サントリートップ > ニュースリリース > 「Japan Wine Competition(日本ワインコンクール) 2017」 「登美 赤 2012」が欧州系品種赤部門最高賞と金賞を受賞
ニュースリリース
  • No.12974(2017/8/8)

「Japan Wine Competition(日本ワインコンクール) 2017」
「登美 赤 2012」が欧州系品種赤部門最高賞と金賞を受賞

― サントリーワインインターナショナル(株)の5品が金賞を受賞 ―

 サントリーワインインターナショナル(株)は、「Japan Wine Competition(日本ワインコンクール) 2017」において、「サントリー登美の丘ワイナリー 登美 赤 2012」が欧州系品種赤部門最高賞と金賞をダブル受賞しました。
 また、「サントリージャパンプレミアム 岩垂原メルロ 2013」「同 塩尻マスカット・ベーリーAミズナラ樽熟成 2013」「同 高山村産シャルドネ 2016」「同 津軽産ソーヴィニヨン・ブラン 2016」が金賞を受賞しました。

 今回の受賞は、当社のこれまでのワインづくりに対する取り組みが高く評価されたものと、大変意義深く受け止めています。

●「Japan Wine Competition(日本ワインコンクール)」について
国産原料ぶどうを使用した日本ワインの品質と認知度の向上を図るとともに、それぞれの産地のイメージと日本ワインの個性や地位を高めることを目的に開催されているコンクールです。15回目となる今年は、7月27日(木)~28日(金)に審査会が開催されました。

〈受賞ワインの特長〉
●「サントリー登美の丘ワイナリー 登美 赤 2012」
「登美」は登美の丘ワイナリー(山梨県)のなかでも、徹底した収量制限により育てられた最高品質のぶどうだけを使用。つくり手の技と情熱が結実した、当社“日本ワイン”のフラッグシップブランドです。当商品は、ダークチェリーなど黒系果実の香りと樽香に加え、豊かな果実味と質のよいタンニンをもつボリュームのある味わいが特長です。

●「サントリージャパンプレミアム 岩垂原メルロ 2013」
長野県塩尻市・岩垂原地区産メルロを100%使用し、フレンチオーク樽で熟成しました。黒系果実やコーヒーを思わせる芳醇で複雑な香りに加え、凝縮した果実味と力強いタンニンが特長です。

●「サントリージャパンプレミアム 塩尻マスカット・ベーリーAミズナラ樽熟成 2013」
長野県塩尻産マスカット・ベーリーAを100%使用。ぶどうの豊かな果実味と、マスカット・ベーリーAと相性の良いミズナラ樽由来のココナッツのような香ばしい香りが特長です。

●「サントリージャパンプレミアム 高山村産シャルドネ 2016」
長野県上高井郡高山村産シャルドネを100%使用。柑橘系の爽やかな香りと樽由来のトースト香、フレッシュな果実味と長く続く余韻が特長です。

●「サントリージャパンプレミアム 津軽産ソーヴィニヨン・ブラン 2016」
青森県津軽地区産ソーヴィニヨン・ブランを100%使用。青リンゴを思わせる爽やかな香り、しっかりとした果実味とほどよい酸味が特長です。

― 記 ―

▼コンクール名 「Japan Wine Competition(日本ワインコンクール) 2017」

▼主催    日本ワインコンクール実行委員会

▼審査会及び表彰式
審査会:2017年7月27日(木)~28日(金)
表彰式:2017年9月1日(金)

▼受賞概要

部門賞名商品名
欧州系品種 赤 部門最高賞
・金賞
サントリー登美の丘ワイナリー 登美 赤 2012
金賞 サントリージャパンプレミアム 岩垂原メルロ 2013
国内改良等品種 赤 同 塩尻マスカット・ベーリー ミズナラ樽熟成 2013
欧州系品種 白 同 高山村産シャルドネ 2016
同 津軽産ソーヴィニヨン・ブラン 2016

▼サントリー“日本ワイン”について
 http://suntory.jp/NIHON/

以上