ニュースリリース

このページを印刷

ニュースリリース

サントリーホールディングス株式会社

<ご参考資料>

2011年4月11日

東日本大震災復興支援に向けた取り組みについて


   サントリーホールディングス(株)は、東日本大震災の被災地の復興支援活動にお役立ていただきたいとの思いから、追加の支援策として、清涼飲料・ビール類(ビール・発泡酒・新ジャンル)の缶製品の売上本数1本につき1円を義捐金として積み立て、合計約40億円を拠出することを決定しました。

   当社は東日本大震災以降、義捐金として3億円を拠出し、また、救援物資として、ミネラルウォーター「サントリー天然水(南アルプス)」550mlペットボトル合計100万本の提供を行っています。しかし、今回の震災被害が過去に例を見ない甚大なものであり、被災地の復興・再生についても長期化が予想されています。
   そうした中、サントリーグループとして出来る支援についてさらに検討を重ね、今回の新たな復興支援を決定したものです。特に、力強い再生を実現していくためには、被災地の復興に加え、産業の再生支援や新たな起業、さらには子どもたちへの教育支援など、未来の希望に貢献できる分野での支援も重要と考えています。
   今後も被災地の皆さまの支援に全力で取り組んでまいります。
※2010年販売実績に基づく当社試算。



以上

ニュースリリーストップページへ

このページを印刷