ニュースリリース

このページを印刷

ニュースリリース

No.12413   (2015.7.9)

イギリスの世界的な酒類コンペティション「ISC」にて
「響21年」が
ワールドウイスキー部門最高賞「トロフィー」を3年連続受賞!

イギリスの世界的な酒類コンペティション「ISC」にて「響21年」がワールドウイスキー部門最高賞「トロフィー」を3年連続受賞!

高解像度画像


 ビームサントリー社のウイスキーポートフォリオから「響21年」が、7月8日(水)(現地時間)にイギリス・ロンドンで開催された世界的な酒類コンペティション「第20回インターナショナル・スピリッツ・チャレンジ(ISC:International Spirits Challenge)2015」の授賞式において、ワールドウイスキー部門における最高賞「トロフィー(Trophy)」を受賞しました。今大会では11品が金賞を受賞しており、そのうち「響21年」が特に優れた商品として「トロフィー」を受賞したものです。「響21年」のトロフィー受賞は、本年で3年連続3回目となります。審査員からは、「長年の技術により生み出された熟成感、まさにジャパニーズウイスキーらしさを感じられる作品に感銘を受けた」などの高い評価をいただきました。
 今回の受賞は、当社のモルト原酒およびグレーン原酒の品質の高さと、当社の卓越したブレンド技術の評価をより確固たるものにしたと、意義深く受け止めています。
 さらに、テキーラ部門で「El Tesoro Platinum(エル テソロ プラチナム)」、「 同 Reposado(レポサド)」が「トロフィー」を受賞し、ビームサントリー社は、高品質で多彩な製品を生み出したテキーラメーカー1社に贈られる「テキーラ プロデューサー オブ ザ イヤー」を受賞しました。

●インターナショナル・スピリッツ・チャレンジについて

  スコッチウイスキーの本場であるイギリスで毎年開催される酒類コンペティションです。スコッチ部門、ワールドウイスキー部門、リキュール部門などに分かれており、各部門には「金賞」「銀賞」「銅賞」に加え、金賞受賞製品の中で優れた製品に授与されるカテゴリー最高賞「トロフィー」が設定されています。
ウイスキーの審査については、世界のウイスキー蒸溜所のブレンダーなど10名の審査員が、エントリーされた400品を超える世界のウイスキーをブラインドテイスティングし、賞を決定するという方法をとっており、毎年受賞結果が世界の酒類業界の注目を集めます。

●受賞ブランドの特長
サントリーウイスキー「響21年」

  酒齢21年以上の超長期熟成のモルト原酒と、それにあわせて円熟グレーン原酒を入念に吟味し、丁寧にブレンドしました。極めてフルーティで甘美な花を想わせる熟成香となめらかな口あたりが特長です。21年ものならではの重厚なコシや気品のあるコクと、奥ゆきのある長い余韻をお楽しみいただけます。(700ml 25,000円
※希望小売価格(税別)。なお、価格は販売店様の自主的な価格を拘束するものではありません。

「El Tesoro Platinum」「El Tesoro Reposado」(日本未発売)

  米国で販売しているプレミアムテキーラです。古くからの製法にこだわり、独特のアガベフレーバーが特長です。

― 記 ―

▼コンペティション名
 「第20回インターナショナル・スピリッツ・チャレンジ2015」

▼受賞名、受賞対象

  ワールドウイスキー部門「トロフィー」:サントリーウイスキー「響21年」
テキーラ部門「トロフィー」: 「El Tesoro Platinum」
「El Tesoro Reposado」
「テキーラ プロデューサー オブ ザ イヤー」:ビームサントリー社

▼授賞式概要
 2015年7月8日(水) ※ロンドン現地時間
   イギリス・ロンドンにて

▼サントリーウイスキーについてのホームページ   http://suntory.jp/WHISKY/

▼ビームサントリー社についてのホームページ   http://beamsuntory.com/



以上

ニュースリリーストップページへ

このページを印刷