サントリートップ > ニュースリリース > 東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」2017年シーズン ≪楽器ア・ラ・カルト≫
ニュースリリース
  • No.sh0237(2016/12/6)

バークレイズ証券株式会社 特別協賛
東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」
2017年シーズン ≪楽器ア・ラ・カルト≫

こども奏者とオーケストラ

指揮:秋山和慶(右) 司会:坪井直樹(左)(2016年)

日本初のこども向けオーケストラ定期公演
年間会員限定初企画「こどもピアニスト」募集

 東京交響楽団とサントリーホールは、「こども定期演奏会」2017年シーズン ≪楽器ア・ラ・カルト≫2017年9月9日(土)、11月4日(土)、12月16日(土)、2018年3月24日(土)の4回にわたり開催します。

 「こども定期演奏会」は、こどもたちが定期的にコンサートホールに行く習慣を身につけ、生活の中にクラシック音楽を取り入れてもらいたいという願いを込めた、日本で初めてのこどものためのオーケストラ定期演奏会です。2002年に開始したこのコンサートは、毎年継続して参加される方も多い人気公演として定着してきました。17年は2~8月ホール改修工事による休館のため、9月からの開催になります。
 2017年のテーマは「楽器ア・ラ・カルト」。「弦楽器」、「ピアノ」、「オルガン」、「管楽器」を取り上げ、毎回異なる指揮者、田中祐子、下野竜也、川瀬賢太郎、飯森範親が登場。ソリストは村治奏一(ギター)、景山梨乃(ハープ)、小山実稚恵(ピアノ)、室住素子(オルガン)、荒木奏美(オーボエ)、鳥塚心輔(トロンボーン)が出演し、各楽器が活躍するプログラムをお届けします。司会の坪井直樹が指揮者とともにわかりやすく解説し、開演前のプレトークでは、こども定期演奏会やクラシック音楽について、より深く知ることができます。

 4公演分の年間会員券をご購入いただくと、特典としてイベント「楽器体験」、「サントリーホールのスタッフ(お客様案内係)体験」、「指揮者や楽団員との交流会」への参加応募ができます。今年は初めての企画として、小山実稚恵と連弾する「こどもピアニスト」も募集。様々な形でこどもたちが「参加できる」ことがこの演奏会の特長となっており、オーケストラの一員として演奏する「こども奏者」、チラシの絵、シーズンのテーマ曲も、こどもから広く募集しています。

[写真・資料のご請求、ご取材・お問合せ]
 サントリーホール広報部 TEL 03-3505-1002 FAX 03-3505-1007 http://suntory.jp/HALL/
 東京交響楽団(川崎オフィス) TEL 044-520-1518

[チケットのお申し込み・お問合せ]
 サントリーホールチケットセンター TEL 0570-55-0017
 TOKYO SYMPHONYチケットセンター TEL 044-520-1511
 サントリーホール・メンバーズ・クラブWEB http://suntoryhall.pia.jp/
 TOKYO SYMPHONYオンラインチケット http://tokyosymphony.jp/ (1回券のみ)

― 記 ―

バークレイズ証券株式会社 特別協賛
東京交響楽団&サントリーホール
「こども定期演奏会」
2017年シーズン《楽器ア・ラ・カルト》
Tokyo Symphony Orchestra & Suntory Hall
Subscription Concert for Children 2017
Supported by Barclays

 

【出演】
4公演とも
オーケストラ:東京交響楽団 Tokyo Symphony Orchestra
司会:坪井直樹(テレビ朝日アナウンサー) Naoki Tsuboi, MC

第61回 「オードブルは弦楽器」
【日時】2017年9月9日(土)11:00開演(10:30開場)
【出演】指揮:田中祐子 ハープ:景山梨乃(東京交響楽団首席奏者)☆ ギター:村治奏一 ★

プロフィールはこちら

【曲目】
ストラヴィンスキー:弦楽のための協奏曲 ニ調 第1楽章
グリエール:ハープ協奏曲 第3楽章 ☆
マイヤーズ:映画『ディア・ハンター』から「カヴァティーナ」★
ジョビン:映画『黒いオルフェ』から「フェリシダーヂ」★(ギター・ソロ)
リムスキー=コルサコフ:スペイン奇想曲 第4部、第5部

 

第62回 「メインディッシュはピアノとともに」
【日時】2017年11月4日(土)11:00開演(10:30開場 10:40~プレトーク)
【出演】指揮:下野竜也 ピアノ:小山実稚恵、こどもピアニスト(年間会員から募集)

プロフィールはこちら

【曲目】
ラヴェル:古風なメヌエット
ドビュッシー:小組曲から“小舟にて”、“バレエ” *小山実稚恵・こどもピアニストの連弾
モーツァルト:ピアノ協奏曲第21番 第2楽章
ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番 第3楽章

 

第63回 「クリスマス・パーティー」
【日時】2017年12月16日(土)11:00開演(10:30開場 10:40~プレトーク)
【出演】指揮:川瀬賢太郎 オルガン:室住素子*

プロフィールはこちら

【曲目】
フンパーディンク:歌劇「ヘンゼルとグレーテル」序曲
ウィリアムズ:映画『ハリーポッターと賢者の石』から「ヘドウィグのテーマ」*(オルガン・ソロ)
アイヴズ:交響曲第2番 第5楽章
アンダーソン:クリスマス・フェスティバル

 

第64回 「愉しいデザート」
【日時】2018年3月24日(土)11:00開演(10:30開場 10:40~プレトーク)
【出演】指揮:飯森範親 オーボエ:荒木奏美(東京交響楽団首席奏者)★
    トロンボーン:鳥塚心輔(東京交響楽団首席奏者)☆

プロフィールはこちら

【曲目】
モリコーネ:映画『ミッション』から「ガブリエルのオーボエ」★
山下康介:NHK連続テレビ小説「瞳」メインテーマ ☆
宮川彬良:シンフォニック・マンボ No.5
シューマン:交響曲第3番 「ライン」 第2楽章 *こども奏者との共演
グローフェ:「ミシシッピ組曲」から“ハックルベリー・フィン”、“マルディ・グラ”

 

【年間会員限定イベント】
(1)こどもピアニスト募集 <11/4開催、2名予定>
 小山実稚恵とドビュッシー:小組曲から“小舟にて”、“バレエ”を連弾
 2017年11月現在、小学1年生~中学3年生の方が対象
 ※応募方法詳細は「こども定期演奏会」ネットをご覧ください
  http://www.codomoteiki.net/2016/09/10/event_pianist/
(2)サントリーホールのスタッフになってみよう! <11/4開催、抽選で10名>
(3)楽器体験 <12/16開催、抽選で60名、ブルーローズ(小ホール)にて>
(4)飯森さんと楽団員を囲んで <3/24開催、抽選で100名、ブルーローズ(小ホール)にて>

※(2)(3)(4)は9/9公演の来場者が応募できます。


【会場】サントリーホール 大ホール
【主催】公益財団法人 東京交響楽団/サントリーホール
【特別協賛】バークレイズ証券株式会社
【後援】港区教育委員会/東京都小学校音楽教育研究会

【チケット料金】年間会員券12,000円(全席指定・4公演分)、1回券3,500円

※小学1年生から入場できます。年齢に関わらず、チケットはお一人様1枚ご用意ください。


【チケット発売】
<年間会員券>
 2016年12月7日(水)10時~12月14日(水)先行発売
 2016年12月15日(木)一般発売
<1回券>
 2017年5月23日(火)10時~5月29日(月)先行発売
 2017年5月30日(火)一般発売

※先行発売は「東京交響楽団会員」「サントリーホール・メンバーズ・クラブ会員」「2016年こども定期演奏会年間会員」が対象です。


サントリーホールチケットセンター 0570-55-0017
サントリーホール・メンバーズ・クラブWEB http://suntoryhall.pia.jp/

※サントリーホールは改修工事のため2017年2月6日~8月31日、休館します。
この間チケットセンター電話受付は土日祝休業、チケット売場は2月1日~8月31日休業します。


TOKYO SYMPHONY チケットセンター 044-520-1511
TOKYO SYMPHONYオンラインチケット http://tokyosymphony.jp(1回券のみ)
チケットぴあ 0570-02-9999
 【Pコード:年間会員券315-149、9/9= 315-007、11/4= 315-008、12/16= 315-009、3/24= 315-010】
イープラス eplus.jp
ローソンチケット 0570-000-407
 【Lコード:年間会員券32256、1回券33344】

こども定期演奏会の公式ホームページ
こども定期演奏会ネット http://www.codomoteiki.net/
演奏会情報のほか楽器紹介や音楽にまつわる情報をご覧いただけます。
「こども奏者」「チラシの絵」「テーマ曲」募集について詳細を掲載しています。

こども定期演奏会公式 facebook
https://www.facebook.com/codomoteiki

※都合により、内容が変更になる場合がございますので、あらかじめご了承ください。
公演の最新情報はホームページにて発表いたします。(URL=http://suntory.jp/HALL/) 

 
【プロフィール】

9月9日(土)
■指揮:田中祐子 Yuko Tanaka, conductor
東京芸術大学大学院指揮科修士課程修了。東京国際音楽コンクール<指揮>入選、ブザンソン国際指揮者コンクール、ショルティ国際指揮者コンクールのセミファイナリスト。これまでに、東京フィル、読響、札響、大阪フィルをはじめ全国各地のオーケストラと共演を重ねる。2013年クロアチア国立歌劇場リエカ管弦楽団に招かれ海外デビュー。15年藤原歌劇団ヴェルディ『椿姫』でオペラデビュー、16年7月には山形交響楽団定期演奏会に招かれ、8月はNHK交響楽団と初共演。2017年3月、日本オペラ振興会『よさこい節』(新国立劇場)への登壇を予定しているほか、NHK-Eテレ「らららクラシック」やNHK-FM「名曲アルバム」等の出演などその活動の幅を拡げている。2015/16/17シーズンNHK交響楽団首席指揮者パーヴォ・ヤルヴィ公式アシスタント。
公式ウェブサイト http://yuko-tanaka.com/

■ハープ:景山梨乃 Rino Kageyama, harp
日本ハープコンクール第1位、USA国際ハープコンクール第2位、ミュンヘン国際コンクール第3位など国内外で受賞。東京芸術大学在籍中に福島賞、平山郁夫文化芸術賞を受賞。2009年より渡欧し、パリ・エコールノルマル音楽院最高ディプロムを審査員満場一致と特別評価を受け取得した後、ベルリン芸術大学で学び、同時にベルリンフィル・カラヤンアカデミー修了。ベルリンフィル、ハンブルク歌劇場などドイツ各地のオーケストラで客演。新日本フィル、日本フィル、仙台フィル等とコンチェルトを協演。2013、14年度(公財)ロームミュージックファンデーション奨学生。現在、東京交響楽団首席ハープ奏者。

■ギター:村治奏一 Soichi Muraji, guitar
1997年クラシカルギター・コンクール、98年スペインギター音楽コンクール、第41回東京国際ギター・コンクールに続けて優勝。2003年ボストンの総合芸術高校音楽科を首席で卒業し、ビクター・エンタテインメントよりリリースしたデビューアルバム『シャコンヌ』がレコード芸術誌の特選盤に選ばれる。12年「トヨタ・クラシックス・アジアツアー2012」のソリストに抜擢、ウィーン室内管弦楽団と共にアジア5カ国でのコンサートツアーを成功させた。13年S&R財団ワシントン・アワードを受賞。14年初のコンチェルトアルバム『コラージュ・デ・アランフェス』(平成26年度文化庁芸術祭参加作品)をキングレコードよりリリース。これまでにNHK交響楽団をはじめ国内外のオーケストラと多数共演。 

11月4日(土)
■指揮:下野竜也 Tatsuya Shimono, conductor
鹿児島生まれ。2000年東京国際音楽コンクール<指揮>優勝と齋藤秀雄賞受賞、01年ブザンソン国際指揮者コンクールの優勝で一躍脚光を浴びる。国内の主要オーケストラに定期的に招かれる一方、ローマ・サンタ・チェチーリア国立アカデミー管、チェコフィルハーモニー管、シュツットガルト放送響、シリコンバレー響など国際舞台での活躍が目覚ましい。06年に読売日本交響楽団の正指揮者に迎えられ、13年4月から17年3月同団の首席客演指揮者。その間11年には広島ウインドオーケストラ音楽監督、14年4月には京都市交響楽団常任客演指揮者に就任。更に17年4月からは広島交響楽団音楽総監督に就任。
公式ホームページ http://www.tatsuyashimono.com/

■ピアノ:小山実稚恵 Michie Koyama, piano
人気・実力ともに日本を代表するピアニスト。チャイコフスキー国際コンクール、ショパン国際ピアノコンクールの二大コンクールに入賞以来、今日に至るまで、コンチェルト、リサイタル、室内楽と、常に第一線で活躍し続けている。Bunkamuraオーチャードホールにて行われている春・秋年2回、2006年~2017年の壮大なプロジェクト"12年間・24回リサイタル・シリーズ"は、現在全国6都市(東京、大阪、札幌、仙台、名古屋、福岡)において進行中。2015年にはデビュー30周年を迎えた。これまでに国内の主要オーケストラはもとより、モスクワ放送響(現・チャイコフスキー・シンフォニー・オーケストラ)、ベルリン響、ロイヤル・フィル、BBC響、イギリス室内管、アカデミー室内管、ロッテルダム・フィル、シンフォニア・ヴァルソヴィア、ワルシャワ・フィル、モントリオール響、ボルティモア響などと共演しており、フェドセーエフ、テミルカーノフ、デュトワ、マリナー、小澤征爾といった国際的指揮者との共演も数多い。また、ショパン生誕200年にあたる2010年のショパン国際ピアノコンクールを始め、チャイコフスキー、ロン=ティボー、ミュンヘンなどのコンクールでは審査員を務める。2011年の東日本大震災以降、被災地の学校や公共施設等で演奏を行っており、2015年夏より被災地活動の一環として自ら企画立案し、ゼネラル・プロデューサーを務めるプロジェクト『こどもの夢ひろば "ボレロ"』が、仙台においてスタートした。CDは、ソニー・ミュージックジャパンインターナショナルと専属契約を結ぶ。最新CDは、28枚目の『シューベルト:即興曲集』で、前作『ヴォカリーズ』、『シャコンヌ』に続き、3作連続で「レコード芸術」の特選盤に選ばれる。2016年12月には、29枚目の『Cantabile』(ベスト盤)のリリースを予定している。これまで、2005年度 文化庁芸術祭音楽部門大賞、2013年度 東燃ゼネラル音楽賞洋楽部門本賞ならびにレコード・アカデミー賞(器楽曲部門『シャコンヌ』)、2015年度 文化庁芸術祭音楽部門優秀賞ならびに第28回ミュージック・ペンクラブ音楽賞を受賞している。東京藝術大学、同大学院修了。吉田見知子、田村宏両氏に師事。 

12月16日(土)
■指揮:川瀬賢太郎 Kentaro Kawase, conductor
1984年東京生まれ。私立八王子高等学校芸術コースを経て、2007年東京音楽大学音楽学部音楽学科作曲指揮専攻(指揮)を卒業。指揮を広上淳一、汐澤安彦等に師事。06年東京国際音楽コンクール<指揮>において1位なしの2位(最高位)に入賞。以来各地のオーケストラから次々に招きを受ける。また近年、細川俊夫作曲オペラ『リアの物語』やモーツァルト作曲『フィガロの結婚』等を指揮、オーケストラ公演のみならずオペラでも注目を集める若き俊英。現在、神奈川フィル常任指揮者、名古屋フィル指揮者。八王子ユース弦楽アンサンブル音楽監督。三重県いなべ市親善大使。15年渡邉曉雄音楽基金音楽賞、第64回神奈川文化賞未来賞、16年第14回 齋藤秀雄メモリアル基金賞、第26回出光音楽賞を受賞。

■オルガン:室住素子 Motoko Murozumi, organ
東京大学文学部美学芸術学科を経て、東京芸術大学音楽学部器楽科(オルガン専攻)を卒業、同大学院修士課程修了。秋元道雄、Z. サットマリー、H.ピュイグ=ロジェに師事。安宅賞受賞。水戸芸術館音楽部門主任学芸員を務め、「オルガン講座」に対して吉田秀和・館長賞受賞。その後、活動の場を都響、新日本フィル、N響、サイトウキネンオーケストラへと広げた。小澤征爾音楽塾コーチ(2006)、水戸芸術館オルガン講座講師、日本オルガニスト協会会員。 

3月24日(土)
■指揮:飯森範親 Norichika Iimori, conductor
桐朋学園大学指揮科卒業。ベルリンとミュンヘンで研鑽を積み、1994年から東京交響楽団の専属指揮者、モスクワ放送交響楽団特別客演指揮者、ザ・カレッジ・オペラハウス管弦楽団常任指揮者、広島交響楽団正指揮者などを歴任。96年の東京交響楽団ヨーロッパツアーでは「今後、イイモリの名が世界で注目されるであろう」と絶賛された。2003年NHK交響楽団定期演奏会にマーラーの交響曲第1番でデビューを飾る。06年度芸術選奨文部科学大臣新人賞。海外ではフランクフルト放響、ケルン放響、チェコ・フィル、プラハ響などに客演を重ねる。01年よりドイツ・ヴュルテンベルク・フィルの音楽総監督(GMD)に就任し、ベートーヴェンの交響曲全集を録音。日本ツアーも成功に導いた。現在、山形交響楽団音楽監督、東京交響楽団正指揮者、いずみシンフォニエッタ大阪常任指揮者、ヴュルテンベルク・フィルハーモニー管弦楽団首席客演指揮者。2014年シーズンから日本センチュリー交響楽団首席指揮者に就任。
オフィシャル・ホームページ www.iimori-norichika.com

■オーボエ:荒木奏美 Kanami Araki, oboe
1993年生まれ。9歳よりオーボエを始める。第11回国際オーボエコンクール・軽井沢において日本人、アジア勢においても初の第1位(大賀賞)受賞。あわせて聴衆(軽井沢町長)賞を受賞。そのほか、第31回日本管打楽器コンクールオーボエ部門第2位など多数受賞。東京芸術大学音楽学部器楽科3年次在学中にオーディションに合格し、2015年6月より東京交響楽団首席オーボエ奏者を務める。16年同大学を首席で卒業し、同大学院修士課程に進学。東京・春・音楽祭2016にてデビューリサイタルを行う。ボストンで行われるRedeemer Concert Series出演等、国内外でリサイタルを行っている。ソリストとして東京交響楽団、梅田俊明、高関健指揮・藝大フィルハーモニア、鈴木優人指揮九大フィルと協演。NHKリサイタル・ノヴァ出演。

■トロンボーン:鳥塚心輔 Shinsuke Torizuka, trombone
1978年生まれ。13歳よりジャズオーケストラにてトロンボーンを始める。東京芸術大学卒業、同大学院修士課程修了。大学院修了と同時に東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団に入団。2006年に東京交響楽団に首席奏者として移籍。


以上