トマトの育て方

土づくり

日当たりが良く、できるだけナス科を連作していない場所を選びましょう。

植えつけ2〜3週間前

堆肥2kg/m2、苦土石灰100g/m2を混ぜ、よく耕して土づくりをしておきます。

画像

植えつけ1週間前

配合肥料[8 - 8 - 8]など100g/m2を混ぜ込み、幅約60cm、高さ20cmほどの畝を作り、マルチフィルムを張って下さい。

マルチフィルムを張ることで、雑草や泥ハネを防ぎ、病気にかかりにくくなります。

画像

植えつけ

定植は最低温度が15度を上回るようになってから、寒さがぶり返す4月上旬は気温に注意しましょう。苗は花蕾(第一花房)が見えてから定植します。花芽が見えてから植えることで、定植後の確実な着果とバランスのとれた生長がしやすくなります。支柱は苗から5pほど離して立てます。

畑の場合、株間50cm以上とします。

植えつけ直後は細めの仮支柱を立てます。植えつけ直後は細めの仮支柱を、完全に活着するころには 2mほどの太くて丈夫な本支柱を立てます。

画像

コンテナ・プランターの場合

土の容量が15L以上の大きめの鉢を目安に選び、1株植えとします。日当たりのよい場所に置きましょう。
(トマトの大玉タイプ、「欧州グルメシリーズ」はできるだけ畑での栽培をおすすめします)

「本気野菜の土」など、野菜用培養土を選びます。入れる量はウォータースペースを残し、8〜9分目程度にしておきます。

画像

わき芽かき

1本仕立てをおすすめします。花が咲き始める頃から「わき芽」が目立ってきます。主枝に充分な栄養がいくよう、わき芽を摘み取り、主枝1本仕立てを行います。トマトのわき芽の生長は早いので、毎週忘れずにチェックしましょう。

わき芽かき

画像:before

画像

画像:after

これがわき芽。

 

あまり大きくならないうちに手で摘み取ります。

摘果(大玉タイプのみ)

大玉タイプの場合、ひとつひとつの実を大きくするために、1花房あたり4〜5果程度に残して摘果します。開花後、実が膨らみ始めたころ、花房先端の小さな実を摘み取りましょう。ミニタイプ、ミディタイプは摘果の必要はありません。

摘果(大玉タイプのみ)

画像:before

画像

画像:after

順調に肥大しはじめた実を残します。

 

 

追肥

生育期間が長いので適宜追肥をします。

1回目の追肥

開花後、果実がふくらみはじめたら。

その後の追肥

3段目、5段目の実がふくらむころを目安に。やりすぎは厳禁。葉が大きくなりすぎる、軸が太すぎる場合などは回数や量を減らしましょう

画像

畝の両側に1株あたり、配合肥料50g程度すき込みます。

収穫

開花後45〜50日くらいで実が熟してきます。真っ赤に熟したものから順次収穫を。

画像:before

ズッカはやや青みの残る完熟手前でも、酸味が少なくおいしいです。

画像:before

ピュアスイートミニイエローは果皮がやわらかいので、早めに収穫を。

収穫

画像:before

画像

画像:after

手でもぎ取る場合、果梗の離層部に指を当てると、簡単にもぎ取れます(取りにくい場合は、ハサミを使用してください)。
果梗は他の実を傷つけないようにできるだけ短く切りましょう

摘芯

最後まで安定して収穫ができるように、主枝が支柱の高さに達したころを目安に、最上部の花房の上2枚の葉を残して主枝を摘みます。

摘芯

画像:before

画像

画像:after