事業紹介

サントリービール

味と香りを追求した「世界最高峰のビール」を目指して

「世界最高峰のピルスナービールをつくりたい。」 という醸造家の熱い想いから生まれた「ザ・プレミアム・モルツ」。
ビールの本場チェコ・ドイツのピルスナービールを理想として長期にわたり研究を重ね、素材や製法に徹底的にこだわりぬきました。
このビール醸造家たちのゆるぎない情熱が、深いコクと華やかな香り、クリーミーな泡の「ザ・プレミアム・モルツ」を生みだしたのです。
2012年には、新たにダイヤモンド麦芽を加え、一層の「深いコクと華やかな香り」を実現し、「ザ・プレミアム・モルツ」は新しく生まれ変わりました。
2016年はそのダイヤモンド麦芽の使用量を増やすことで、いっそう深いコクをお愉しみいただける中味を実現しました。
2016年も引き続き、この「ザ・プレミアム・モルツ」の「進化した※1 、最高級のコクと香り。※2 」を更に多くのお客様に体感していただけるよう努力していきます。また、海外でも「ザ・プレミアム・モルツ」をお愉しみいただけるよう、韓国・台湾など東アジア・東南アジアを中心に、日本からの輸出も行っています。
私たちは、この「ザ・プレミアム・モルツ」をはじめ、全ての商品に対し、これからも理想を追い求め続け、商品づくりに取り組んでいきます。

※1 ダイヤモンド麦芽増量による
※2 当社缶ビールにおける原麦汁エキス濃度およびホップ使用量比較において(限定販売を除く)

天然水仕込へのこだわり
左 : サントリーのすべての国産ビール類・ビールテイスト飲料は、地下深くからくみ上げた天然水100%で仕込んでいます。
右 : サントリービール工場所在地

サントリーのビール・発泡酒・新ジャンル・ビールテイスト飲料の国産全商品は、地下深くからくみ上げた天然水100%で仕込んでいます。
原材料の約9割を占める水には、ビールづくりを始めた当初(1963年)から徹底的にこだわり、私たちが目指す商品づくりに適しているミネラルやイオン等の量やバランスを持った天然水を選び、その水が採取できる土地を選んで工場を建設。長い時間をかけて地層で濾過された清浄で品質が安定している、深井戸の天然水を使用しています。

2011年からは、サントリービール類・ビールテイスト飲料商品の水へのこだわりを表現する「天然水のビール工場から」のビール事業ロゴを、ビール類国産全商品に配し、お客様のもとへお届けしています。

水へのこだわりを表現する「天然水のビール工場から」のビール事業ロゴ
お客様に新しい価値を提供しつづける商品づくり

1986年に麦芽100%の生ビール「モルツ」を発売、さらに1994年には、「ホップス<生>」を発売し、発泡酒という新しい市場を創造。続いて、原料にコーンを採用した「ジョッキ生」、麦の旨みを追求した「金麦」、糖質オフの「金麦<糖質75%オフ※1>」を発売するなど、新ジャンルにおいても新しい価値の提案を継続して行っています。2015年には、スーパープレミアムクラスの「~ザ・プレミアム・モルツ~ マスターズドリーム」と、‘UMAMI’のビール「ザ・モルツ」を発売。2016年3月には、“エールビール”の新提案として「ザ・プレミアム・モルツ〈香るエール〉」を発売しました。これからも常にお客様に新しい楽しみ、おいしさをお届けし続けていきます。
また、需要が高まるノンアルコールビールテイスト飲料においても、お客様への新しい価値の提案に積極的に取り組んでいます。2010年8月には世界初※4、アルコールゼロ・カロリーゼロ・糖質ゼロという「3つのゼロ」※5を実現した「オールフリー」を発売、5年連続売上NO.1※6と大変ご好評をいただいています。
お客様に新しい価値をお届けするため、これからも不断の研究開発を続けていきます。

お客さまに新しい価値をご提案するために、研究開発活動を進めています

※1 当社「金麦」比による。
※2 100mlあたりプリン体0.00mg
※3 栄養表示基準に基づき、100mlあたり0.5g未満を「糖質0(ゼロ)」としています。
※4 ビールテイスト飲料カテゴリーにおける。当社調べ。
※5 栄養表示基準による。
※6 インテージSRI調べ ノンアルコールビールテイスト飲料ブランド 累計販売金額
2011年1月~12月(全国SM/CVS/酒DS計) 2012年1月~2015年12月(全国SM/CVS/酒DS/一般・業務用酒店計)

関連リンク