ガーデンスイカの育て方

土づくり

水はけのよい土を特に好みます。

土作りとして、堆肥2kg/m2を入れ、よく耕しておきましょう。
土壌適応性は高いですが、酸性土壌を嫌うため、植え付け2週間前に苦土石灰100g/m2を混ぜておきます。 山型の「鞍つき畝」を作るとき、底部に元肥を混ぜ込んでおきます。

元肥は窒素分を控えめ、燐酸分を多めが理想ですが、化成肥料 [ 8 - 8 - 8 ] 20〜30g/畝でもかまいません。

画像

植えつけ

日当たりと風とおしの良い環境を好みます。

できるだけ畑での栽培をおすすめしますが、25L以上の大型のプランターでも栽培は可能です。畑の場合、前作でウリ科の野菜を栽培していない場所を選び、十分に暖かくなってから定植します(関東地方で5月上旬頃)。

植え付けは、直径50cm程度の円形の山型に土を盛った「鞍つき畝」に植えます。1m2あたり1本、複数定植する場合は、株間1m間隔で植えましょう。

画像

摘芯

親づるは本葉5〜6枚に育ったら、親づるの先端を摘芯します。

摘芯作業が難しい場合は放置していても構いません。より早く確実な着果を促すためには、親づる5節で摘芯し、分枝する太い子づるを3〜4本選んで残し、他は切り取ります。

子づるから分枝して伸びる「孫づる」は切らずにそのまま伸ばしておきましょう。

画像

摘芯後

追肥

つるが伸びにくく、草姿はコンパクトですが、草勢は強めです。初期は肥料(特に窒素分)を控えめにします。

実がつく前は追肥は基本的に不要です。果実が肥大し、テニスボールサイズになったら追肥します。鞍つき畝の外周あたりに適宜(化成肥料 [ 8 - 8 - 8 ] 50g程度等)施します。

本品種はコンパクトな草姿ですが、草勢は強いため、窒素分の与えすぎに注意します。また、葉色が悪い場合には適宜追肥を行ってください。

収穫

しまこだまの場合

授粉した日から、35〜37日頃を目安に収穫します。授粉日は必ず記録しておきましょう。
(5月上旬定植、6月中旬交配の場合) 穫り遅れないように注意します。(やや早めの収穫を心がけます。)

くろこだまの場合

授粉した日から、43〜45日頃を目安に収穫します。授粉日は必ず記録しておきましょう。
(5月上旬定植、6月中旬交配の場合)

画像

画像

画像

一坪でできます!

水やり

畑の場合、よほどしおれない限り、あまり水やりはいりません。
極端にしおれる時は、適宜水やりを行います。

人工授粉と肥大後の管理

子づるに咲いた2〜4番目の雌花を選び、前日もしくは当日に咲いた新鮮な花粉を蓄えた雄花を使って授粉します。
授粉作業は朝9時ごろまでに行いましょう。授粉した日を必ず記録して、収穫期の推測に備えておきます。
授粉し、肥大させる果実は1株に1〜3個、子づる1本あたり1個までとし、それ以外の果実は摘果します。
肥大してきたら、果実が汚れないよう敷きワラを敷きます。

画像

人工授粉

画像

右:雌花、左:雄花

画像

敷き藁をしきましょう

関連コンテンツ

野菜の育て方

画像

野菜づくりの基本をご紹介します。
基礎をおさえて、家庭菜園にチャレンジしてみましょう。

家庭菜園Q&A

画像

実が大きくならない、これって病気…?
家庭菜園に関する様々なお悩みを解決します!

家庭菜園用語辞典

画像

専門用語が多く、難しい野菜栽培の用語をわかりやすく解説します。