サントリー美術館

古代中国で空想から生まれた鳳凰と、ライオンから派生した獅子は、高貴で覇気あふれるシンボルイメージとして、たとえば宗教、儀礼、民俗、芸能など、日本文化においても重要な役割を果たしてきました。この展覧会は、古代から現代まで、グローバルに展開する鳳凰と獅子のイメージの変遷を、絵画や工芸、染織などの貴重な作品によってたどります。

image

開館50周年記念「美を結ぶ。美をひらく。」 II
不滅のシンボル 鳳凰と獅子

2011年6月8日(水)~7月24日(日)

※作品保護のため会期中、展示替をおこなう場合があります。
※各作品の展示期間については、美術館にお問い合わせください。

日本の古代史において鳳凰と獅子は、特別な存在です。鳳凰は優れた天子が世に現れる兆しとして、古代中国で生み出された空想の鳥であり、対する獅子は、日本に棲息しないライオンを原型とし、やはり中国から唐獅子という半ば空想上の動物として伝わりました。いずれも宗教・儀礼や民俗・芸能に広く深く取り込まれ、それぞれ祝儀にふさわしい高貴なシンボルとして、繰り返し絵画や工芸の意匠となってきました。鳳凰と獅子の多岐にわたる造形表現は、日本文化全般におけるハレの場面と、常に密接に関わりあいながら、その不滅の生命を今に伝えていると言えるでしょう。この展覧会では、鳳凰と獅子という瑞鳥、霊獣のイメージの展開に注目します。高貴な姿の鳳凰や威厳あふれる獅子の変遷を、屈指の名品によってたどりながら、人々が鳳凰や獅子に託した祈りや、豊かな空想のはばたきを感じていただければ幸いです。

会期

2011年6月8日(水)~7月24日(日)

※作品保護のため会期中、展示替をおこなう場合があります。
※各作品の展示期間については、美術館にお問い合わせください。

開館時間

10:00~18:00 (金・土は20:00まで開館)

※7月17日(日)は20時まで開館
※いずれも最終入館は30分前まで

休館日

火曜日

入館料
一般 当日 ¥1300 前売 ¥1,100
大学・高校生 当日 ¥1000 前売 ¥800

開館50周年感謝企画
「開館50周年記念『美を結ぶ。美をひらく。』Ⅱ 不滅のシンボル 鳳凰と獅子」展の入場券をご購入いただいた方には、本展並びに同記念展Ⅲ、IVのうち、お好きな展覧会に、無料で1回ご招待します!
※前売券及び当日受付で入場券を購入された方が対象です。
※当日、本展並びに同記念展Ⅲ、Ⅳのいずれか1展にご使用いただける招待券をお渡しします(当日のご使用はできません)。
※一般/大学・高校生の方が対象となります。
※招待券はなくなり次第終了となります。

割引

[HP割]
ホームページ限定割引券で100円割引
[携帯割]
携帯サイトの割引券画面提示で100円割引
[ATRo(あとろ)割]
国立新美術館、森美術館の企画展チケット提示で100円割引
※団体は20名様以上、100円割引
※他の割引との併用はできません
[チケット販売場所]
サントリー美術館(火曜日、展示替え期間中を除く)
チケットぴあ:Pコード764-590(前売・当日券共通)
ローソンチケット:LコードL37294(前売・当日券共通)
イープラス
※前売期間は2011年6月7日(火)まで

音声ガイド

¥500 (英語版もございます)

※本サイト内の記述、画像の無断転載・転用を禁止します。