サントリー美術館

「屏風に細かく描いてあるものって、何だろう」「漆の箱の中ってどうなってるの?」「やきものの裏側も見てみたい」・・・ 通常、日本美術の展覧会では叶えられない皆さんの要望にお応えし、デジタルとアナログを駆使した今までにない展覧会。 来て、見て、感じて、驚いちゃって!日本美術のテーマパークです。

image

来て、見て、感じて、驚いちゃって!
おもしろびじゅつワンダーランド

2012年8月8日(水)~9月2日(日)

※作品保護のため会期中、展示替をおこなう場合があります。
※各作品の展示期間については、美術館にお問い合わせください。

当館では2007年のリニューアル・オープンを機に、ミュージアムメッセージ「美を結ぶ。美をひらく。」のもと、展覧会活動などに加えて、教育普及活動を積極的に行っています。ともすれば難しいと思われがちな日本の古美術について、さまざまなプログラムを通してその魅力を「体験」「体感」いただくことで、お客様に日本美術の魅力を「発見」していただくことを目指しています。

本展覧会では、より多くの方に日本美術に親しんでいただきたいという考えのもとルーヴル - DNPミュージアムラボ(LDML)※を運営する大日本印刷の協力を得て、デジタル技術とアナログ手法を駆使したさまざまな展示方法によって当館所蔵の名品約40件をお楽しみいただきます。本来、屏風や漆工品、陶磁器などは、日本人の暮らしの中で実際に使われていた「生活の中の美」であり、身近な存在でした。本展は、そんな日本の古美術品の魅力を、子どもから大人まで五感で「体験」「体感」「発見」いただける、まさに「日本美術のテーマパーク」です。

※パリ・ルーヴル美術館とDNP大日本印刷による共同プロジェクト。独自の観点と技術で開発された鑑賞システムを使って、多様な切り口からルーヴル美術館の作品をじっくり鑑賞する、ユニークな展覧会を開催している。
http://museumlab.jp

会期

2012年8月8日(水)~9月2日(日)

※作品保護のため会期中、展示替をおこなう場合があります。
※各作品の展示期間については、美術館にお問い合わせください。

開館時間

10:00~18:00 (金・土は10:00~20:00)

※8月12日(日)は20時まで開館
※いずれも最終入館は30分前まで

休館日

会期中無休

入館料
一般 当日 ¥1000 前売 ¥800
大学・高校生 当日 ¥800 前売 ¥600

※中学生以下無料
[チケット販売場所]
サントリー美術館(火曜日、展示替え期間中を除く)
チケットぴあ:Pコード765-200(前売・当日券共通)
ローソンチケット:Lコード 34476(前売・当日券共通)
セブンイレブン:セブンコード 017-450(前売・当日券共通)
イープラス
※前売期間は2012年8月7日(火)まで

割引

HP割
ホームページ限定割引券で100円割引

携帯割
携帯/スマートフォンサイトの割引券画面提示で100円割引

ATRo(あとろ)割
国立新美術館、森美術館の企画展チケット提示で100円割引

団体
20名様以上で100円割引

音声ガイド

¥500 (英語版もございます)

※本サイト内の記述、画像の無断転載・転用を禁止します。