ハレナビ

サントリーと見つけよう!「ハレの日」を楽しむアイデアサイト

ハレナビって何?

お盆のしきたり・基本 ~ご先祖さまを正しく供養するために~

お盆は先祖の霊や亡くなった近親者の霊を、生前過ごした家に迎えて供養する行事で、正式には盂蘭盆会(うらぼんえ)といいます。もともとはインドや中国を経由して、飛鳥時代に日本に伝わった仏教の行事が、日本古来の行事や祭りと組み合わさって、現在の形になりました。
お盆の期間は東京などの都市部では7月13日から16日までですが、8月13日から16日のあいだなど、別の時期に行う地域もあります。 普段は忙しくても、お盆にはぜひ家族で集まって、先祖に日頃のお礼の気持ちを伝えたり、故人の思い出を語り合ったりしてはいかがでしょうか。

お盆のスタート「迎え盆」のしきたりとは

お盆の初日は「迎え盆」や「お盆の入り」といわれ夕方に先祖の魂や道に迷わず家に来られるように、目印として迎え火をたき、先祖の霊を家に迎えます。迎え火は、麻の茎を乾燥させえた麻幹(おがら)や稲わらを、たいまつのように立てて土器にのせて燃やしたもの。これを家の人が外から内に入るようにまたぐことで、先祖の霊を迎え入れたことになります。また迎え火はつけずに、家の入り口にちょうちんを下げる場合もあります。
迎え火や家につるすちょうちんの火種は、迎え盆の夕方にお墓参りに行き、そこでつけた灯をちょうちんのろうそくに移していただいてくるのが一般的です。このためお盆の時期にはきれいなちょうちんを下げた人が行き交う、独特の光景がみられます。

お墓や家をきれいにし、盆飾りの準備をしよう

お盆を迎える前に、さまざまな飾りやお供えを準備します。また近所にお墓がある場合は、あらかじめお参りをして、きれいに掃除をしておきましょう。家もきれいに片づけておけば、先祖もきっと喜んでくれるはず!
用意するものは地域や宗派によっても異なります。

きゅうりやなすでつくる精霊馬(しょうりょううま)

きゅうりやなすを使って、割り箸や、つまようじで足をつけて作る、馬や牛の飾りです。きゅうりの馬は迎え盆に「足の速い馬に乗って、早くあの世から帰って来られるように」、なすの牛は送り盆に「足の遅い牛に乗って、ゆっくりあの世に戻って行けるように、この世からたくさんの供物を積んで楽に帰れるように」という願いがこめられています。

蓮やほおずきなどのお供え花

お盆にご先祖にお供えする花には特に決まりはありませんが、この時期には生花店ではすやほおずきの入ったお供え花が売られます。はすの花は「花びらを船にして先祖の霊が帰って来る」、ほおずきは「先祖の道を照らすちょうちんになる」という願いがこめられています。このほか、故人の好きだった花などを選んでもいいでしょう。

だんごなどのお供え物

お供えの食べ物は日替わりで用意します。13日の迎え盆にはあんこつきの「お迎えだんご」、14日はおはぎ、15日はそうめん、16日は「送りだんご」という白いだんごが一般的。ただし現在ではお盆の期間中、同じものをお供えするケースもあるようです。

精進料理をつくってみよう

お盆に仏前に精進料理を供えたり、食べたりする習慣もあります。精進料理とは、殺傷をしてはならないという仏教のしきたりに習って、野菜を中心に作られた料理のこと。調理法は五味(甘い、辛い、すっぱい、苦い、塩辛い)、五色(赤、白、緑、黄、黒)、五法(生、煮る、焼く、揚げる、蒸らす)と決まっています。料理サイトなどでも手軽に作れるレシピを見つけることができるので、チャレンジしてみては。

画像提供:遥花 / PIXTA(ピクスタ)
きくちやすし / PIXTA(ピクスタ)
coco / PIXTA(ピクスタ)
gato / PIXTA(ピクスタ)
監修:マナー研究家 住友淑恵

迎え盆におすすめ!サントリーのお酒

ザ・プレミアム・モルツ

「ザ・プレミアム・モルツ」

"深いコク""華やかな香り""クリーミーな泡"が特長のプレミアムビールは、親戚みんなが集まる日にぴったり。

GREEN DA・KA・RA やさしい麦茶

日常生活でなじみのある7種類の素材(大麦、玄米、はと麦、大豆、白米、黒ごま、海藻)と純水だけで仕上げたお茶。カフェインゼロで、まろやかでやさしい味わいなので、小さな子どもにも安心です!

はちみつレモン

グレープフルーツ・レモン・甘夏・文旦・ゆず・アロエ・海藻・はちみつなど14種類の天然素材と純水だけでできています。素材由来のミネラルやアミノ酸、クエン酸などを含んだ体にやさしい水分補給飲料は、蒸し暑い日の親戚訪問やお墓参りの際の水分補給にぴったり。

関連リンク

このページの先頭へ戻る

Latest

新着記事