CM・タレント紹介

石原さとみさん

石原さとみさんプロフィール

1986年12月24日生まれ。東京都出身。2002年、第27回ホリプロタレント・スカウトキャラバン「ピュアガール2002」でグランプリを受賞。映画デビュー作『わたしのグランパ』で、その年の新人賞を総なめにし、一躍注目を集める。以後、映画、ドラマ、舞台と幅広い分野で活躍し、2007年には映画『北の零年』で、第29回日本アカデミー賞助演女優賞を、2016年には映画『シン・ゴジラ』で、第40回日本アカデミー賞助演女優賞を受賞。最近の主な出演作は、ドラマ『地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子』(日本テレビ)、映画『忍びの国』(2017年7月1日公開予定、東宝)など。

ふんわり鏡月CM

  • 動画を見る

    「かっこ悪くて・・・」篇15秒

  • 動画を見る

    「昭和」篇15秒

  • 動画を見る

    「ずっと一緒」篇15秒

  • 動画を見る

    「主任って・・・」篇15秒

  • 動画を見る

    「おみとおし」篇15秒

  • 動画を見る

    「CMメイキング」1分54秒

過去のCM

CMソング、アーティスト情報

石原さとみさんのお芝居のバックにゆるやかに流れるラブソングは、ロックバンド「THE BACK HORN(ザ・バックホーン)」のボーカル、山田将司さんのオリジナル曲です。
今年も鏡月のテーマソングとしてお楽しみください。THE BACK HORNでのハードなロックとは一転、アコースティックギターの素朴な弾き語り。このやさしくもせつないラブソングが、休日の昼下がり、澄みわたる鏡月のやわらかな世界観を伝えます。
今回、その楽曲「きょう、きみと」を新たにレコーディング、配信リリースされ、話題となっています。
そのリリックビデオはこちら

山田 将司さん

歌、声の出演 山田 将司(1979年10月8日生 茨城県出身)

1998年に結成されたロックバンドTHE BACK HORN(ザ・バックホーン)のボーカル。近年のロックフェスティバルには欠かせない存在となった。黒澤清監督映画『アカルイミライ』、アニメ『機動戦士ガンダム00』等の作品でテーマ曲を務めるなど、オリジナリティー溢れる楽曲の世界観と歌声でファンを魅了し続けている。2014年には熊切和嘉監督とタッグを組み制作した映画『光の音色 - THE BACK HORN Film - 』が全国ロードショーとなった。昨年、11枚目となるアルバム『運命開花』をリリースし、2月からは全35公演からなる全国ツアーを開催! 2016年秋にはニューシングルを発売、初のホールツアーも開催する。

CMソング、アーティスト情報

今回の新CMの音楽は、シンガーソングライター斉藤和義さんのオリジナル楽曲。アコースティックギターの素朴な弾き語りで、これまでよりも大人っぽく男らしい世界観を伝えます。
サントリー「鏡月」TV-CMソング「はるかぜ」 2017年4月12日より配信限定リリース。

歌の出演 斉藤 和義

1993年8月25日にシングル『僕の見たビートルズはTVの中』でデビュー。翌年にリリースされた『歩いて帰ろう』で一気に注目を集める。代表曲である『歌うたいのバラッド』『ウエディング・ソング』『ずっと好きだった』『やさしくなりたい』は様々なアーティストやファンに愛される楽曲となっている。自他共に認めるライブアーティストであり、弾き語りからバンドスタイルまで表現の幅は広い。

また自らの音楽活動に加え、様々なアーティストへの楽曲提供、プロデュース等も積極的に行っている。2011年には稀代のドラマー、中村達也とのロックバンド、MANNISH BOYSの活動をスタート。これまでに3枚のオリジナルアルバムを発表している。

2017年2月22日にニューシングル『遺伝』をリリース、5月から7月にかけて弾き語りツアーを開催する。