東日本大震災復興支援活動 SUNTORY 東北サンさんプロジェクト since 2011

各県に漁業復興のための寄付金贈呈

県を通じて漁業の早期復興を支援するため、宮城県に30億円、岩手県に25億円の寄付金を贈呈

漁船取得支援

漁業者の負担を軽減するため、宮城県・岩手県を通じて、漁船の取得費用の一部を負担し、遠洋マグロ用・イカ釣り用などの大型漁船から小型漁船まで約1万隻の復旧を支援

漁船取得支援数 約10,000隻

漁具・漁業関連施設復旧支援

宮城県・岩手県への漁業復興のための寄付金は、定置網・養殖施設などの復旧にも活用

漁具支援数 約1,100件。定置網支援数 約400件

水産高校奨学金

水産高校7校の被災した生徒を対象に2012年から5年間、返還義務のない奨学金を支給

奨学金受給生数 約2,900名

「石巻市子どもセンター」「山田町ふれあいセンター」建設

宮城県石巻市と岩手県山田町で、子どもたちが企画・デザインした施設の建設を全額支援。建設後はサントリーグループ各社によるワークショップなどを開催

年間利用者数(石巻市子どもセンター) 約31,000名

TOMODACHI サントリー音楽奨学金

米国大使館・米日カウンシルージャパンと共同で、米国の音楽大学に入学する被災地の学生を支援

寄付額 約100万ドル

福島子ども支援NPO助成

避難生活が長期化している福島の子どもたちをきめ細かく支援しているNPO団体への助成を3年間実施

助成団体数 57団体

福島の子ども 学び遊べる場所づくり支援

特に厳しい環境に置かれている福島の子どもたちが安心して学び遊べるように、学童保育施設建設やサントリーグループ各社によるワークショップ開催、指導員研修、園外保育などの支援を展開

屋外保育など屋外活動参加者数 約8,800名。学童保育施設建設数 5棟

チャレンジド・スポーツ支援

2014年からチャレンジド・スポーツ(障がい者スポーツ)支援を、7年にわたり10億円の規模で実施

※「チャレンジド」は、「障がいを前向きにとらえ困難に立ち向かっていく者」という思いが込められた米語

チャレンジド・アスリート奨励金

個人・団体への助成を通じ、チャレンジド・スポーツの振興や世界レベルの選手の育成・強化を支援

個人部門 99名。団体部門 40団体

チャレンジド・スポーツ体験教室

アスリートが被災地の学校を訪れて車椅子バスケットボールの出張授業を行う「アスリート・ビジット」など、チャレンジド・スポーツ競技の体験教室を年間10回以上開催

年間参加者数 約2,000名

チャレンジド・スポーツ育成サポート

チャレンジド・スポーツの普及および育成のため、公共施設の改修や競技用車椅子などの競技用具を寄贈

競技用車椅子 35台、STT用卓球台 5台、施設改修 3ヵ所 他

車椅子バスケットボールチームを応援

東北の4つのチーム「宮城MAX」「TEAM EARTH」「ラッセル岩手」「SCRATCH」の活動を応援

ウィーン・フィル&サントリー音楽復興基金

ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団とともに、音楽活動への助成や被災地でのコンサートを展開

「こどもたちのためのコンサート」来場者数 約6,300名。復興祈念賞受賞活動数 63団体

スポーツ教室開催

サントリースポーツチームによるバレーボール教室やラグビー教室、「サントリー ドリームマッチ」チャリティ金を活用したキャッチボール教室を毎年開催

参加者数 約5,200名

サントリー&日本工芸会「おもしろびじゅつ教室in東北」

重要無形文化財保持者(人間国宝)をはじめとした伝統工芸作家による出張授業を実施

参加者数 約1,200名

サントリー美術館出張展覧会

仙台市と郡山市でサントリー美術館の所蔵品を展示した日本美術の展覧会を開催

来場者数 約32,000名

文化・スポーツイベントに被災地の方を招待

「サントリー1万人の第九」などの文化イベントや「サントリードリームマッチ」・ラグビー国際試合などにご招待

招待者数(スポーツ) 約21,400名
招待者数(文化)約 9,400名

2016年10月時点

ページの先頭へ