サントリー美術館

桃山時代に花開いた南蛮美術は、サントリー美術館のコレクションの一つの柱です。今回はとくに初期洋風画の代表作である「泰西王侯騎馬図屏風」に関して、さまざまな角度から調査を試みて、その制作経緯の謎に迫ります。南蛮船の来航とキリスト教の布教に始まる歴史の光と影を、南蛮美術の諸作品によって実感してください。

image

開館50周年記念「美を結ぶ。美をひらく。」 IV
南蛮美術の光と影 泰西王侯騎馬図屏風の謎

2011年10月26日(水)~12月4日(日)

※作品保護のため会期中、展示替をおこなう場合があります。
※各作品の展示期間については、美術館にお問い合わせください。

16世紀半ばから17世紀初頭にかけて、ポルトガルやスペインからいわゆる南蛮船が来航し、西欧の地や、中継の港で荷積みされた貴重な文物を日本にもたらします。また南蛮船に乗船した宣教師がキリスト教を日本に伝え、いわゆる南蛮美術や文化が花開きました。
南蛮美術の中でも重要文化財「泰西王侯騎馬図屏風」は、桃山時代から江戸時代初期の初期洋風画の傑作として世に知られています。神戸市立博物館とサントリー美術館が分蔵するこの屏風は、もとは福島・会津城の障壁画であったと伝えられてきました。描いたのは、イエズス会の神学校であるセミナリオにおいてキリスト教とともに西洋画法を学んだ日本人の絵師と推定されています。その画面描写には、当時の西欧の画家たちが身につけていた遠近法や陰影法を、積極的に学んだ跡が見受けられます。しかし、この屏風の制作の経緯については、今もなお、大いなる謎が残されているといってよいでしょう。
今回はこの「泰西王侯騎馬図屏風」に関して、東京文化財研究所の特別協力により、画面の光学調査を実施し、その調査結果も展覧会でご覧いただきます。また同時代の南蛮漆器、南蛮屏風などの南蛮美術も一堂に集め展示します。これらの南蛮美術は、西洋と東洋の出会いが生み出した稀有な作品群と言えるでしょう。これらを深く鑑賞することにより、キリシタンや南蛮人をとりまく日本近世初期の歴史の光と影を実感していただければ幸いです。

会期

2011年10月26日(水)~12月4日(日)

※作品保護のため会期中、展示替をおこなう場合があります。
※各作品の展示期間については、美術館にお問い合わせください。

開館時間

10:00~18:00 (金・土は10:00~20:00)

※11月2日(水)、3日(木・祝)は20時まで開館
※いずれも最終入館は30分前まで

休館日

火曜日

入館料
一般 当日 ¥1300 前売 ¥1100
大学・高校生 当日 ¥1000 前売 ¥800

※中学生以下無料

[チケット販売場所]
サントリー美術館(火曜日、展示替え期間中を除く)
チケットぴあ:Pコード764-782(前売・当日券共通)
ローソンチケット:Lコード:32634(前売・当日券共通)
イープラス
※前売期間は2011年10月25日(火)まで

割引

HP割
ホームページ限定割引券で100円割引
携帯割
携帯/スマートフォンサイトの割引券画面提示で100円割引
あとろ割
国立新美術館、森美術館の企画展チケット提示で100円割引
団体
20名様以上で100円割引

※他の割引との併用はできません

音声ガイド

¥500 (英語版もございます)

※本サイト内の記述、画像の無断転載・転用を禁止します。