サントリーグループ企業情報

MENU

サントリートップ > ニュースリリース > LGBTの取り組み指標「PRIDE指標」において最高評価の「ゴールド」を受賞
ニュースリリース
  • 〈ご参考資料〉(2017/10/11)
  • サントリーホールディングス株式会社

LGBTの取り組み指標「PRIDE指標」において最高評価の「ゴールド」を受賞

 サントリーホールディングス(株)は、work with Pride※1が策定する企業・団体等におけるLGBTなどの性的マイノリティに関する取り組みの評価指標「PRIDE指標」※2において最高評価の「ゴールド」を受賞し、10月11日(水)に経団連会館で行われた「work with Pride 2017 セミナー」にて表彰されました。

 サントリーグループは、全ての従業員がイキイキと自分らしく働くことができる企業を目指し、LGBTに関する活動を続けてきました。
 今回の表彰では、社内規定を改定し配偶者の定義に「同性パートナー」を加えた点、LGBTに関する相談窓口を開設した点、LGBT当事者とALLY(アライ・よき理解者)のためのLGBTハンドブックを作成した点等が高く評価されました。

 サントリーグループは、今後も多様な価値観や発想を取り入れ、活かすことにより、より大きな価値を創出するダイバーシティ経営を進めていきます。

※1 LGBTなどの性的マイノリティに関するダイバーシティ・マネジメントの促進と定着を支援する任意団体。日本の企業内で「LGBT」の人々が自分らしく働ける職場づくりを進めるための情報を提供し、各企業が積極的に取り組むきっかけを提供することを目的としています。

※2 1.Policy(行動宣言)2.Representation(当事者コミュニティ)3.Inspiration(啓発活動)4.Development(人事制度・プログラム)5.Engagement/Empowerment(社会貢献・渉外活動)の5つに分類されています。日本初のLGBTに関する評価指標で、2016年に策定されました。

以上

Page top