事業紹介

研究開発

高品質で魅力的な商品を生み出す原動力
左 : 中味をつくり上げるために繰り返される試作と官能評価
中央 : ビール・新ジャンルを試作する設備
右 : 効能のある素材を探索する試験

研究開発こそメーカーの命。これは、創業時からのサントリーグループの原点ともいえる考え方です。サントリーグループでは、酒類製造から始まるさまざまな商品開発の過程で、微生物や酵素の利用技術、蒸溜技術を深化させてきました。さらに、食品加工、分析などの技術やノウハウを積み重ね、新しい健康素材の探索・健康効能の研究、新たな花卉品種の開発、水科学など様々な研究開発を行ってきました。今後さらに、グループの持続的な成長に向け、「美味しさ」・「健康」・「水・花・環境」をテーマに新価値創造につながる研究開発を推進していきます。

美味しさへのチャレンジ

飲料では「サントリーウーロン茶」、缶コーヒー「BOSS」、「伊右衛門」、特定保健用食品「黒烏龍茶」、「伊右衛門 特茶」、酒類ではウイスキー「山崎」「響」、ビール「ザ・プレミアム・モルツ」、ノンアルコールビールテイスト飲料「オールフリー」、チューハイ「-196℃」、「ほろよい」、リキュール「澄みわたる梅酒」など、飲料・酒類カテゴリーで市場をリードする数多くの商品を開発しています。

「伊右衛門」「黒烏龍茶」「ザ・プレミアム・モルツ」「オールフリー」「角ハイボール缶」「-196℃」「ほろよい」
健康へのチャレンジ

「健康科学研究所」において、抗酸化や免疫制御など健康に関するさまざまな研究を進め、セサミン、アラキドン酸などの素材からなる健康食品を開発してきました。
最近では、サントリーが発見した乳酸菌S-PT84株を用いた健康食品「ラクテクト」など、創造的商品を誕生させています。

セサミンのヒトでの有効性確認試験
青いバラへのチャレンジ
左 : 「セサミンEX」、「ラクテクト」
中央 : 世界で初めて開発に成功した青いバラ「アプローズ」
右 : 持続可能な地下水利用の研究

不可能の代名詞といわれた青いバラの開発にバイオテクノロジーを用いて世界で初めて成功、2009年から商品名「SUNTORY blue rose APPLAUSE(アプローズ)」としてお客さまのお手元にお届けしています。これは開発を始めた1990年以来、20年間にわたる夢へのチャレンジの成果です。

水・環境へのチャレンジ
左 : 商品開発センター
右 : サントリー ワールド リサーチセンター

「水と生きる SUNTORY」をコーポレートメッセージに掲げる企業として、「水科学研究所」を有しています。「水科学研究所」ではすべての商品に共通する大切な原料素材である「水」について基盤の研究をすすめています。水のサステナビリティ実現を目指して、水の循環や水質形成といった基盤研究をはじめ、森林保全による水源保護、水の嗜好形成や価値の研究などを主要な研究テーマとして活動に注力するとともに、情報センターとしても「水」に関する最新の情報を発信しています。

2015年春には、基盤研究・技術開発のさらなる強化を目指して、「けいはんな学園都市」に新たな研究開発拠点を竣工します。新拠点では、サントリーウエルネス(株)健康科学センター、サントリービジネスエキスパート(株)安全性科学センター、サントリーグローバルイノベーションセンター(株)、公益財団法人サントリー生命科学財団生物有機科学研究所が、「美味しさ」・「健康」・「水・花・環境」といった領域で世界最先端の研究に取り組んでいきます。また、サントリーグループの商品開発の取り組みとしては、2004年に「商品開発センター」(神奈川県川崎市)を竣工し、商品開発機能を首都圏に集約するとともに、マーケティング部門との連携を強化し、スピーディな商品開発を行っています。

このように、多岐にわたる研究開発活動に基づいた成果をもとに、多様な分野でさらに高品質で夢のある商品をお届けできるようこれからもチャレンジを続けていきます。

関連リンク