ハレナビ

サントリーと見つけよう!「ハレの日」を楽しむアイデアサイト

ハレナビって何?

なぜ、こいのぼりをあげるの?こどもの日の由来と豆知識

なぜ、こいのぼりをあげるの?こどもの日の由来と豆知識

5月5日は国民の祝日、こどもの日。その名のとおり"子どものための日"なのですが、そこにどんな意味や由来があるかご存知ですか? 現代のライフスタイルに合わせた、こどもの日の楽しみ方も併せて紹介します。

こどもの日は端午の節句。その由来は?

5月5日はもともと「端午の節句」といって、男の子の成長と健康を願う日でしたが、1948年に「こどもの日」に定められてからは、男女問わず子どもの幸せを願う日として親しまれるようになりました。

そもそも端午の節句とは、中国から伝わった厄はらいの行事。日本では厄をはらうために、菖蒲(ショウブ)をつるしていたそうです。菖蒲を用いるようになったのは、その葉先がとがっていて剣のように見えることや、"勝負"または"尚武"(武道を重んじる)と読みが同じだったからなど諸説ありますが、いずれにせよ、男の子が誕生したら飾り付けをして成長を祝う風習はここから生まれました。

こどもの日は端午の節句。その由来は?

なぜ、こいのぼりをあげるの?

こどもの日には欠かせない「こいのぼり」。その由来はどこにあるのでしょうか? もともと日本では、将軍に男の子が生まれると、旗やのぼりを立てて祝っていました。これが武家の間に広がり、男の子が生まれると、のぼりを立ててみんなに知らせるようになりました。それに対して町民たちは、立身出世のシンボルであった「鯉」を描いたのぼりをあげたことから、現在のようなこいのぼりあげる習慣が生まれたのだそうです。

なぜ、こいのぼりをあげるの?

こいのぼりを親子で手作り!

「こどもの日を祝いたいけれど、こいのぼりを飾るスペースがない...」という方は、お子さんと一緒にミニサイズを手作りするのはいかがですか? こいのぼりは形がシンプルなので簡単。見栄えもよいので、工作にはもってこいです。

紙で作るミニこいのぼり

ポイント1
厚紙や牛乳パックを長方形に切って、1辺に三角の切り込みを入れて尾びれを作ります。
ポイント2
うろこの模様は、シールやスタンプをペタペタと貼ったり、塗ったり!
ポイント3
吹き流しには、光沢のある折り紙を2cm幅に切って、テープで束ねると簡単です。
ポイント4
吹き流しとこいのぼりの口に糸を通し、割り箸にくくり付ければ、完成。

棒の部分を一輪挿しに挿してリビングや玄関先に飾ると、インテリアにも♪
棒の部分を一輪挿しに挿してリビングや玄関先に飾ると、インテリアにも♪

画像提供:ネギ / PIXTA(ピクスタ)
Thinkstock Getty Images
mits / PIXTA(ピクスタ)
監修:暮らしスタイリスト 河野真希

子どもの日の主役、子どもが喜ぶサントリーのドリンク

なっちゃん

「なっちゃん」

保存料・着色料・甘味料不使用で、子どもにも安心の、みんな大好き「なっちゃん」。こどもの日の食卓を彩ります。

関連リンク

このページの先頭へ戻る

Latest

新着記事