ニュースリリース

このページを印刷

ニュースリリース

No.12254   (2015.1.13)

「ボウモア10年テンペストV」
数量限定新発売
― 世界中でご好評いただいている
「ボウモア10年テンペスト」シリーズ第5弾を日本でも限定発売 ―

「ボウモア10年テンペストV(ファイブ)」数量限定新発売

高解像度画像


 サントリースピリッツ(株)は、スコットランドのシングルモルトウイスキー「ボウモア10年テンペストV(ファイブ)」を2月24日(火)から全国で数量限定新発売します。

 「ボウモア10年テンペスト」シリーズは、ファーストフィル(一空き樽※1)のバーボン樽で10年以上熟成した原酒を100%使用することを基本コンセプトにしたカスクストレングス(樽出し原酒※2)です。商品名の「テンペスト」とは、嵐、暴風雨を意味する言葉で、アイラ島の特長的な気候風土を表現すると同時に、この商品の力強い味わいを象徴しています。世界では2010年から「ボウモア10年テンペスト」シリーズとして数量限定で発売、日本では2011年と2012年にそれぞれ数量限定で発売し、大変ご好評いただきました。
 今回は、同シリーズ第5弾となる「ボウモア10年テンペストV」を、日本でも1,800本限定で発売するものです。
※1 一空き樽とは、新樽にシェリーやバーボン等のお酒を熟成させ、払い出した直後の樽のこと。
※2 樽出し原酒とは、樽貯蔵時の度数そのままでボトルに詰めたモルト原酒のこと。

●「ボウモア10年テンペストV」について

スコットランド・アイラ島のシングルモルト特有の海風のような爽やかな香りとピート香がありながらも、バランスのとれた飲みやすい味わいが特長です。深みのある美しい金色の液色で、レモンやグレープフルーツを思わせる柑橘系の爽やかな香りの中に樽やピート由来のバニラやココナッツの香味が感じられ、スモーキーな余韻が広がります。

「ボウモア蒸溜所について」

「ボウモア蒸溜所」は、1779年に創設されたアイラ島最古の蒸溜所で、現在でも、フロアモルティング製法や昔から受け継がれた形のポットスチルで蒸溜するなど、伝統の製法を守り続けています。貯蔵庫は波しぶきを浴びる海辺にあり、ウイスキー原酒は潮の香りに包まれて熟成を続けるため、芳しいスモーキーフレーバーが特長で、「ボウモア」は“アイラモルトの女王”とも呼ばれています。

― 記 ―

▼商品名、容量、希望小売価格(税別)、アルコール度数および梱包
 「ボウモア10年テンペストV」
    700ml    6,700円    56%    6本
   ※価格は販売店様の自主的な価格設定を拘束するものではありません。

▼発売期日    2015年2月24日(火)

▼発売地域    全国 (1,800本限定)

▼「ボウモア」ホームページ  http://www.suntory.co.jp/whisky/bowmore/

▽本件に関するお客様からの問い合わせ先
 サントリーお客様センター
   フリーダイヤル 0120−139−310  〒135−8631 東京都港区台場2−3−3
 サントリーホームページ http://www.suntory.co.jp/



以上

ニュースリリーストップページへ

このページを印刷