サントリー美術館

13世紀頃、ガラス製造が開始したボヘミア(現:チェコ周辺)では、17世紀後半「ボヘミアン・クリスタル」が開発され、水晶彫りを思わせる造形が人気を博し、ヴェネチアン・グラスをも席巻する勢いとなりました。19世紀前半には様々な着色・絵付け法が研究され、色彩も豊かに発展、また現代グラスアートでは、世界に君臨する「ガラス彫刻」を築き上げたのです。本展は、ボヘミアン・グラスの600年を、プラハ国立美術工芸博物館の170件でご紹介するものです。

image

プラハ国立美術工芸博物館所蔵
耀きの静と動 ボヘミアン・グラス

2014年8月2日(土)~9月28日(日)

※各作品の展示期間については、美術館にお問い合わせください。

カットとエングレーヴィングによって、水晶のように耀くボヘミアン・グラス。13世紀頃に始まるガラス製造は、1670―80年代、透明度が高く、光との共鳴が美しいカリ・クリスタルの開発によって興隆し、18世紀には、ヴェネチアン・グラスが流行するヨーロッパのガラス市場を席巻する勢いとなりました。19世紀に様々な着色・絵付け法が開発されると、モノクロームの美は一転、色彩豊かに変貌します。また20世紀には世界に君臨する「ガラス彫刻」を築き上げ、今もなお発展し続けています。本展は、現在のチェコ共和国周辺に花開いたボヘミアン・グラスの変遷を、15世紀から現代にいたるプラハ国立美術工芸博物館の収蔵品170件でご紹介するものです。静謐に、雄弁に、ダイナミックに、時を追うごとに多彩な表情をみせる造形美をお楽しみください。

会期

2014年8月2日(土)~9月28日(日)

※各作品の展示期間については、美術館にお問い合わせください。

開館時間

10:00~18:00 (金・土は10:00~20:00)

※9月14日(日)、9月22日(月)は20時まで開館
※いずれも入館は閉館の30分前まで
※shop×cafeは会期中無休

休館日

火曜

入館料
一般 当日 ¥1300 前売 ¥1100
大学・高校生 当日 ¥1000 前売 ¥800

※中学生以下無料
※障害者手帳をお持ちの方は、ご本人と介護の方1名様のみ無料
[チケット販売場所]
サントリー美術館(火曜日、展示替え期間中を除く)
チケットぴあ:Pコード 766-240(前売・当日券共通)
ローソンチケット:Lコード 36267(前売・当日券共通)
セブンイレブン:セブンコード 031-117(前売・当日券共通)
※前売期間は2014年8月1日(金)まで
※サントリー美術館受付での販売は、2014年7月21日(月・祝)まで

割引

【HP割】ホームページ限定割引券提示で100円割引
【携帯割】携帯/スマートフォンサイトの割引券画面提示で100円割引
【ATRo(あとろ)割】国立新美術館、森美術館の企画展チケット提示で100円割引
【団体】20名様以上で100円割引

音声ガイド

¥500 (英語版もございます)

※本サイト内の記述、画像の無断転載・転用を禁止します。