ニュースリリース

このページを印刷

ニュースリリース

No.11754   (2013.4.18)

サントリー芸術財団
サマーフェスティバル 2013 開催
―  新企画「ザ・プロデューサー・シリーズ」がスタート  ―
1.ザ・プロデューサー・シリーズ 池辺晋一郎がひらく
<演劇とオーケストラが出会うとき>
<ジャズ、エレキ、そして古稀>
<インプロヴィゼーション×ダンス>
<リゲティを消化しよう!―3人のピアニスト>
2.サントリーホール国際作曲委嘱シリーズNo.36
テーマ作曲家<細川俊夫>
3.サントリーホール第23回芥川作曲賞選考演奏会


 サントリー芸術財団(代表理事:堤剛、鳥井信吾)は、9月1日(日)から10日(火)にかけて、「サマーフェスティバル 2013」を、サントリーホールにて開催します。今回より、国内外の最新の音楽を紹介してきた公演企画が新たに<ザ・プロデューサー・シリーズ>としてスタート、年毎に代わるプロデューサーが、現代の名曲の数々や、音楽の枠におさまりきらないステージなど、より多彩でチャレンジングな企画内容を発信します。

 サントリー芸術財団の前身であるサントリー音楽財団(旧:鳥井音楽財団)は、1969年に設立されました。以来、洋楽の分野で優れた業績をあげた個人または団体を顕彰する「サントリー音楽賞」および記念コンサートの開催、チャレンジ精神に満ちた企画のすぐれた公演を顕彰する「佐治敬三賞」をはじめ、20世紀以降の音楽の紹介、「日本人作曲作品の振興」のための諸事業、その他幅広い活動を行ってきました。

1.ザ・プロデューサー・シリーズ 池辺晋一郎がひらく

    新シリーズのスタートを飾るプロデューサーは池辺晋一郎氏です。多彩な活動を展開してきた氏らしい4企画をお楽しみいただきます。<演劇とオーケストラが出会うとき>は、ストッパード原作・プレヴィン作曲による作品の日本初演で、池辺氏の30年来の夢の実現となります。<ジャズ、エレキ、そして古稀>は、出演者・作曲家にとってのチャレンジが求められる企画となっています。<インプロヴィゼーション×ダンス>は、エスニック・ミュージックとダンスを組み合わせた即興による上演で、東日本大震災への思いが込められています。<リゲティを消化しよう!―3人のピアニスト>は、現代の作曲家として氏が最も共感するリゲティの「エチュード」全曲を日本の若手ピアニストが演奏します。

2.サントリーホール国際作曲委嘱シリーズ No.36 テーマ作曲家<細川俊夫>

    サントリーホールが1986年の開館以来、委嘱初演を続けてきたシリーズで、2004年からはサマーフェスティバルの一環として開催しています。今回より本シリーズ監修者に就任する、日本を代表する作曲家細川俊夫氏をテーマ作曲家として、氏の委嘱新作や海外作曲家の作品を、管弦楽と室内楽で紹介します。管弦楽は指揮に準・メルクル、ソプラノにバーバラ・ハンニガン、室内楽は演奏にディオティマ弦楽四重奏団を迎えます。

3.第23回 芥川作曲賞選考演奏会

    「芥川作曲賞」は、戦後のわが国の音楽界の発展に多大の貢献をされた故 芥川也寸志氏の功績を記念して、
1990年に創設されました。前年(1月〜12月)に国内外で初演された日本人新進作曲家による交響管弦楽曲の中から、もっとも清新かつ将来性に富む作品1曲を公開の演奏選考会形式により選定し、贈賞します。賞金は50万円で、受賞者には新しい管弦楽曲の作曲が委嘱されます。今年の選考委員は伊藤弘之、川島素晴、糀場富美子の3氏。譜面・録音による第一次選考を経て、稲森安太己(やすたき)、酒井健治、大胡(だいご)恵(けい)の3氏の作品が候補に選ばれました。候補3作品の演奏前には、第21回受賞者である山内雅弘氏の新作が初演されます。

【参考資料】 芥川作曲賞選考演奏会作曲家プロフィールについてはこちら

― 記 ―

サントリー芸術財団 サマーフェスティバル 2013
(会場 サントリーホール)

◆新企画 ザ・プロデューサー・シリーズ 池辺晋一郎がひらく
9月2日(月)19:00 大ホール
<ジャズ、エレキ、そして古稀>

   ◇曲目
 ロルフ・リーバーマン:ジャズバンドと管弦楽のための協奏曲(1954)
 野平一郎:エレクトリックギターと管弦楽のための協奏曲《炎の弦》(1990/2002)
 池辺晋一郎・小出稚子・権代敦彦・猿谷紀郎・新実徳英・西村朗・野平一郎:新作管弦楽(題未定)(2013)世界初演
◇出演
 指揮=杉山洋一、エレキギター=鈴木大介
 ジャズバンド=角田健一ビッグバンド、管弦楽=東京都交響楽団。

9月6日(金)19:00 ブルーローズ(小ホール)
<インプロヴィゼーション×ダンス>

   ◇演目
 1.アイデンティティを越えて
 2.大自然―畏れと共生、そして美
◇出演
 演奏: ウード=常味裕司、ヴァイオリン=太田惠資、三味線=本條秀五郎、笛=紫竹芳之、パーカッション&ドラムス=クリストファー・ハーディ、ピアノ&キーボード=フレデリック・ヴィエノ、ベース=ジェフ・カリー、ソプラノサックス&フルート&ディジュリドゥ=アンディ・ベヴァン
 ダンス:白井さち子、鈴木美奈子、鈴木陽平、田村裕子、松本大樹
 コーディネーター:上田亨
 照明プランナー:林順之 音響:羽生田徳美

9月8日(日)15:30 ブルーローズ(小ホール)
<リゲティを消化しよう!―3人のピアニスト>

   ◇曲目
 ジェルジ・リゲティ:
   ピアノ・エチュード第1巻(1985)*
   ピアノ・エチュード第2巻(1988−94)**
   ピアノ・エチュード第3巻(1995−2001)***
   カプリッチョ第1番(1947)*
   インヴェンション(1948)**
   カプリッチョ第2番(1947)***
◇出演※1
 ピアノ=菊地裕介(*)、金子三勇士(**)、泊真美子(***)
  ※1 自動ピアノによる「ピアノ・エチュード第2巻14 A」の演奏があります。

9月10日(火)19:00 大ホール
<演劇とオーケストラが出会うとき>

   ◇演目
 『良い子にご褒美』―俳優とオーケストラのための作品(1976)日本初演
 作:トム・ストッパード、音楽:アンドレ・プレヴィン
 上演時間:約1時間(休憩なし)日本語上演
 台本翻訳・演出=村田元史、制作=演劇企画JOKO
◇出演
 指揮=飯森範親
 俳優※2 アレクサンドル=鳥畑洋人、イワーノフ=牛山茂、サーシャ=堀川恭司、医者=北川勝博、教師=服部幸子、大佐=三輪学
  ※2 堀川恭司のみ劇団ひまわり、その他は劇団昴所属
 管弦楽=東京交響楽団

◆サントリーホール国際作曲委嘱シリーズ No.36 テーマ作曲家<細川俊夫>
9月3日(火)19:00 ブルーローズ(小ホール)<室内楽>

   ◇曲目
 細川俊夫: 原像(1980)
書(カリグラフィー)(2007/2009)よりI、II、IV、VI
開花(2007)
沈黙の花(1998)
遠い声(2013) 日本初演
◇出演
 ディオティマ弦楽四重奏団

9月5日(木)19:00 大ホール<管弦楽>

   ◇曲目
 フランチェスコ・フィリデイ:全ての愛の身振り(2009/2011) 改訂版初演
 細川俊夫: 松風のアリア―オペラ『松風』より―(2010/2013) 改訂版初演
新作トランペット協奏曲(2013)世界初演 [サントリーホール委嘱]
 ジェルジ・リゲティ:ミステリーズ・オブ・ザ・マカーブル (1974−77/1992)
◇出演
    指揮= 準・メルクル、ソプラノ・指揮=バーバラ・ハンニガン、トランペット=ジェロエン・ベルヴェルツ、チェロ=多井智紀、管弦楽=東京フィルハーモニー交響楽団

◆第23回芥川作曲賞選考演奏会
9月1日(日) 15:00 大ホール

   ◇山内雅弘(1960−):宙(そら)の記憶 オーケストラのための(2013) 世界初演
     (第21回芥川作曲賞受賞記念サントリー芸術財団委嘱作品)
◇第23回芥川作曲賞候補作品(演奏順未定)
 稲森安太己:リヴァーシ 〜管弦楽のための戦略(2011)
    初演=2012年1月20日 ケルン音楽大学大ホール
    ギュルツェニヒ管弦楽団オーケストラワークショップコンサート
 酒井健治:ヴァイオリンとオーケストラのための協奏曲(2011)
    初演=2012年5月21日 パレ・デ・ボザール(ブリュッセル)
    エリザベート王妃国際音楽コンクールヴァイオリン部門
 大胡恵:親和性によるグラデイション第4番(2012)
    初演=2012年10月26日 東京オペラシティコンサートホール
    日本音楽コンクール
  指揮=大井剛史、ヴァイオリン=成田達輝
  管弦楽=新日本フィルハーモニー交響楽団
◇公開選考会(候補作品3曲演奏後にステージ上で公開選考を行います。)
  司会:片山杜秀
  選考委員:伊藤弘之/川島素晴/糀場富美子
◇贈賞式

●入場料  (5月14日(火)以降チケット発売)

   ◇ザ・プロデューサー・シリーズ 池辺晋一郎がひらく
 <ジャズ、エレキ、そして古稀>(大ホール)
  9月2日(月):S席=4,000円 A席=3,000円 B席=2,000円 学生=1,000円
 <インプロヴィゼーション×ダンス>(ブルーローズ(小ホール)自由席)
  9月6日(金):一般=3,000円 学生=1,000円
 <リゲティを消化しよう!―3人のピアニスト>(ブルーローズ(小ホール)自由席)
  9月8日(日):一般=3,000円 学生=1,000円
 <演劇とオーケストラが出会うとき>(大ホール)
  9月10日(火):S席=5,000円 A席=3,500円 B席=2,500円 C席=1,500円 学生=1,000円
   ◇サントリーホール国際作曲委嘱シリーズ
 室内楽(ブルーローズ(小ホール)自由席)
  9月3日(火):一般=3,000円 学生=1,000円
 管弦楽(大ホール)
  9月5日(木):S席=4,000円 A席=3,000円 B席=2,000円 学生=1,000円
   ◇芥川作曲賞選考演奏会(大ホール)
  9月1日(日):一般=2,000円 学生=1,000円(全席指定)

●3企画、7公演、選考演奏会について

  ◇監修※3 池辺晋一郎
◇監修※4 細川俊夫
◇主催 サントリー芸術財団
◇協賛 サントリーホールディングス株式会社
◇協力※5 (社)日本作曲家協議会、(社)日本音楽著作権協会
◇助成 芸術文化振興基金
◇制作協力 東京コンサーツ

※3 ザ・プロデューサー・シリーズ
※4 サントリーホール国際作曲委嘱シリーズ
※5 芥川作曲賞選考演奏会

◇お問い合わせ・電話予約
  東京コンサーツ 03−3226−9755
http://www.tokyo-concerts.co.jp/
◇チケット取扱い
  サントリーホールチケットセンター 0570−55−0017
http://suntory.jp/HALL/
チケットぴあ 0570−02−9999
http://t.pia.jp/
〔Pコード 196-997〕
東京文化会館チケットサービス 03−5685−0650
http://www.t-bunka.jp/

●サントリー芸術財団ホームページ http://suntory.jp/SFA/
●サントリー芸術財団サマーフェスティバル公式ホームページ http://www.suntorysummer.com/



以上

ニュースリリーストップページへ

このページを印刷