年の節目を迎えることを記念して、高野山に伝わる至宝の数々を公開するものです。開創にかかわる空海ゆかりの宝物から、豊麗な密教美術の原点ともいえる請来(しょうらい)の品、真言密教の教理に基づく仏像、仏画など、普段は山上にあって重厚な信仰の歴史を物語るこれらを一堂に展示します。特に、鎌倉時代、仏教彫刻界に新風を吹き込んだ仏師・運慶による国宝《八大童子像(はちだいどうじぞう)》を全躯そろって存分に鑑賞できる貴重な機会となります。
空海の精神と壮大な歴史に育まれた日本文化の精髄をご堪能ください。

会期

2014年10月11日(土)~12月7日(日)

※作品保護のため会期中、展示替をおこないます。
※各作品の展示期間は出品作品リストをご覧いただくか、美術館へお問い合わせください。

開館時間

10:00~18:00 (金・土は10:00~20:00)

※10月12日(日)、11月2日(日)、11月23日(日・祝)は20時まで開館
※いずれも入館は閉館の30分前まで
※shop×cafeは会期中無休

休館日

火曜日

入館料
一般 当日 ¥1300 前売 ¥1100
大学・高校生 当日 ¥1000 前売 ¥800

※中学生以下無料
※障害者手帳をお持ちの方は、ご本人と介護の方1名様のみ無料
[チケット販売場所]
サントリー美術館(火曜日、展示替え期間中を除く)
チケットぴあ:Pコード 766-332(前売・当日券共通)
ローソンチケット:Lコード 38217(前売・当日券共通)
セブンイレブン:セブンコード 032-454(前売・当日券共通)
※前売期間は2014年10月10日(金)まで

割引

HP割:ホームページ限定割引券提示で100円割引

携帯割:携帯/スマートフォンサイトの割引券画面提示で100円割引

ATRo(あとろ)割:国立新美術館、森美術館の企画展チケット提示で100円割引

団体:20名様以上で100円割引
※ 他の割引との併用はできません

音声ガイド

¥500 (英語版もございます)

※本サイト内の記述、画像の無断転載・転用を禁止します。