日本の鳥百科

前の鳥
次の鳥

画像:キクイタダキ

キクイタダキ

キクイタダキ鳴き声

全長10cm。日本で見られる鳥の中ではいちばん小さく、体重5グラムほど。全体はうすい緑色をしていて、頭のてっぺんが鮮かな黄色で、菊の花びらが貼りついているようなので、この名があります。たえずせかせかと飛びまわり、目を離せません。日本では冬鳥として渡来している他、北海道や本州の高山帯の針葉樹で繁殖します。平地では冬鳥で、林の中でも針葉樹で餌を探しています。
巣は、針葉樹の枝先にコケ類、クモの糸などを使って造り、空中から出入りします。
ヨーロッパの小国ルクセンブルグの国鳥で、美しく鳴く鳥が少ない北欧やイギリスでは特に愛されています。ひろくヨーロッパで鳥の王といわれているのは、小さくても「黄金の王冠」をかぶり、凛とした姿が連想を呼ぶのでしょう。

(C)(P)上田秀雄

※音を消したいときは、もう一度クリックしてください。

前の鳥
次の鳥
他の鳥も見てみよう!
愛鳥リーフレットのご案内
「日本の鳥百科」がスマートフォン対応しました。 「日本の鳥百科」スマートフォンサイト

このページの先頭へ戻る