ハレナビ

サントリーと見つけよう!「ハレの日」を楽しむアイデアサイト

ハレナビって何?

子どもの日に柏餅を食べる由来と、端午の節句の料理やレシピ

子どもの日に柏餅を食べる由来と、端午の節句の料理やレシピ

こどもの日である5月5日は端午の節句ともいい、もとは男の子の健康を祝う日。こいのぼりをあげ、兜を飾り、柏餅を食べるのが習わしです。今回は、端午の節句に柏餅を食べる風習の由来をご紹介します。

端午の節句と柏餅

柏の葉であんの入った餅をくるんだ柏餅は日本独自のお菓子で、江戸時代に生まれたといわれています。あんは小豆あんが主流ですが、味噌あんが使われることも。中身の違いは、柏の葉の巻き方で判別しましょう。小豆あんは柏の葉の表が外側に、味噌あんは裏が外側に巻かれています。

柏の葉にある特有の香りには抗菌・防腐効果があるとされ、古くから食器の代わりとして使用されてきました。暑くなる前のこの時期、柏餅はお餅で体力を強化でき、さらに保存も安心な食べ物なのです。

神聖な木に子孫繁栄を願う

柏は昔から神聖な木とされ、神が宿ると考えられてきました。さらには、新しく芽が出て大きく育つまで古い葉が落ちないことから、柏餅にこの葉を使用することで"代々、後継ぎが絶えず家が栄える"という子孫繁栄の願いを込めています。

ちまきを食べることも

餅やもち米を笹の葉などでくるんで蒸した"ちまき"も、端午の節句のお祝いの料理として好まれています。この由来は、中国の偉大な政治家であり詩人の屈原(くつげん)の命日にあります。失脚し、川に身を投げたのが5月5日といわれており、彼の霊を慰めるために、毎年、多くの人がこの日にちまきを川に投げ込んだそうです。

ちまきを食べることも

こどもの日の料理は、旬の食材でお祝いしましょう!

端午の節句には、5月の旬の素材を使った料理がおすすめです。おめでたい日に食べたい鯛、すくすく成長するたけのこ、そして"勝男"にかけた鰹(かつお)。王道のかつおのたたきも、少しアレンジをして、いつもと違う味わいで楽しんでもいいですね。

こどもの日におすすめレシピ

たけのこと鯛のご飯

「たけのこと鯛のご飯」

たけのこは、生をゆでた方が香りや歯応えともよいので、できれば生を買うことをおすすめします。
鯛は一度焼いてあるので生臭さもなく、香ばしく炊きあがります。

詳しくはこちら

かつおの一石二鳥サラダ

「かつおの一石二鳥サラダ」

野菜は氷水にさらしてシャキッとさせて、水気をよく切っておくのがポイント。 水気が残っているとマスタードソースが水っぽくなるので注意を!

詳しくはこちら

どうして5月5日がこどもの日になったの?

こどもの日が祝日となったのは1948年です。そもそも"端午"とは、"月の端(はじめ)の午(うま)の日"という意味。なので、本来端午の日は毎月あるわけですが、午は十二支で表すと5番目になることから、5月の最初の午の日を節句として祝うようになったのです。

古くから中国では、5月5日は病気や災厄をはらう節句の日。「5日」となったのは、端午(たんご)が数字の5と同じ発音だからといわれています。

どうして5月5日がこどもの日になったの?

画像提供:Thinkstock Getty Images
p.himapa / PIXTA(ピクスタ)
監修:暮らしスタイリスト 河野真希

初夏にぴったり♪シュワッと爽やか、炭酸ドリンク

オランジーナ & レモンジーナ

「オランジーナ & ハニーレモンジーナ 」

フランスの国民的飲料「オランジーナ」♪太陽の恵みをたっぷり浴びたオレンジがシュワッとはじけます。「ハニーレモンジーナ」はフランスの週末、ガーデンパーティで飲まれているシトロネードというレモンのドリンクをイメージ。ジューシーな果実感が初夏の気分にぴったりです。

サントリー 南アルプスの天然水 スパークリングレモン

「サントリー 南アルプスの天然水 スパークリングレモン」

南アルプスのナチュラルミネラルウォーターに炭酸を加えた無糖炭酸水に、100%有機栽培のレモン果汁をプラス。きめ細かな泡のほどよい刺激と、レモンならではのフレッシュさがおいしい♪

関連リンク

このページの先頭へ戻る

Latest

新着記事