ニュースリリース

このページを印刷

ニュースリリース

No.11238   (2011.11.1)

サントリー美術館
「大阪市立東洋陶磁美術館コレクション
悠久の光彩 東洋陶磁の美」展 開催
会期:2012年1月28日(土)〜4月1日(日)

サントリー美術館「大阪市立東洋陶磁美術館コレクション 悠久の光彩 東洋陶磁の美」展 開催 会期:2012年1月28日(土)〜4月1日(日)国宝 飛青磁花生 元時代 13-14世紀
大阪市立東洋陶磁美術館
(住友グループ寄贈/安宅コレクション)
写真撮影:三好 和義

サントリー美術館(東京・六本木/館長   鳥井信吾)は、2012年1月28日(土)〜4月1日(日)まで、朝日新聞社と共催で「大阪市立東洋陶磁美術館コレクション   悠久の光彩   東洋陶磁の美」展を開催します。

大阪市立東洋陶磁美術館は、住友グループ21社から国宝2件、重要文化財12件を含む「安宅コレクション東洋陶磁」寄贈の申し出を受けて、大阪市が中之島公園内に建設を決定したもので、1982年11月に開館しました。以来、中国・韓国の陶磁器を中心に、多くの個人コレクターからの寄贈作品が加わり、現在では収蔵品の質・量ともに国内随一を誇ります。
同館は、2012年に開館30周年を迎えます。開館当時「安宅コレクション」約1,000件の展示と研究を目的に展開してきた同館には、30年間の活動を経て、優れた韓国陶磁のそろう「李秉昌コレクション」(1996〜98年寄贈)などが加わり、収蔵品数は現在約4,000件におよびます。この中には、開館後に寄贈を受けた重要文化財1件も含まれています。

本展覧会では大阪市立東洋陶磁美術館の収蔵品全体から、国宝2件、重要文化財13件のすべてを含む東洋陶磁の名品 約140件を厳選してご紹介します。中国陶磁と韓国陶磁は、日本人になじみの深い海外古陶磁の代表格であり、長きにわたって日本陶磁が大きく影響を受けてきたことは言うまでもありません。日本の古陶磁愛好者は陶磁器の姿に時として人格や精神性をも見出すほど惚れ込んだのでした。誰もが知る名品から久々の公開となる逸品まで、東洋陶磁の美をあらためて発見することができるでしょう。

*   展示構成と主な出品作品
《展示構成》
一、中国陶磁の美

サントリー美術館「大阪市立東洋陶磁美術館コレクション 悠久の光彩 東洋陶磁の美」展 開催 会期:2012年1月28日(土)〜4月1日(日)国宝 油滴天目茶碗 南宋時代 12-13世紀
大阪市立東洋陶磁美術館
(住友グループ寄贈/安宅コレクション)
写真撮影:三好 和義

1−2世紀頃(後漢時代)から17世紀(明時代)の中国陶磁の流れを、その豊かな色の展開をキーワードに、3件の日本陶磁をまじえながらたどります。国宝2件、重要文化財11件をはじめ、合計69件の名品が勢揃いします。

《主な出品作品》
※写真はすべて三好和義氏撮影

重要文化財 三彩壺 奈良時代   8世紀 大阪市立東洋陶磁美術館
   (住友グループ寄贈/安宅コレクション)
重要文化財 白磁刻花蓮花文洗 北宋時代   11世紀 大阪市立東洋陶磁美術館
   (住友グループ寄贈/安宅コレクション)
重要文化財 白磁銹花牡丹唐草文瓶 北宋時代   11−12世紀 大阪市立東洋陶磁美術館
   (住友グループ寄贈/安宅コレクション)
重要文化財 青磁刻花牡丹唐草文瓶 北宋時代   11−12世紀 大阪市立東洋陶磁美術館
   (住友グループ寄贈/安宅コレクション)
重要文化財 緑釉黒花牡丹文瓶 北宋時代   11−12世紀 大阪市立東洋陶磁美術館
   (住友グループ寄贈/安宅コレクション)
重要文化財 木葉天目茶碗 南宋時代   12世紀 大阪市立東洋陶磁美術館
   (住友グループ寄贈/安宅コレクション)
国宝 油滴天目茶碗 南宋時代   12−13世紀 大阪市立東洋陶磁美術館
   (住友グループ寄贈/安宅コレクション)
重要文化財 青磁鳳凰耳花生 南宋時代   12世紀 大阪市立東洋陶磁美術館
   (住友グループ寄贈/安宅コレクション)
国宝 飛青磁花生 元時代   13−14世紀 大阪市立東洋陶磁美術館
   (住友グループ寄贈/安宅コレクション)
重要文化財 青花牡丹唐草文盤 元時代   14世紀 大阪市立東洋陶磁美術館
   (東畑謙三氏寄贈)
重要文化財 青花蓮池魚藻文壺 元時代   14世紀 大阪市立東洋陶磁美術館
   (住友グループ寄贈/安宅コレクション)
重要文化財 青花花鳥文盤 明時代   永楽(1403-1424) 大阪市立東洋陶磁美術館
   (住友グループ寄贈/安宅コレクション)
重要文化財 瑠璃地白花牡丹文盤 明時代   宣徳(1426-1435) 大阪市立東洋陶磁美術館
   (住友グループ寄贈/安宅コレクション)
重要文化財 法花花鳥文壺 明時代   15世紀 大阪市立東洋陶磁美術館
   (住友グループ寄贈/安宅コレクション)
五彩牡丹文盤(「大明萬暦年製」銘) 明時代   万暦(1573-1620) 大阪市立東洋陶磁美術館
   (住友グループ寄贈/安宅コレクション)
色絵菱畳地瓢箪文大皿 江戸時代   17世紀 大阪市立東洋陶磁美術館

二、韓国陶磁の美

サントリー美術館「大阪市立東洋陶磁美術館コレクション 悠久の光彩 東洋陶磁の美」展 開催 会期:2012年1月28日(土)〜4月1日(日)青磁象嵌雲鶴文碗 高麗時代 12世紀
大阪市立東洋陶磁美術館
(李秉昌(イビョンチャン)博士寄贈)
写真撮影:三好 和義

大阪市立東洋陶磁美術館の韓国陶磁コレクションは、質の高さを誇ると同時に、高麗時代から朝鮮時代にかけて次々と出現した陶磁器の多彩な技法・様式をほぼ網羅しており、研究対象としてもきわめて充実していることで知られています。
本章では、同館の韓国陶磁コレクションのうち12世紀(高麗時代)から19世紀(朝鮮時代)に至る作品65件を厳選、2件の日本陶磁を加え、その展開をたどります。

《主な出品作品》
※写真はすべて三好和義氏撮影

重要文化財   青磁象嵌童子海石榴華文水注
  高麗時代   12−13世紀 大阪市立東洋陶磁美術館
   (住友グループ寄贈/安宅コレクション)
青磁象嵌雲鶴文碗 高麗時代   12世紀 大阪市立東洋陶磁美術館(李秉昌博士寄贈)
朝鮮時代   15−16世紀 大阪市立東洋陶磁美術館
   (住友グループ寄贈/安宅コレクション)
鉄砂虎鷺文壺 朝鮮時代   17世紀 大阪市立東洋陶磁美術館
   (住友グループ寄贈/安宅コレクション)
青花草花文面取瓶 朝鮮時代   18世紀 大阪市立東洋陶磁美術館
   (住友グループ寄贈/安宅コレクション)
青花辰砂蓮花文壺 朝鮮時代   18世紀 大阪市立東洋陶磁美術館(安宅英一氏寄贈)

【本展におけるエデュケーション・プログラム】
記念講演会「東洋陶磁の魅力」(仮称)

講師 出川   哲朗氏(大阪市立東洋陶磁美術館   館長)
日時 2012年2月11日(土・祝)14:00〜15:30
会場 サントリー美術館   6階ホール
定員 100名
聴講料 700円
応募締切 2012年1月21日(土)
※別途要入館料
※この他のエデュケーション・プログラムは、随時ホームページにてご案内します。

大阪市立東洋陶磁美術館コレクション
悠久の光彩   東洋陶磁の美

サントリー美術館「大阪市立東洋陶磁美術館コレクション 悠久の光彩 東洋陶磁の美」展 開催 会期:2012年1月28日(土)〜4月1日(日)重要文化財 青磁刻花牡丹唐草文瓶 北宋時代 11-12世紀
大阪市立東洋陶磁美術館
(住友グループ寄贈/安宅コレクション)
写真撮影:三好 和義
会期 2012年1月28日(土)〜4月1日(日)
主催 サントリー美術館、大阪市立東洋陶磁美術館、朝日新聞社
協賛 三井不動産、日本ヒューレット・パッカード、NECディスプレイソリューションズ、エーエス、サントリーホールディングス
会場 サントリー美術館
港区赤坂9−7−4   東京ミッドタウン(総合受付)ガレリア3階
<最寄り駅> 都営地下鉄大江戸線六本木駅出口8より直結
東京メトロ日比谷線六本木駅より地下通路にて直結
東京メトロ千代田線乃木坂駅出口3より徒歩約3分

【基本情報】

サントリー美術館「大阪市立東洋陶磁美術館コレクション 悠久の光彩 東洋陶磁の美」展 開催 会期:2012年1月28日(土)〜4月1日(日)重要文化財 青花蓮池魚藻文壺 元時代 14世紀
大阪市立東洋陶磁美術館蔵
(住友グループ寄贈/安宅コレクション)
写真撮影:三好 和義
開館時間:10時〜18時      ※金・土は20時まで開館
※2月11日(土・祝)、3月19日(月)は20時まで開館
※3月24日(土)は六本木アートナイト2012のため23時まで開館
※いずれも入館は閉館の30分前まで
※shop×cafeは無休
※開館情報は今後の状況により変更する場合があります。ホームページをご覧ください。
休館日:毎週火曜日、3月21日(水)
※3月20日(火・祝)は開館
入館料:一般1,300円、大学・高校生1,000円、中学生以下無料
※3月24日(土)、25日(日)は「六本木アートナイト割引」のため一般および大学・高校生は一律500円
前売:一般1,100円、大学・高校生800円
サントリー美術館、チケットぴあ、ローソンチケット、イープラス、セブンチケットにて取扱
割引:
■HP割:ホームページ限定割引券提示で100円割引
■携帯割:携帯サイトの割引券画面提示で100円割引
■あとろ割:国立新美術館、森美術館の企画展チケット提示で100円割引
※団体は20名様以上、100円割引
※他の割引との併用はできません
※前売券の販売は、2011年12月17日(土)から2012年1月27日(金)まで
※サントリー美術館受付での販売は、2011年12月17日(土)から2012年1月15日(日)まで
点茶席(薄茶と季節のお菓子)
限定50名   1,000円(別途要入館料)   6階茶室「玄鳥庵」にて
日時:2012年2月2日(木)、16日(木)、3月1日(木)、15日(木)、29日(木)
         11:30〜17:30(受付は17:00)まで
         13:00、14:00、15:00には点前がございます。
※定員を超えた時点で終了させていただく場合がございます。何卒ご了承ください。
▼一般お問い合わせ:03−3479−8600
▼ホームページ:   http://suntory.jp/SMA/

▽サントリー美術館   次回展覧会
   サントリー美術館・東京ミッドタウン5周年記念
      毛利家の至宝   大名文化の精粋
               国宝・雪舟筆「山水長巻」特別公開(仮称)
               2012年4月14日(土)〜5月27日(日)

▽プレスからのお問い合わせ:〔学芸〕安河内〔広報〕三浦
   TEL:03−3479−8604   FAX:03−3479−8644
   メールでのお問い合わせ、及び プレス用画像ダウンロードのお申し込み:2011年11月2日(水)から
   http://www.suntory.co.jp/sma/press_info/



以上

ニュースリリーストップページへ

このページを印刷