お知らせ

2006年10月11日

サントリー株式会社

「2006 サントリー ザ・カクテル アワード カクテル コンペティション」
今年度最高峰のオリジナル・カクテル
「カクテル アワード 2006」決定!

作品名:「Dramatic Aroma(ドラマティック アロマ)」
受賞者:飯塚貴也さん(32歳)
[ホテルパシフィック東京 スカイラウンジ ブルーパシフィック]

「2006 サントリー ザ・カクテル アワード カクテル コンペティション」今年度最高峰のオリジナル・カクテル「カクテル アワード 2006」決定!作品名:「Dramatic Aroma(ドラマティック アロマ)」受賞者:飯塚貴也さん(32歳)[ホテルパシフィック東京 スカイラウンジ ブルーパシフィック]

サントリー(株)は、10月11日(水)に、グランドハイアット東京(東京都港区)で、「2006 サントリー ザ・カクテル アワード」の最終選考会を開催しました。

応募総数約1,000作品の中から事前審査と同選考会の結果、最も優れた作品に贈る「カクテル アワード2006」は東京都港区の「ホテルパシフィック東京 スカイラウンジ ブルーパシフィック」に勤務する飯塚貴也さん(32歳、群馬県太田市出身)に決定いたしました。

「カクテル アワード 2006」受賞作となったカクテル「Dramatic Aroma(ドラマティック アロマ)」は、イタリアンクリームリキュール「タレア アマレットクリーム」、マンゴーリキュール「マンゴヤン」などをシェークし、冷たいエスプレッソコーヒーを浮かべたもの。試飲した司会の中井美穂さんも「コーヒーとオレンジの香りのコンビネーションが素敵。大人の女性にぴったりのカクテルですね。」と飲んだ感想を語ってくれました。

飯塚さんは、「素直に『うれしい』の一言です。今までになく緊張しました。今後は(同時に出場していた)後輩との架け橋となってがんばりたいです。」と受賞の喜びを語りました。(賞品:ヨーロッパリキュールの旅ペアでご招待、副賞50万円)

今年で13回目を迎えた「ザ・カクテル アワード」は、ゲスト審査員に佐藤江梨子さん(タレント)、前田クイン洋子さん(オレンジページ企画編集長)、司会に中井美穂さん(フリーアナウンサー)を迎え、終始華やかな中で行われました。表彰式で佐藤さんは、「1日に20杯ものカクテルを飲むのは人生初めての経験でしたが、どれもきれいで、おいしくて、とっても素敵な体験でした。」と語り、「家では『カルーア』と温めた豆乳で作った“ホットカルーア豆乳”なんかをつくって楽しんでいます。」と、自らの“おうちカクテル”生活の一端を披露してくれました。(佐藤さんはサントリーの「おうちカクテル」のキャンペーンキャラクターです。)

「2006 サントリー ザ・カクテル アワード カクテル コンペティション」今年度最高峰のオリジナル・カクテル「カクテル アワード 2006」決定!作品名:「Dramatic Aroma(ドラマティック アロマ)」受賞者:飯塚貴也さん(32歳)[ホテルパシフィック東京 スカイラウンジ ブルーパシフィック] 「2006 サントリー ザ・カクテル アワード カクテル コンペティション」今年度最高峰のオリジナル・カクテル「カクテル アワード 2006」決定!作品名:「Dramatic Aroma(ドラマティック アロマ)」受賞者:飯塚貴也さん(32歳)[ホテルパシフィック東京 スカイラウンジ ブルーパシフィック]

▼カクテル アワード 2006 「Dramatic Aroma(ドラマティック アロマ)」レシピ
 タレア アマレットクリーム ………………30ml
 マンゴヤン……………………………………20ml
 牛乳……………………………………………10ml
 エスプレッソコーヒー(アイス)……………適量
 グラン マルニエ コルドンルージュ………1スプレー

 1.エスプレッソコーヒー、グランマルニエ コルドンルージュ以外をシェークして、クラッシュド・アイスを入れたロング・グラスに注ぐ。
 2.エスプレッソコーヒーをフロートし、グラン マルニエ コルドンルージュをスプレーする。
 3.ドライ・オレンジとミント・リーフを飾り、ストローを添える。

▼「カクテル アワード 2006」受賞者プロフィール
 氏名:飯塚貴也(いいづか・たかや)
 年齢:32歳
 出身地:群馬県太田市
 勤務先:ホテルパシフィック東京 スカイラウンジ ブルーパシフィック(東京都港区)

▼「ザ・カクテル アワード カクテル コンペティション」受賞作品

  作品名 受賞者名 勤務先
カクテル アワード 2006 (ロングカクテル部門 最優秀賞) Dramatic Aroma
(ドラマティック アロマ)
イイヅカ タカヤ
飯塚 貴也
ホテルパシフィック東京 スカイラウンジ ブルーパシフィック (東京都港区)
ショートカクテル部門 最優秀賞 SOLARE(ソラーレ) 
〜陽だまり〜
ヤマモト チエミ
山本 智恵美
BAR PREMIER (バー・プルミエ) (大阪市北区)
ショートカクテル部門 優秀賞 Sylphide
(シルフィード)
カネコ アユム
金子 歩
Bar Leigh 北新地 (大阪市北区)
ロングカクテル部門 優秀賞 Bon nuit(ボン ニュイ)
〜オヤスミナサイ〜
キタジマ ヤスヒコ
北島 康彦
Je ne sais pas.(ジュ ヌ セ パ) (福岡市中央区)

*敬称略

上記以外の16作品は入選。

▼「サントリー ザ・カクテル アワード」とは

「カクテル」を貴重な洋酒文化としてとらえ、将来にわたって育むことを目的に開催。プロバーテンダーの方を対象にカクテルの創作性と技を競っていただき、その年の最高峰のカクテルとして「カクテル アワード」を決定するものです。

最終選考会では、第1次、第2次の書類審査および試作審査を経て選ばれた20作品(「ショートカクテル部門」10作品、「ロングカクテル部門」10作品)を最終選考会会場で、出場者に実際に創っていただき、「ネーミング」「味」「見栄え」「独創性」「将来性」「マナー」「ホスピタリティ」の7つを審査基準に審査。また事前に実施した、一般投票結果を一部加点し、両部門の最優秀賞、優秀賞を1作品ずつ選出。さらに最優秀賞の2作品の中から「カクテル アワード 2006」を選出しました。



以上

サントリートップページ