日本の鳥百科

前の鳥
次の鳥

画像:ウグイス

ウグイス

ウグイス鳴き声

全長15.5cm(雄)。細身で雄雌同色ですが、雌は2cmほども小さいのが普通です。日本では全国の平地から山地の林やその周辺にある藪で繁殖します。秋冬には山地のものは平地へ下ってきます。その頃は「チャッ チャッ」という声を出しています。
ホーホケキョ。この鳴き声ゆえに、知らぬ人はいない、日本人にいちばん親しまれている鳥といえるでしょう。いつもヤブの中にかくれていて姿を見せないことが多いのですが、声ははっきりきこえます。ホーは吸う息、ホケキョは吐く息、胸をいっぱいふくらませてさえずります。
ホーホケキョと鳴くのは早春ということになっていますが、山登りをする人なら、ホーホケキョは春先から盛夏まで聞くことができます。早春、人里で上手にホーホケキョと鳴く練習をしていたウグイスは、春の深まりとともに山へ帰って、巣造りをするのです。
うぐいす色といわれて私たちが思いうかべるのは「うぐいす餅」などの色彩ですが、実際のウグイスの羽色は緑よりも暗緑茶色です。メジロという鳥は、大きさもウグイスに近く、体も緑色ですから、しばしばウグイスと誤認されています。メジロは花の蜜を好み、梅や椿の花の咲くころ姿を見せるので、ウグイスが来たと思うようですが、実際は梅にメジロ、の方が多いのです。

(C)(P)上田秀雄

※音を消したいときは、もう一度クリックしてください。

前の鳥
次の鳥
他の鳥も見てみよう!
愛鳥リーフレットのご案内
「日本の鳥百科」がスマートフォン対応しました。 「日本の鳥百科」スマートフォンサイト

このページの先頭へ戻る