ニュースリリース

このページを印刷

ニュースリリース

No.11293   (2012.1.24)

サントリーシングルモルトウイスキー
「白州シェリーカスク2012」数量限定発売

サントリーシングルモルトウイスキー「白州シェリーカスク2012」数量限定発売

高解像度画像


   サントリー酒類(株)は、シングルモルトウイスキー「白州(はくしゅう)シェリーカスク2012」を2月28日(火)から全国で数量限定新発売します。

   「白州シェリーカスク2012」は、「白州」ブランドの味わいを構成する様々な原酒の中から、シェリー樽原酒のみを厳選したシングルモルトウイスキーです。マイルドで軽快な白州のモルトをシェリー樽で熟成した、なめらかで甘酸っぱいほろ苦さが特長です。冷却ろ過を施していない(ノンチル)いわば“生のまま”のアルコール度数48%のモルト原酒です。

<シングルモルトウイスキー「白州」について>

「白州」は、世界的にも稀な標高約700mの高地に位置した“森の蒸溜所”で育まれたシングルモルトウイスキーです。「山崎」に次ぐ日本を代表するシングルモルトウイスキーとして親しまれ、特に近年ではソーダ割りに手のひらで叩いたミントを添えた「白州 森香るハイボール」という飲用スタイルが、“森の若葉のようなさわやかな味わい”を楽しめると、女性からもご好評いただいています。その結果、2011年の販売数量も対前年111%と伸長しました。また、その品質の高さは世界でも注目を集めており、2011年に開催された世界的な酒類コンペティション「サンフランシスコ・ワールド・スピリッツ・コンペティション」において「白州12年」が最優秀金賞を受賞するなど、数々の海外酒類コンペティションで高い評価を得ています。

<白州蒸溜所について>

「白州蒸溜所」(山梨県北杜市、工場長:前村久)は、日本初の蒸溜所「山崎蒸溜所」に次ぐサントリーのウイスキー生産拠点として、南アルプス甲斐駒ケ岳のふもと、広大な自然に囲まれた場所で1973年に開設しました。水や土地などの自然条件、発酵槽や蒸溜釜など設備の違いから、山崎蒸溜所とは個性の異なるモルト原酒を生み出しています。当社はこうした原酒のつくり分けにより、世界で類をみないほど多彩なウイスキーをつくっています。

―   記   ―

▼商品名、容量、希望小売価格(税別)、アルコール度数および梱包
   サントリーシングルモルトウイスキー「白州シェリーカスク2012」
         700ml            9,000円            48%            12本
   *価格は販売店様の自主的な価格設定を拘束するものではありません。
   *全数化粧箱入りです。

▼販売数量            4,300本限定

▼発売期日            2012年2月28日(火)

▼発売地域            全国

▼白州ホームページ      http://www.suntory.co.jp/whisky/hakushu/

▽本件に関するお客様からの問い合わせ先

サントリーお客様センター
      フリーダイヤル   0120−139−310      〒135−8631   東京都港区台場2−3−3
サントリーホームページ   http://www.suntory.co.jp/



以上

ニュースリリーストップページへ

このページを印刷