1. トップページ > 
  2. アルコールの代謝の体質が簡単にわかるパッチテスト

自己診断のページアルコールの代謝の体質が簡単にわかるパッチテスト

ステップ1
パッチテープ(薬剤のついていないガーゼ付きのバンソウコウ)に、市販の消毒用アルコールを2〜3滴しみ込ませます。
ステップ2
1を上腕の内側に貼ります。
ステップ3
7分後にはがし、はがした直後(5秒以内)に、ガーゼがあたっていた部分の肌の色を見ます。
ステップ4
はがしてから、さらに10分後に、もう一度肌の色を見ます。

判定は

チェック1
肌が、はがした直後に赤くなっている
→ ALDH2不活性型
(お酒を飲めない体質です)
チェック2
はがした直後は赤くなっていなかったが、10分後には赤くなっている
→ ALDH2低活性型
(お酒に弱い体質です)
チェック3
肌の色に変化がない
→ ALDH2活性型(お酒に強い体質です。逆に言うなら、飲みすぎが問題になるのも、この体質の人。飲みすぎには注意してください)

考案者 独立行政法人国立病院機構久里浜アルコール症センター 樋口進