お気に入りを見つけよう!日本の鳥百科

鳥を探してみよう!

特徴で探そう!

フリーワードで探そう!

※「日本の鳥百科」のページを
 検索します。
※ワードの間にスペースを入れて
 AND検索ができます。

気になる鳥を見てみよう!

最近チェックした鳥

オオハム

潜水上手
大きな水かきを使って魚を追う

全長72cm。冬羽では、体の頭から背は黒味の強い褐色で、首の前側や腹は白色。夏羽では頭は灰色になり、翼には白黒の細かい模様がでます。泳いでいる姿では、脇の白色が水面より上に出ますし、脇の後方では白色が明瞭に出ています。日本には冬鳥として渡来し、全国の海上、沿岸に生息しています。時々淡水湖にはいることもあります。「ウルォー」と聞かれる大きな声で鳴きます。
瀬戸内海には「鳥持網代」(とりもちあじろ)という漁法がありました。主に仲間のシロエリオオハムが群で小魚を捕らえる様子を利用したもので、上部から鳥が小魚を狙って潜ると、小魚は下へ逃げますが、下では小魚を狙ってタイが上がってきます。このタイを小魚を餌に釣る漁法。昭和までは細々と続いていましたが、海上を通る船が多くなり、鳥の群が小さくなって漁はできなくなっています。

全長 72cm
渡り区分 冬鳥

「渡り区分」の種類

環境
鳴き声

上田秀雄

※音を消したい場合は、もう一度クリック
してください。

※当サイトの内容、テキスト、画像、音源等の無断転載・無断使用を禁止します。

このページの先頭へ